『COSMOS(コスモス)』とは?クロスチェーン実現を目指す!

▼おすすめの取引所ランキング

公式サイトはこちらへどうぞ

現在多くのブロックチェーンプロジェクトが登場していますが、それに伴い発行されたトークン達は異なるブロックチェーンの間では移動することが不可能なため、取引所を仲介する必要があります。

COSMOSは、ブロックチェーンにおけるこの長年の問題を解決することを目的とするブロックチェーンのネットワークです。

最終的な目標として掲げているのは、多くのブロックチェーンを相互に拡張して、相互運用できるようにし、ブロックチェーンのインターネットを作り出すことです。簡単に言い換えると、現在イーサリアムでしか交換できないイーサリアムブロックチェーンのDappsのトークンをビットコインでも交換できるということです。

この異なるブロックチェーン同士をつなげるのことを「クロスチェーン」とよんでいます。

COSMOSはどのようにしてこの「クロスチェーン」を実現しようとしているのでしょうか。

COSMOSとは

COSMOSは上述したように、異なるブロックチェーン同士をつなげる(クロスチェーン)ことを目指しています。COMOSネットワークを介することで、異なるブロックチェーン間においても簡単にトークンを送受信することが可能となります。

COSMOSネットワークは大きく分けて、ハブ(Hub)ゾーン(Zone)という2種類のブロックチェーンを持っています。イメージとしては下図のように、様々なゾーンが1つのハブに接続していきます。

現在異なるブロックチェーンの交換には取引所を介さなければなりません。

取引所を介することで、トランザクション手数料がかかるのはもちろん、昨今のハッキング事件などセキュリティ面でも不安面が存在します。そして何よりも、手間がかかってしまいました。

それをCOSMOSネットワークに接続することによってわざわざ取引所に接続することなく、P2Pでのトークン交換を可能とするのです。

また、このCOSMOSネットワークはオープンソース化され誰でも、ハブを作成することが可能となります。

そして、下図のように異なるハブ同士でも通信を可能とし、ハブの異なるゾーン同士でもトークンの移動を可能としていきます。

COSMOSの仕組み

Tendermint

CosmosではTendermintというソフトウェアを採用しています。

バリデーターとブロックを承認する責任を持つシステムが、マイニングの代わりにラウンドロビン型の投票を行い、トランザクションの検証を行います。

また、非バリデーター(デリゲーター)も、Cosmosのトークンであるアトム(Atom)をバリデーターに対して委任(デリゲート)することで、ブロック報酬とトランザクション手数料の一部を得ることが出来ます。

もし委任されたバリデーターがプロトコル違反を犯した場合、ペナルティが課され(コスモスの用語でスラッシュ)、デリゲーターはその影響を受けることになる。

この仕組みによってネットワークのセキュリティを保つことが可能となります。

IBC(Inner Blockchain Communication)

それぞれのゾーンとハブはIBCというプロトコルを利用することでトークンのやり取り(通信を)行うことが出来ます。CosmosネットワークのゾーンのそれぞれのブロックチェーンはTendermintを採用しているので、このIBCを利用することが出来ます。

Tendermint上の項で説明したようにファイナリティを得ることが出来るので、IBCを活用することが可能なのです。

ロードマップ・開発状況

コスモスは公式サイトにてロードマップを発表しています。

2018/04/02現在、COSMOS Hubが64%、COSMOS SDKが83%、Tendermit Coreが87%, COSMOS Voyagerが70%まで開発が進んでいると発表されています。

まとめ

本記事ではCOSMOSについて書いてきました。

改めてCOSMOSの内容をまとめると、、、

  • COSMOSはクロスチェーンの実現を目指している
  • ハブとゾーンという2種類のブロックチェーンを利用している
  • TendermintとIBCというシステムを利用している

というようなことがわかりました。

今後も注目していきましょう。


ブロックチェーン