ビットコインキャッシュ の将来性|BCHの今後を技術・実現性・投資的観点からまとめ

▼おすすめの取引所ランキング

本記事では仮想通貨ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)の将来性についてまとめます。

技術面・実用性・投資的観点から見ていきますのでぜひ参考にしてみてください。

<本記事の要約>

忙しい人向け!ビットコインキャッシュ の将来性

  • ビットコインよりも送金速度・手数料において優れている
  • 現在ビットコインキャッシュ にとってポジティブなニュースが多い
  • ビットコインとどちらが主流になるか長期的に見ていく必要あり

おさらい:ビットコインキャッシュ とは

ビットコインキャッシュは2017年8月1日にビットコインからハードフォーク(分裂)を経て誕生した仮想通貨です。

この分裂の背景にはビットコインを巡る論争がありました。

仮想通貨の元祖であるビットコインは2009年に運用が開始され、このビットコインを倣って仮想通貨が続々と誕生していきました。

しかしそんな仮想通貨第一号ビットコインは、誕生から9年経ち利用者や規模が拡大してきたことで、お金としての様々な欠点が浮上してきたのです。

ビットコインキャッシュはそんなビットコインの欠点を補うためにハードフォークした仮想通貨です。

次項からはビットコインキャッシュはビットコインに代わりうるのか?も含めてビットコインキャッシュの将来性についてまとめていきます。

▼ビットコインキャッシュ とは

本記事では仮想通貨ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)についてご紹介します。 ビットコインとの関係や、ビットコインキャッシュが生まれた

1:技術面から見たビットコインキャッシュ 

ブロックサイズの引き上げ

ビットコインキャッシュ は前述のようにビットコインの欠点を補うために誕生しました。

ビットコインキャッシュ の誕生のきっかけになったのがブロックサイズ問題と言われるビットコインの抱える課題です。

近年取引量が爆発的に増えたビットコインですが、ビットコインブロックチェーンにおいて一つのブロックに書き込める容量が1MBと限られていたため、その取引量に対応しきれずビットコインは送金詰まりを起こしていました

これにより送金速度が遅くなる手数料が高くなるなどユーザーが利用しづらい環境が生まれていました。

そのブロックサイズ問題の解決策として

  • ブロックに書き込むデータの量を圧縮する
  • ブロックの容量を大きくする

以上の二点が提案されていました。

ビットコインキャッシュ は後者の「ブロックの容量を大きくする」というアップデートを実装したコインです。

具体的にはビットコインのブロックのサイズを1MBから8MBまで引き上げるソフトウェアアップデートを実行しています。

これにより送金の高速化や送金手数料を安く抑えることが可能になっています。

▼ブロックサイズ問題

「ビットコインでよく「ブロックサイズ問題」という言葉を聞くけど、一体なんなのかわからない…」 そんな風に思ったことはありませんか? 本記事で

2:実用性から見たビットコインキャッシュ 

送金の高速化

前項の内容とも被りますが、ビットコインよりも送金が速いのがビットコインキャッシュ の大きなメリットです。

その取引の速さを面白く可視化したサイトがあります。

引用:http://txhighway.com/

TX highway

こちらはビットコイン(下)ビットコインキャッシュ(上)の取引を高速道路に見立てたものですが、比較するとその違いがはっきり判ります。

このサイトでは、

  • 車の大きさは送金金額
  • 車の速さは平均送金速度
  • 道の広さはブロックサイズ

を表しており、実際のビットコインキャッシュとビットコインのトランザクションの処理状態をリアルタイムに視覚的に把握することが出来ます。

ビットコインキャッシュは道が広く(ブロックサイズが大きく)て渋滞せずに車が走っている反面、ビットコインは道が狭く(ブロックサイズが小さく)車が渋滞していることがわかります。

基本的にはビットコインとビットコインキャッシュはブロックの承認間隔が同じ10分であるため送金速度は変わりがないはずですが、現在はビットコインのトランザクションが詰まっているため、平均するとビットコインの方が送金速度が遅い状態になっています。

トランザクション詰まりが解消されれば同じ速度になるはずですが、現状ではビットコインキャッシュの方が圧倒的に速度が早いことが分かります。

送金手数料の安さ

ビットコインキャッシュの送金手数料はビットコインの送金手数料に比べて圧倒的に低くなっています

手数料は変動しやすいのでこちらを参考にしてください。

引用:https://fork.lol/tx/fee

fork.Io

Transaction feesの項が送金手数料です。

1キロバイト単位の手数料なので感覚的には分かりにくいですが、

トランザクション単位で平均してみると、現在ビットコインでは、平均して1トランザクションあたり27ドル、ビットコインキャッシュでは平均して0.1ドルの手数料が必要なようです。

比較すると大きな違いがあるのがわかります。今後ビットコインよりビットコインキャッシュ が選ばれる理由には充分なり得るでしょう。

3:投資的観点から見たビットコインキャッシュ 

https://www.newscrypto.jp/chart

ビットコインキャッシュ は2017年7月にハードフォークしましたが、2017年12月にはわずか半年でビットコインに次いで相場価格2位の仮想通貨となりました。

その暴騰からもわかるように、ビットコインキャッシュ にはビットコインの後継になるという大きな期待がかかっています。

特に2017年末の相場の変動が激しい時には、ビットコインとビットコインキャッシュ は一方が上がれば一方が下がるなど正反対に動く傾向もあり、今後どちらが主流になるかで議論が分かれています。

また、2017年末〜2018年にはこのようなビットコインキャッシュ にとってポジティブなニュースがありました。

  • ビットコインキャッシュ基軸通貨とする取引所ができる
  • ビットコインキャッシュ 対応のデビットカード登場
  • Bitcoin.comCEOロジャー氏がビットコインキャッシュ を評価する発言

Bitcoin.comCEOを務めるロジャー・バー氏は仮想通貨界で大きな影響力をもつ人物で、彼は「ビットコインキャッシュこそ本当のビットコイン」などとビットコインキャッシュ を評価する発言をしています。

しかし現在は、どちらのコインも投機目的で保有されており、どちらかのコインでこの状況をブレークスルーするプロダクトが登場するまでは抗争の結論は出ないのではないかと感じます。

2018年も引き続きビットコインvsビットコインキャッシュ の論争は続きそうですが、長期的に判断していくべきだと言えます。

参照:https://jp.cointelegraph.com/news/roger-ver-declares-bitcoin-cash-to-be-true-bitcoin-market-forces-bring-more-attention

▼チャートはこちらでご覧いただけます

ビットコイン (BTC) イーサリアム (ETH) リップル (XRP) ビットコイン・キャッシュ (BCH)

まとめ

ビットコインキャッシュの将来性を議論するには、因縁(?)であるビットコインとどちらがより優れているかを議論しなければいけません

ビットコインの欠点を補うために誕生したビットコインキャッシュですが、結局ビットコインのが優れているとされた場合その存在意義はなくなってしまうためです。

それでは比較した時のポイントをまとめてみましょう。

  • ブロックサイズ引き上げによる送金の高速化
  • 手数料の削減

このような利点と成長率の高さで、ビットコイン と比較した時にビットコインキャッシュ を支持する層は増えています。

送金に関する使いづらさを考慮するとビットコインキャッシュ に勝敗が上がりますので、ビットコインキャッシュ は社会利用に適した将来性のある仮想通貨だとここでは結論づけておきます。

しかしまだまだ長期的に判断するべきですので、今後の動向に注目しましょう。

ビットコインキャッシュを購入するなら国内大手の ビットフライヤー がおすすめです。

ビットフライヤー公式へ

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


ビットコインキャッシュ