【決定版】ビットコイン(bitcoin/BTC)とは?仮想通貨を初心者向けに徹底解説!

▼おすすめの取引所ランキング

本記事では初めての方向けにビットコインについて分かりやすく説明をしてみようと思います。

初めての人にとって、ビットコインは何に使われるのかもよくわからないし、なんだか不安ですよね。

今回は特に以下のことに焦点を合わせてご紹介していきます。

  • ビットコインって何?
  • 安全なの?
  • どう使えるの?
  • どのように動いているの?

これを読んであなたもビットコイン・仮想通貨を正しく理解しましょう!

ビットコインとは

ビットコインとは…
一言で言えば、インターネット上で自由に送受信可能なお金

ビットコインは仮想(インターネット上)の通貨。

ただのお金ではなくてメールのように送受信できるお金と考えればイメージしやすいと思います。

ビットコインの所有者はビットコインアドレスを持ち、メールのようにアドレスからアドレスへビットコインを送りあうことができます。

ビットコインアドレスはビットコインを買う取引所に登録する等で取得することができます。

ビットコインは安全?

「仮想通貨」「ビットコイン」と言う言葉にまだ不安感を覚える人も日本には多くいると思います。

それもそのはず、「実態のないお金」「メールみたいなお金」なんてこれまでにあまり存在しなかったため、本当にお金として価値が保証されるのか心配ですよね。

しかし既に仮想通貨の定義は日本の法律でも定められているんです。

2017年4月1日より執行された日本の法律「情報通信技術の進展等の環境変化に対応するための銀行法等の一部を改正する法律案」では、下記のように定められています。

5 この法律において「仮想通貨」とは、次に掲げるものをいう。

一 物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値(電子機器その他の物に電子的方法により記録されているものに限り、本邦通貨及び外国通貨並びに通貨建資産を除く。次号において同じ。)であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの

二 不特定の者を相手方として前号に掲げるものと相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの

簡単にまとめると、

(1) 電子的に移転できる通貨のように使えるもの

(2) (1)と交換価値を持ち電子的に移転できるもの

以上の2つを満たすものが仮想通貨と日本の法律で定められています。

世界中で仮想通貨に関する法律が決められているため、みなさんが思っている以上に世界中で仮想通貨への理解が深まっているんです。

ビットコインの使い方

それでは、ビットコインはどのように使えるのでしょうか?

ビットコイン は近年「投資」の対象として購入されることに注目が集まっています。しかし本来の目的は、送金や決済などに通貨(お金)として使うために開発されました。

ビットコインの基本的な決済方法はこちら

  1. 日本の取引所でアカウントを開設し、ビットコインを購入する。
  2. 取引所にあるビットコインをウォレットに移動する。
  3. ビットコイン決済を導入しているところで買い物をする。
  4. 会計の際に、導入店舗のビットコインアドレス宛に送金する。
    ※基本的にはQRコードでのやり取りになります。

ビットコインの特徴は、外貨のように取引所を利用して日本円と替える必要があること、そして仮想通貨には専用のウォレット(財布)というものが存在することです。

関連記事:

▼ビットコインの使い方

ビットコインを始めとする仮想通貨は、「投資」の対象として、「購入する」ことに注目が集まっています。 しかし、本来の目的は、それを通貨として、お金として「使

ビットコインの技術的な仕組み

ビットコインは「メールのように送受信できるお金」とご紹介しましたが、技術的にはどのような仕組みで動いているのでしょうか?

これには非常に多くの要素が絡み合っています。

本記事では、一つ一つ順を追ってビットコインがどのような仕組みで動いているかをできる限りわかりやすく説明します。

ブロックチェーン

まず、ビットコインの動く仕組みにはブロックチェーン(分散型台帳技術)という技術が大きく関係しています。

ブロックチェーンとは、ネットワーク上のやりとりの記録を皆で保管し、監視するシステムです。身近な例でいえば、1度記録されたら修正ができない通帳のような記録方法です。

通帳は一定量の記録が溜まると新しい通帳が発行されますよね?

