仮想通貨Iconomi(イコノミ/ICN)とは?特徴と過去チャート、将来性をまとめ

▼おすすめの取引所ランキング

世界には様々な金融商品があり、これらを投資対象として駆使して、収益をあげるのはいささか難易度が高いです。

現在は様々な金融商品を取り扱う投資信託を利用することが出来ますが、仮想通貨に関してはビットコインやアルトコインの誕生から歴史が浅いこともあり、分散投資に関しては、専門家による特別な分析が必要でした。

<本記事の要約>

忙しい人に向け!Iconomiとは?

  • 複数のデジタル資産を組み合わせたポートフォリオを組成し、分散投資することが可能
  • スマートコントラクトを活用した自動契約プロトコルにより、効率よく分散投資することが可能

Iconomiとは

名称Iconomi(イコノミ)
単位ICN
公開日2016年8月25日
発行上限枚数100,000,000 ICN
ブロック生成速度15秒
アルゴリズムProof of Work
取り扱い取引所・Binance

・Poloniex(ポロニエックス) など

Iconomiは、2016年に公開された仮想通貨で、イーサリアム型スマートコントラクトプロジェクトのひとつで、分散型アプリケーションを動かすプラットフォームです。

デジタル資産の運用と管理に特化した独自のプラットフォームであり、仮想通貨として単位ICNが使用されます。

Iconomiは、第4世代の仮想通貨プロジェクトだと言われています。

Bitcoin(第1世代)、アルトコイン郡(第2世代)、アプリケーショントークン(第3世代)を越えて、Digital Assets Arraysはデジタル資産の特性を組み合わせて投資を促進します。

Iconomiの特徴

Digital Assets Arraysはデジタル資産群のことで、映像や音楽などデジタルデータで構成される資産のことで仮想通貨も含みます。

デジタル資産の運用管理

Iconomiは、デジタル資産の運用と管理をしやすくなるために設計されているので、ビットコインやアルトコインだけでなく、トークンやDDAといった後発のデジタル資産を総合的に管理することが可能です。

Iconomiのデジタル資産管理プラットフォームは、Digital Assets Arraysマネージャーと投資家が出会う場所です。

DAAマネージャーは、成功したデジタル資産管理戦略を試し、コミュニティと共有します。投資家は様々なDAAを選択肢、最も有望な人にデジタル資産を投資します。優れた業績は、DAAマネージャーの評判を高め、新しい投資家をひきつけます。新しい投資家は、実績ある専門知識と成果を利用することができます。

ICNトークン保有者は、Iconomiの所有者とみなされます。Iconomiに関する投票が可能で、毎週の配当を受ける権利があります。

自動で動くスマートプロトコル

イーサリアムでは、ブロックチェーン上に記録されるスマートコントラクトに契約された自動プロトコルで動く分散型アプリケーションにより、一度運用が開始されれば、24時間365日、自動で動き続けます。

そのため、第三者による仲介を必要としない点も魅力的です。

予めポートフォリオで組まれたファンドへの投資-BLXとCCP

Iconomiプロジェクトチームは、時価総額が高い主要な仮想通貨を集めたBlockchain Index(BLX)や将来性が期待される新興仮想通貨を集めたPinta(CCP)など20種類のDDAを発表しています。

BLXとCCPを購入すれば、取引所で直接購入する必要なく、間接的に分散投資が可能になり、スマートプロトコルより自動で運用が実行されます。

ファンドマネージャーとして投資信託の資産運用 -Iconomiオープン基金

Iconnomiでは、オープン基金管理プラットフォーム(OFM)の機能を用いることで、誰でも自分独自のファンドを立ち上げ、投資信託のような資産運用を実行することが出来ます。

例を挙げると、コイントレードファンド(CTF)は、Iconomiプロジェクトチームが組成・組み立てしたポートフォリオで、ビットコイン、イーサリアム、リップルなど時価総額の高い仮想通貨から構成されたファンドです。つまり、上記のBLXです。

