下げ相場でも利益が出せる?ビットコインFXのススメ

▼おすすめの取引所ランキング
<本記事の要約>
  • 今後の相場環境では下げ相場でも利益が出せるビットコインFXの重要性が高くなってくる
  • ロングとショートをうまく使い分けて利益を狙おう
  • オススメの取引所は ビットフライヤービットトレード

皆様、ここ数ヶ月の下げ相場、いかがお過ごしでしょうか?非常に厳しいトレード環境で、現物トレードで利益を上げることは難しい状態となっています。しかしながら、下げ相場でもビットコインFXなら安定したトレード収益を狙うことができることをご存知でしょうか?

今後、仮想通貨の市場は単純な値上がりを期待するだけでは勝ちにくくなってくると予想されます。そのため下げ相場でも利益が出せるビットコインFXの重要性は増して来ます。

本記事では、はじめての方に向けてビットコインFXについて解説していきます。

ビットコインFXとは?

皆様、ビットコインFXという言葉をご存知でしょうか?FXというのは、Foreign eXchangeの略で、日本語では外国為替証拠金取引といいます。

主に、ドルと円などの通貨間の値段変動を利用してトレードを行う投資商品となります。良くニュースで円高ドル安ドル高円安などと聞くと思いますが、あれのことです。円高の時にドルを買い、円安の時に円を買い戻すことで日本円を増やすことを目的としています。

鋭い方はお気づきだと思いますが、これって実はビットコインのトレードと同じ仕組みです。ビットコイントレードで利益を出すためには、円高(ビットコイン安)の際にビットコインを購入し、円安(ビットコイン高)の時にビットコインを売却するのが基本になります。

ただし、ビットコイン自体は暗号通貨と呼ばれる新技術であるため、トレードの流儀が既存のFXとは異なります。例えば、レバレッジがかけられない、暗号通貨自体を購入して受け取ることができるなどといった点です。昨年度流行った多くの取引所は、暗号通貨の流儀に沿った取引所で、既存のFXとは大きく仕組みが異なります。

ビットコインFXは、ビットコインの世界に既存のFXの仕組みを当てはめたものになります。これによって、金融商品として成熟した為替FXの仕組みをビットコインの世界でも利用できるようになり、多くのメリットを受けることができます。

ビットコインFXの仕組み

ビットコインFXでは、取引所に預けたお金(拠出金という)を担保に、実際に持っているお金よりも多くの金額の注文を出すことができます。FXの世界では注文のことを建玉(たてぎょく)またはポジションと呼びます。

建玉には、買いポジション(ロング)と売りポジション(ショート)の2つがあります。それぞれでの利益の出し方が違うことをここでは説明していきます。

ロングポジション

例えば、1000円の原資に10倍のレバレッジをかけて10000円相当のロングポジションを取ることができます。その後、うまくビットコインが1割値上がりすれば、110000円相当でポジションを売却することができるので、1000円の利益をあげることができます。

つまり、ビットコインが値上がりすると考える場合に使うのがロングポジションです。現物トレードよりも多くの金額のトレードができるため、より効率よく利益を出すことが可能になります。

ショートポジション

反対に、ビットコインが値下がりすると考える場合に使うのがショートポジションです。ショートポジションでは、まずビットコインの売却を行います。その後、値下がりしたタイミングで買い戻すことで利益を上げることができます。

通常の現物トレードでは、値上がりで利益を出すロングポジションしかとれないですが、FXでなら値下がりでも利益を出せます。これが現在のような相場でビットコインFXが必須となる理由です。

ビットコインFXのメリット

  • 下げ相場でも利益が出せる
  • 大きな利益を狙える
  • リスク管理次第ではより安全に投資できる

下げ相場でも利益が出せる

通常のビットコイントレードでは、安く買って高く売る以外の方法で利益を出すことができません。これは全ての仮想通貨の現物トレードに共通しています。

仮想通貨の相場自体が値上がりしていないと利益を出すことができないのです。これは、現在(2018年3月)のような相場では厳しい状態であると言えます。仮想通貨取引所に登録してビットコインやアルトコインを購入しても、値上がりすることがないため利益を出すことができないからです。

でも、FXでなら下げ相場でも利益を出すことができます。今後、仮想通貨全体が値下がり傾向になったり、レンジ相場が続いたりした場合、現物で利益を出すことは難しくなってきますで。しかし、FXでなら値動きさえあれば落ちていても上がっていても利益を出すことができるのです

今後、ビットコインが単純な上昇局面に戻るのであれば、現物中心の取引でもいいですが、そうではない場合、FXの重要性は増して来ると考えられます。

大きな利益を狙える

ビットコインFXでは、下げ相場でも上げ相場でも利益を出すことができる上に、レバレッジを設定することができるため、現物トレードよりも大きな利益を短期間で上げることが可能です。

