airdrop(エアドロップ)とは?無料で仮想通貨がもらえる仕組み徹底解説

▼おすすめの取引所ランキング

皆さん仮想通貨でのairdropというものはご存知ですか?

仮想通貨を始めて時間の経ったかたは少し興味が出て来たのではないでしょうか?

しかしスキャム(詐欺)であったり不明な点が多いので、気になっても参加できていない方も多いかもしれません。

本記事ではairdropについて解説し紹介していきたいと思います。

<本記事の要約>
忙しい人向け!airdropについて!

airdropは新規通貨を広めて流動性を高めるためのもの

詐欺の場合もあるため十分に注意が必要

airdropはリスクもあるが挑戦してみる価値はある

airdropとは?

airdropと聞くとapple製品のデーター共有サービスを想像する方もいるかもしれませんが、今回は仮想通貨のairdropについて紹介します。

仮想通貨でのairdropとは、

仮想通貨開発者が自分たちのトークン(仮想通貨)を無料配布し、一般ユーザーに認知度をあげて取引してもらうこと

運営側としては認知度を上げることが目的なので、airdropは無料で参加できます

ルールとしては、我々が仮想通貨の運営元の条件を満たすことで自動的に仮想通貨が振り込まれます。

airdropの参加方法

それではairdropにどのように参加するのか?

その参加方法には大きく分けて下記の2種類があると言えますので、それについてご紹介します。

  • ウォレット内に特定の仮想通貨を入れておくと配布される
  • 自分で何らかのアクションを起こし仮想通貨を受け取る

ウォレット内に特定の仮想通貨を入れておくと配布される

これはairdrop実施側の指定の要件を満たすと、特定のウォレット内に自動的に仮想通貨が振り込まれるタイプのairdropです。

そのため必要なことは特定の仮想通貨(トークン)をウォレットの中に入れておくだけ

このタイプのairdropは数が少ないのでしっかりスケジュールを抑えておくことが大切になります。

今までに行われたairdropの中から、いくつか例を述べます。

Byteball

Byteballはブロックチェーン技術を用いずにDAGという技術を用いた画期的な仮想通貨となります。

Byteballではairdropで定期的に新規発行通貨が無償配布されます

具体的には、専用ウォレットに保有しているGBYTEBTCの量の数%が毎月満月の日に自動分配される仕組みです

ByteballはICOを実施しておらず、その代わりに新規参入者にインセンティブを与えてユーザーを増やそうとしているようです。

その際に貰える通貨はByteball(GBYTE)の他にBlackbytesというものもあります。

airdropの具体的な貰い方は公式サイト( https://byteball.org/ )にてウォレットをダウンロードし、Byteball (GBYTE)やビットコイン(BTC)を入金して保管しているだけです。

詳しくはこちら

本記事では仮想通貨Byteballについてご紹介します。 特徴、過去チャート、将来性、購入できる取引所までをまとめていきます。 忙し

BCH(ビットコインキャッシュ)

ビットコインからのハードフォークが実施され一躍有名となったビットコインキャッシュは、誕生当時ビットコイン保有者に対してairdropというかたちで配布されました。

このようにハードフォークするコインは分裂元のコインを保有していると新しい銘柄がairdropされることもありますので、ハードフォークのスケジュールなどは事前にチェックしておくのが良いかもしれません。

詳しくはこちら

本記事では仮想通貨ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)についてご紹介します。 ビットコインとの関係や、ビットコインキャッシュが生まれた

自分で何らかのアクションを起こし仮想通貨を受け取る

現在このタイプはairdropの中で大多数を占めるようになっています。

一般的には

  • SNSで投稿をシェアする
  • Airdrop用イーサリアムウォレットの作成

このようなアクションでairdropで仮想通貨を受け取ることができます。

SNSで投稿をシェアするだけで仮想通貨を受け取ることができるのは、そもそも仮想通貨を保有していない方にもハードルが低くて良いのではないでしょうか。

ちなみに著者はairdrop一攫千金族になりたいと考えております(笑)

airdropしたトークンの価格が今後さらに上昇する可能性もありますので、ぜひ情報に注目してみてくださいね。

なぜタダで仮想通貨を配布するの?

先ほどairdropは「条件を満たせば仮想通貨が自動的に貰える仕組みである」と述べましたが、ではなぜ仮想通貨が無料で配布されるのでしょうか。

仮想通貨はチャートをみていただければわかる通り、多額のお金が1日で動きます。取引されているということはもちろん仮想通貨自体に値段がついているのです。

しかし考えてみてください、企業が何か商品を発売したとします。ただ物を作っただけでは売れませんので、宣伝が必要になります。

テレビCMなどは宣伝になりますが、テレビCMだと多額のコストがかかります。

そのため実際に仮想通貨を配布することによって宣伝の意味をこめている、さらにはその仮想通貨を利用してもらうことで取引量を増やしたいという思いがあるのです。

そのためairdrop後から大量の広告メールが送信されてくるような仮想通貨もあります。

詐欺があるって聞くけど本当?

結論から先に述べると詐欺は大いにあります

しかしairdrop自体は大きな可能性を秘めているのできちんとリスクマネジメントをしてairdropに臨みましょう。

詐欺の被害としては

  • 自分の仮想通貨が盗まれてしまった
  • ハッキングされてしまい個人情報が流出してしまった。

以上がairdrop詐欺の主な形となります。

これはどちらも自分で気をつければ防ぐことのできる事故ですので個人情報の取り扱いには最新の注意を払いましょう。

さらに、airdrop詐欺の注意しなければならない点を述べます。

  • アカウント作成時のユーザー名、パスワードは絶対に使いまわさない
  • ウォレットの秘密鍵の入力を求められても絶対に入力しない。

特にウォレットの秘密鍵の入力を求められた場合は100%の確率で詐欺airdropで自分の仮想通貨を失うことになるので気をつけるようにしてください。

他にも条件を達成しているにもかかわらず仮想通貨を受け取ることのできないairdropもあったりします。airdropは世界中で実施されているので上手くもらえなくても他のairdropを探して参加した方が圧倒的にコストパフォーマンスが良いと思います。

実際にairdropに参加してみよう!

これだけ説明しましたがairdropは特定の条件を満たすだけで仮想通貨をもらうことができます。さらに仮想通貨の価格が高騰したら多くの利益を元手なしで生み出すことができます。

先ほど紹介したBTH(ビットコインキャッシュ)等もハードフォーク時は無料でユーザーに配布されました。非常に夢があると言えます。

こちらはairdropの情報をチェックする際に必要であると考えられるサイトをピックアップしておいたのぜひチェックしてみてください

https://airdropalert.com/

こちらは現在進行中のairdropを中心に書いてあるサイトになります。

twitterにもリアルタイムの情報が発信されているのでぜひ確認してみましょう!

まとめ

  • airdropは可能性に満ち溢れている
  • 詐欺には注意して仮想通貨を手に入れないといけない
  • 比較的簡単に仮想通貨を手に入れることができる

用語解説