コインマネージドファンド(CMF)は、専門家が選出した将来の時価総額が期待できる仮想通貨です。つまり、CCPです。

配当のような報酬と運営の手数料

Iconomiが資産管理や運用で得た報酬の一部は、保有額に応じてICNの保有者に対して支払われます。

Iconomiの過去のチャート推移・時価総額

出典:https://raku2life.com/vcurrency-iconomi/

取引の開始は2016年9月30日で、$0.2で、2017年5月あたりまでは緩やかな価格上昇がありました。

プラットフォームの利用制限が解除され、利用者がふえたことにより、2017年6月に価格が暴騰して、6月22日に最高値$5.04を記録しました。その反動で売り圧力が強く暴落し、7月15日には$1.7まで落ちました。ですがその後再び価格が暴騰し、7月24日には、$3.92まで価格が上がりましたが、反動で緩やかに価格が落ち、11月8日には$0.93まで暴落しました。

また、1月9日には$5.24まで暴騰しました。

公開直後から、仮想通貨ブームが到来する前の2017年4月までは1ICN=50円以内で推移していました。5月から上昇を始め、2017年6月末には1ICN=500円を超え、2ヶ月で10倍以上の値上がりを見せました。

Iconomiの開発状況と将来性

開発状況

既にBLXやCCPなどプラットフォーム上で、開発されています。

出典:https://raku2life.com/vcurrency-iconomi/

そして、今後のIconomiは、「①ユーザー」、「②DAAマネージャー」、「③プラットフォーム」の3つの軸を主要分野として定め、注力していくとのことです。

ユーザーに関しては、DAAページの改善、エンドユーザー向けに対応する法定通貨を増やす、DAAディスカバリーページの再設計、すべてのDAAを含むDAAマネージャページ、ウェブサイトの再設計、主なユーザー統計のアップグレード、デビットカード、個々のデジタル資産の直接購入です。

DAAマネージャーに関しては、リスク削減の可能性、DAAマネージャーによるイベントの整理、DAAトークン化プロセスの最適化、企業アカウントのサポートです。

プラットフォームに関しては、ICNでの手数料の導入、BIG4の監査、紹介プログラム、オープンプラットフォーム、API(データ・取引の読み取り)、チャート作成システムの再設計

トレーディングエンジンのアップグレード、保管サービスです。

ロードマップが大変充実しており、今後の開発に期待が持てる内容となっています。

将来性

IconomiIは、仮想通貨ファンドを作ることができ、それらのファンドに投資できるプラットフォームです。Iconomiが一般的な投資信託ファンドよりも優れている点は、スマートコントラクトが用いられているために、資産運用の透明性・安全性が高いということです。資産運用・投資信託とブロックチェーン技術の融合という点で、Iconomiは他の仮想通貨よりも有利なニッチを占めていると言えます。

しかし、Iconomiで買わなくても、いずれ証券会社が仮想通貨ファンド商品を取り扱うようになるかもしれません。そういった状況になった場合、信頼性や既存顧客数という点から、どういった戦略で食い込むかが今後の鍵になります。

Iconomiを購入できる取引所

・Binance

Binance (バイナンス)は日本語対応の取引所ですし、取引通貨は100種類以上で、手数料が0.05%でやすいのが特徴です!

日本支社も構え、とても勢いのある取引所です。日本で購入出来ない通貨を購入するのにまずあって損しない取引所ですが、現在Binance は人気過ぎて一日の登録者数を限定している状況です。基本的に本人確認は必要ありません。

・Kraken

Krakenはアメリカの取引所です。ですが、日本円の入金が出来たり、日本語対応しているなど海外の取引所のなかでは使いやすいと思います。しかし、UIが見づらく取扱通貨もそんなに多くないので使い勝手がいいわけではないです。

まとめ

仮想通貨Iconomiは、複数のデジタル資産を組み合わせたポートフォリオを組成し、分散投資することを可能にしたプラットフォームです。

スマートコントラクトを活用した自動契約プロトコルにより、逐一管理する必要がなく、手間がかからず、効率よく分散投資することが出来ます。

今後は、投資信託やAIによる分散投資などの台頭を見据えて、どう戦略を練って、市場を獲得していくかが課題でしょう。


未分類