仮想通貨Bitconnect(ビットコネクト/BCC)とは?特徴と過去チャート、将来性をまとめ

▼おすすめの取引所ランキング

本記事は仮想通貨bitconnect(ビットコネクト/BCC)について解説していきます。

bitconnectの最大の特徴は「レンディング」というbitconnectを貸し付けて配当を得ることができるシステムでした。

しかし逆に貸し付け配当が異常に高いと指摘をされ、ICO開始直後から「怪しい」という評判もありました。

2018年1月15日米国テキサス州とノースカロライナ州の規制当局の警告を受け取引業務を停止しbitconnectは大暴落。

1日にして-94%の大暴落を記録したbitconnectは詐欺コインというレッテルを張られました。

bitconnectは詐欺コインだったのでしょうか?

取引開始から大暴落までの特徴や詐欺だと言われる理由を解説していきます。

<本記事の要約>

忙しい人に向け!仮想通貨bitconnectとは?

  • レンディングシステムを最大の特徴としていたが2018年1月にサービス廃止
  • 2018年1月に大暴落&詐欺コインのレッテルを貼られてしまった
  • 現在はbitconnectXというプロジェクトが進行中

bitconnectとは

名称bitconnect/ビットコネクト
通貨単位BCC
発行日2016年11月
発行上限数2,800万枚
最大時価総額約1104憶円
1BCC最高価格約4万円
1BCC最低価格(2018年3月)約200円
2018年暴落率-99.5%

bitconnectはイーサリアムのプラットフォームを利用して作成されたトークンで、前述のようにレンディング(貸付システム)を提供しています。

bitconnectは2016年11月にIOCを発表し2017年の末までは順調に時価総額を伸ばしてきた仮想通貨です。
時価総額も1104億円まで上昇し、多くの投資家がbitconnectの将来性を明るく見ていました。

bitconnectの相場が暗転したのは2018年の年明けから半月ほどたってからです。
規制当局の警告を受けたbitconnectは取引業務を停止し大暴落が始まりました。

bitconnectの特徴

まず、bitconnectの主な特徴をチェックしておきましょう!

  • レンディング(現在サービス廃止)
  • ステーキングでコインを持っているだけで配当がある

レンディング(現在サービス廃止)

bitconnectは前述のようにレンディングという貸付ができるのが特徴でした。

しかし規制当局の警告を受けて2018年1月をもってサービスを廃止することを発表。

これによりbitconnectの存在意義はほぼ無くなってしまい、相場価格も見事なほどに暴落しました。

ステーキング(Proof of Stake)

ステーキングとはProof of Stakeというアリコリズムで、仮想通貨を保有するだけで利息としてコインが貸与される仕組みです。

ビットコインが採用するアリコリズムがProof of Work(PoW)

bitconnectが採用するアリコリズムがProof of Stake(PoS)です。

Proof of Stakeは多くの仮想通貨で採用されるアルゴリズムで、特にイーサリアムのプラットフォーム上で作られたトークンは全てProof of Stake(PoS)です。

アルゴリズムの違いはマイニングの報酬を分配する計算に現れます。

Proof of Workは単純に計算した量で報酬がが決まり、Proof of Stakeはマイニングの計算量と仮想通貨保有量、保有年数を掛け合わせて報酬が支払われる仕組みです。

Proof of Stake(PoS)は多くの仮想通貨で採用されている技術で新しい技術ではありません。

PoSとは?

ビットコインなどの仮想通貨を調べていて、よく出てくるProof of Work(プルーフオブワーク)という言葉、聞いたことはあるけど、詳しくはわからない。そんな

以上が公式ホームページから読み取れたbitconnectの特徴になります。

所感として、特別な新技術や社会的な影響力を持ったプロジェクトだとは感じられませんでした。

bitconnect 大暴落について

1月15日:米国2州より警告を受け取引業務停止
1月15日:1日で-94%の大暴落を記録
1月16日:bitconnectが公式発表で相場は反発すると予想
1月17日:レンディング廃止を発表
3月中旬:-99%以上の暴落を記録したまま反発の見込み無

bitconnectが警告を受け取引業務を停止すると、上り調子だったマーケットは急激に悪化します。

1日にして-94%の大暴落を記録し、その後も反発する兆しは全くありません

投資家は1日にして資産を失いbitconnectを詐欺コインと決めつけているようです。

2018年3月の1BCC価格は約200円で流通は完全に途絶えています。

1BCCの最高価格は約4万円でしたので1/200です。

bitconnectが反発することはこの先も考えにくい状況です。

仮想通貨のbitconnectの未来は断念するしかないでしょう。

現在公式ホームページではbitconnectの進化版「bitconnectX」というICOが紹介されているようです。

「bitconnectX」はレンディングを廃止し、支払い機能に特化

送金のスピードが上がり、取引手数料がより安価になるそうです。

はたして柳の下に2匹目の投資家はいるのでしょうか?

bitconnectが詐欺コインと呼ばれる理由

bitconnectには詐欺コインではないかという疑いもありました。

そのようなレッテルが貼られてしまった背景も見ていきましょう。

▼詐欺コインとは?

この記事では詐欺コインと呼ばれる仮想通貨の実態や有名なコインについてわかりやすく解説していきます。 最近では仮想通貨ブームに便乗して様々な儲け話が存在して

レンディング

bitconnectが詐欺コインだと言われる最大の要因がこのレンディングです。

レンディングとは仮想通貨を貸し付け配当を得る行為です。

通常レンディングの配当は数パーセントに設定されます。そしてレンディングには期間が定められる場合が多く期間内は売り買いができないというルールが一般的です。

bitconnectの配当を見てみましょう。

期間配当
2017年1月~6月60%
   6月~12月50%
2018年1月~6月40%
   6月~12月30%

2017年の1月から6月までの半年で配当は60%です。

毎月10%も増えていきます。

目を疑うような数字です。この配当は異常な数字ではないでしょうか?

それでも最初は配当がしっかりと支払われました

配当が支払われていたのでICO開始当初からあった「怪しい」「詐欺コインではないか」という声を抑えてbitconnectはチャ-トの価格を上げ続けていきました。

ポンジスキームの手法が疑われる

bitconnectは米国規制当局の警告を受け取引業務を停止しました。

警告の原因はポンジスキームを疑がわれたからだと言われています。

ポンジスキームとは日本語に訳すと「自転車操業、ネズミ講」に該当します。

投資家から集めた資金を運用することなく配当として還元する詐欺の手法です。

次から次へと投資家から資金を集め、後で集めた資金で先に集めた投資家へ配当を配ります。

配当が配られているので一見すると運用益が出ているようにも見えますが、高配当を約束し実際には運用していないので確実に短期破綻します。

まとめ

仮想通貨bitconnect(ビットコネクト/BCC)の特徴、ICO開始から大暴落、詐欺コインというレッテルを張られるまでを解説しました。

現在bitconnectが詐欺だったという証拠はありません。

しかしbitconnectに投資した多くの人が損害を出しました。

米証券取引委員会はICOの規制に乗り出し、中国、韓国はICOの禁止を発表しました。

新規プロジェクトが資金を集めるのに急速に広がりを見せたICOですが不正や詐欺が横行しています。

仮想通貨は国や地域の干渉を受けることのない自由で新しい経済価値を生み出そうとしています。

私たち投資家は玉石混交の「ICO」「新規仮想通貨」を見極める目を養わなくてはなりません。


アルトコイン コイン一覧