【仮想通貨XJP】日本円と連動するXJPコインって実際どうなの??

▼おすすめの取引所ランキング

この記事では仮想通貨XJPの特徴・将来性を徹底的に解説していきます。

XJPは円と価格が連動している仮想通貨で、米ドルでいうTetherと似た役割を果たします。

そんなXJPの詳細について、公式サイトやホワイトペーパーを参照しながら開発段階や将来性にも注目して詳しくみていきましょう!

<本記事の要約>
  • XJPは日本円と価値が連動
  • XJPは送金や価値保存に便利
  • 開発段階が不透明

XJPの概要

XJPは、ブロックチェーンの利点と従来の通貨の安定性の両方を備えた仮想通貨です。

ANGOプロジェクトが提供している仮想通貨で、XJPの価格はANGOプロジェクトチームが自動でコントロールします。

公式サイト:https://xjp.io/

ホワイトペーパー:https://xjp.io/xjp_whitepaper.pdf

XJPの特徴

公式サイトやホワイトペーパを参照し、記載されていたXJPの特徴を紹介します。

  • 価格が日本円に連動
  • イーサリアムプラットフォーム上で構築
  • ボラティリティがない
  • 日本円よりも国際送金に適している

では、それぞれ解説していきます。

価格が日本円に連動

XJPはJPYをブロックチェーン上でトークン化し、1XJP=1円となるように価格を調節します。

XJPの分配分の金額はキャッシュフロー的にカバーできると公式サイトで発表しています。

イーサリアムプラットフォーム上で構築

XJPはイーサリアムプラットフォーム上で構築され、イーサリアムのテクノロジーをベースに作成されています。

ボラティリティがない

XJPの単価は日本円と連動しているので、ビットコインや他のアルトコインのように大きな価格変動がありません。

そのため、デジタル資産としての価値保存に適していると言えます。

投資観点で見ると、有事の避難所という用途も可能です。

法定通貨よりも国際送金に適している

法定通貨の国際送金は不正な送金が行われていないかのチェックを厳重に行うため、多くのコストがかかります。

そのため手数料が高くついてしまいます。

XJPはブロックチェーンによる送金が可能なので、国際送金にかかるコストは少なくなります。

XJPを買える取引所

現段階でXJPのパートナー取引所として掲載されているのはGatecoinのみです。

今後XJPの有用性が認められれば、他の取引所もXJPを採用すると思われます。

開発状況と将来性

XJPの開発状況と将来性を解説していきます。

開発状況

現段階ではロードマップも示されておらず、情報源は公式サイトとホワイトペーパーしか存在しないので、あまりはっきりしていません。

ツイッターアカウントやサイトで現状を更新している様子もないので若干透明性にかけています。

将来性

おそらくXJPは仮想通貨における価値保存と送金という用途がメインとなる見通しですが、課題はTether同様、XJPに対応するだけの日本円を開発チームが担保できるかという点です。

今後どのように開発が進められるのか、本当に開発が行われるのかに注意しておく必要があります。

まとめ

この記事ではXJPについて解説してきました。

現状では情報不足というのが正直なところです。

ただ、実際にこのプロジェクトが実現すれば有用性は見込めるので、今後の動きにも注目していきましょう。


アルトコイン コイン一覧 仮想通貨