現在のビットコイン及び仮想通貨の値段は下落傾向にありますが、それでも株や為替FXに比べればボラティリティ(値動き)が大きく儲けるチャンスも多いです。

FXトレーダー視点で見れば、まだまだ他の投資領域に比べればチャンスの多い市場であると言えます。数10万の資本で数ヶ月以内に億万長者になる可能性のある(もちろん原資を失う可能性の方が圧倒的に高いですが)数少ない現実的な方法の一つであると行っていいでしょう。

リスク管理次第ではより安全に投資できる

FXではレバレッジをリスクを減らす方向に活用することもできます。極端な話、期待値が高い局面ではハイレバレッジ、そうではない局面ではローレバレッジという判断ができれば、それだけで運用成績は上がるはずです。

このあたりは拠出金維持率(原本の何%をトレードに使うのか)などを自分の中でうまく調整していく必要がありますが、人によってやり方は違うため、実践の中で学んでいく必要があります。

ビットコインFXのリスク

  • リスク管理をサボると大きな損失を出す可能性がある

リスク管理をサボると大きな損失を出す可能性がある

ビットコインFXでは大きなリスクを取ることができます。そもそもビットコインの値段が一日に10%変動するといったことは珍しくない上に、20倍のレバレッジをかけることができる取引所が存在しているからです。

レベレッジ20倍で、ビットコインの値段が10%変動した場合、勝つと原本が2倍、負けると原本が0になります。勝った時だけでなく負けた時のことも考えて、フルレバレッジはよほど自信のある局面以外使わないストップ・ロスを必ず設定しておく損切りは徹底するなどしてリスク管理を意識した運用を行いましょう。

間違ってもフルレバレッジで寝落ちするなどといったことは辞めましょう。起きたら借金を抱えている可能性があります

ビットコインFXのオススメ取引所

本記事では、オススメのビットコインFXの取引所について紹介していきます。

1位. bitflyer

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤー公式へ

1位はbitflyerです。bitflyerは早くからビットコインFXのサービスを提供しており、出来高(取引量)は世界でもトップクラスです。出来高が多いと好きなタイミングで好きな値段で売買が可能になります。

出来高の多い取引所でトレードをすれば、「値段が急落して損切りをしたいが、全部売りさばくことができずに損失が更に大きくなってしまった」といった自体を防ぐことができます。レバレッジをかけていて通常のトレードよりも大きなリスクを背負っているビットコインFXでは、このようなことを防ぐことは非常に重要です。

そのため、できるだけ出来高の大きな安定した取引所を利用するようにしましょう。その点bitflyer FXは国内No.1のビットコインFX取引所なのでオススメできます。

2位. bitbank trade

bitbank TRADE公式へ

2位はbitbank tradeです。bitbank tradeは、リップルやイーサリアムなどの優良アルトコインをお得に売買できる取引所であるビットバンクの運営するビットコインFXの取引所です。

ビットバンク自体は手数料0で厳選されたアルトコインをトレードできるアルトコインで、優良な取引所として有名です。同様にbitbank tradeでもユーザビリティの優れたビットコイントレードを行うことができます。

ここの特徴は、追証がない点です。通常、FXでは、市場の急激な変動により拠出金(持っている現金)以上の損失が出た場合、損失分をユーザに補填させる仕組みがあります。これを追証といいます。

しかしながらbitbank tradeでは追証が存在しません。入金されたお金以上の損失が生じることはありえない制度なのです。ただし、この制度を実現するために、トレード利益の0.2%を手数料として取られます。ハイレバレッジでリスクを取ったトレードをする覚悟のある人にはオススメの取引所といえるかも知れません。

詳しくはこちらの取引ルールを読み、リスクを理解した上でトレードに望みましょう。

3位. GMOコイン

GMOコイン公式へ

GMOコインは、GMOインターネットグループが運営する取引所です。ここの特徴はスマホで手軽にビットコインFXができるびっとれ君というアプリをリリースしていることです。

UIも簡単で分かりやすいため、スマホでポチポチとビットコインFXをしたい人にはとてもおすすめです。

4位. DMM Bitcoin

DMM Bitcoin公式へ

DMM Bitcoinは、アルトコインのレバレッジトレードが可能です。nemやethereumなどのショートが可能な取引所はほとんど存在しないため、非常に大きな特色であるといっていいでしょう。

ただし、アルトコインのトレードはハイリスク・ハイリターンの世界ですので最大限の注意を払って利用しましょう。

まとめ

以上いかがでしたでしょうか?簡単にビットコインFXの仕組みとオススメの取引所の解説でした。リスクを管理して楽しいトレーディングライフを送りましょう。

迷った人はまずはbitflyerに登録して始めて見ることをオススメします。

ビットフライヤー公式へ


DMM Bitcoin GMOコイン アルトコイン コイン一覧 ビットコイン (bitcoin) ビットフライヤー 仮想通貨 仮想通貨取引所