【3月21日海外NEWS】カナダ、仮想通貨規制を懸念 Everipedia、6月にトークンエアドロップ

カナダ、仮想通貨規制を懸念

カナダは仮想通貨業界の世界的な拠点となる姿勢を示しており、過度の規制がイノベーションを妨げることを懸念しています。

カナダ政府の財務常任委員会であるフィナ(FINA)は月曜日、オタワでを仮想通貨への対応を審議する一連の聴聞会を招集しました。

Bitfarms、Hut8などの企業はカナダをブロックチェーン技術のグローバルハブにすることを目指しています。

参考サイト:https://motherboard.vice.com/en_us/article/d358zk/canada-is-gearing-up-to-regulate-cryptocurrency-parliament-hearing

Everipedia、6月にトークンエアドロップを計画

分散型百科事典のスタートアップEveripediaは、今年後半に独自のトークンをエアドロップで配布する予定です。

IQトークンを発行し、情報をキュレートする、または以前に公開された部分を編集することで、記事改善をしたユーザーに報酬を与えるという仕組みです。

ユーザーはトークンを受け取るために公開鍵を共有したり、資金を利用したりする必要はなく、透明なコミュニケーションとセキリュティ実現に尽力していると開発者は答えました。

参考サイト:https://www.coindesk.com/wikipedia-rival-everipedia-plans-token-airdrop-june/

米メリーランド州はブロックチェーンの規制の可能性

メリーランド州の前の議会の2つの法案は米国の週はブロックチェーン技術を研究し、場合によってはそれを規制することを要求しています。

最近、米国証券取引委員会(SEC)商品先物取引委員会(CFTC)は、法違反とみなされたICOを積極的に取り締まり始めました。

メリーランドの法案では今後の規制がどのような形をとるべきかは明確にしていませんが、規制に対する関心が高まっています。

参考サイト:https://www.coindesk.com/maryland-bills-call-study-possible-regulation-blockchain/

仮想通貨取引所OKExが取引量増加

3月初めに仮想通貨取引業者のSylvain Ribesは、大部分の小規模仮想通貨取引所を調査し、世界第4位の取引高をの取引所のOKExの取引量が増加していると明らかにしました。

Ribesは特定の取引所で500000ドル相当の仮想通貨を売買し、その仮想通貨の低下率を測定し、流動生を測定しました。

コインテレグラフの調査によると、香港のOKExは3月にBinanceを追い越し短期間で最大の仮想通貨取引所となりました。

参考サイト:https://cointelegraph.com/news/volumes-on-most-major-cryptocurrency-exchanges-are-fake-or-inflated-study

XDCEトークンが一部取引所で公開予定

シンガポールのIT企業XinFinは物理的資産をトークン化し、貿易と財務プラットフォームを提供するプロジェクトのICOを実施し、1500万ドル相当のデジタル資産の調達に成功しました。

XinFinのプロトコルXDCは融資を受けにくい小規模農家、個人、小規模事業者が少額からでも融資を受けられるようなシスステムの提供を目標としています。

XinFinの共同設立者はシステムの柔軟性をより向上させ、取引所を追加していきたいと発言しています。

参考サイト:http://bitcoinist.com/xdce-token-goes-live-exchanges-like-bancor-koinok-alphaex-forkdelta-etherflyer-opens-20-token-contribution-price/


ニュース 未分類