ブロックチェーンも同様、ネットワーク上で一定の取引がなされるとその記録を一つのブロックに保存し、また新たなブロックを発行します。

このブロックが永遠につながっていくため、ブロックチェーンと呼ばれます。

塊と鎖

そこで、もしかしたら語弊があるかもしれませんが、本記事ではブロックチェーンとはデータ構造であると言い切ることにします。例えば、下図のようにデータの塊を鎖のように繋いだデータ構造です。

これは流石に話を単純化しすぎであるとお叱りを受けそうですが、ブロックチェーンは直訳で塊と鎖程度の意味しかない言葉なので、これくらいの認識でもいいのではないでしょうか。

ビットコインはブロックチェーン形式のデータを同期するネットワーク

ビットコインは、ブロックチェーン形式のデータを同期しながら共有して保存する分散ネットワークです。

そしてビットコインネットワークにおいて、共有されるブロックチェーン形式のデータは取引履歴です。以下のようなイメージ。

AさんからBさんへ1BTC移動し、CさんからDさんへ0.5BTC移動といった取引(トランザクション)が定期的にブロックにまとめられてブロックチェーンに追加されます。

このようにビットコインネットワークが取引履歴を保存しているため、ブロックチェーンに保存されている一連の取引履歴を調べることで、Aさんがどれだけのビットコインを持っているのか、Bさんがどれだけのビットコインを持っているのかわかります。

また、新たにトランザクション(BさんからCさんへ0.1BTC移動)等を発行することで、ブロックチェーンに取引履歴が追加され、履歴からわかるBさんとCさんのもつビットコインの数が変動し、価値の移転が可能です。

つまり、ビットコインは、取引履歴を定期的にブロックにまとめてみんなで保存するタイプの分散型のデータベースであるということができます。

では、このような分散型のデータベースの強みは何でしょうか?

 ブロックチェーンの作り方に工夫を加えることで改ざんを困難にすることができる

ビットコインがわざわざブロックチェーン形式のデータを採用して分散ネットワークで共有するというややこしい事をしているのは、いくつかの工夫を加える事で取引履歴の改ざんを困難にすることができるからです。

いくつかの工夫とは、

  • Proof of Work (PoW)
  • マイニングによるインセンティブ(報酬)設定

です。

Proof of Workとは取引履歴が長くなるほど安全になる仕組み

ブロックチェーンに追加するブロックは、適当に取引履歴を詰め込むだけの単純なものではなく、所定の形式があります。取引履歴をブロックチェーンに追加する前に、取引履歴に特殊な加工をしなければならないのです。

この加工は下記のような性質を持ちます。

  • 頑張って計算しなければ答えのわからない計算
  • 答えがわかれば正しい事を確認するのは簡単

難しいパズル問題のようなものだとよく例えられます。ブロックチェーンに新たなブロックを追加するたびにこのような加工を行う必要があるため、ビットコインのブロックチェーンは、正しいことを確認するのは簡単だが作るのは難しいという性質を持ちます。

そして、ブロックチェーンが長くなればなるほど作るのが難しくなります。これをProof of Work (PoW)と言います。

インセンティブ(報酬)を設定することでみんなが長い取引履歴の作成に協力する

ビットコインのブロックチェーンは作るのが難しく、長ければ長いほど安全であることはわかりました。しかしながら、これだけではビットコインのネットワークは自律的に維持されることはありえません。

わざわざ貴重な計算機リソースを割いて無償で難しい計算問題を解いて、ビットコインの運営に協力する暇人はいないからです。

そこで、ビットコインではブロックチェーンに新しいブロックを追加した計算機にビットコイン形式で報酬(インセンティブ)を与える仕組みがあります。

インセンティブが設定されていることによって、計算機は進んでビットコインの運営に協力し、ネットワークが維持されます。

このようにビットコインの運営に協力して報酬をもらうことをマイニングと呼びます。

この章のまとめ

  • ビットコインはブロックチェーン形式でデータを保存する分散ネットワーク
  • ブロックチェーン作り方に工夫を加えることで取引履歴の改ざんを困難にすることができる
  • みんながビットコインの運営に参加するようにインセンティブを設定する

このような仕組みによってビットコインのネットワークは自律的に安全な取引履歴を作成し続けることができます。

関連記事:

▼ブロックチェーン

忙しい方向け!ブロックチェーンとは? ブロックチェーンとは、一言で言えば新しいネットワークシステム ブロックチェーンの特徴は「非中央集権

▼Proof of Work

ビットコインなどの仮想通貨を調べていて、よく出てくるProof of Work(プルーフオブワーク)という言葉。 「聞いたことはあるけど、詳しくはわからな

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ビットコインとは何か?安全なのか?どのように使えるのか?どのように動いているのか?

以上について駆け足ではありますが解説しました。

これをきっかけにビットコインの世界に興味を持っていただける人が少しでもいれば幸いです。

はじめてのビットコインならコインチェックやビットフライヤーが大手&わかりやすくてお勧めです。

ビットフライヤー公式へ

ビットバンク公式へ

関連記事:

▼ビットコインの始め方

初心者でも大丈夫。 このページではビットコインのはじめかたをわかりやすく解説します! そもそもビットコインとは ビットコインとは… 一言で


ビットコイン (bitcoin) ブロックチェーン 仮想通貨