【4月2日海外NEWS速報】テレグラムICO、17億ドルに引き上げ Huobi、韓国での取引開始

テレグラムICO、17億ドルに引き上げ

暗号化されたメッセージングプラットフォームであるTelegram Group Inc.は、世界最大級のイニシャルコインオファリング(ICO)を実施し、調達額を17億ドルに引き上げました。

このICOでは迅速でスケーラブルでユーザーフレンドリーな仮想通貨とブロックチェーンのプラットフォームであるTelegram Open Network(TON)のスタートアップの支援を募るために行われました。

テレグラムのホワイトペーパーによると、今年の第二四半期と第三四半期では、TONの「テストネットワーク」の立ち上げと、「テストとセキリュティの監査」を行う予定です。

参考サイト:https://www.newsbtc.com/2018/03/30/telegram-complete-second-ico-raising-1-7-billion-a-third-ico-may-be-on-the-horizon/

大手メッセージアプリのテレグラム(telegram)が過去最大のICOを実施するということで話題になっています。 テレグラムはすでに世界的なSNS

Huobi、韓国で取引開始

3月30日の公式発表によると、北京に本部をおく仮想通貨取引所Huobiは韓国で仮想通貨取引を行うことが決定しました。

Huobiの新しい子会社は100種類のアルトコインを取り扱っており、ビットコイン、イーサリアム、USDTを基軸とした208の取引ペアを取り扱っています。

2018年1月、2月に中国国内での仮想通貨への対応が厳しくなり、Huobiはこの流れに応じて現在海外市場をターゲットにしており、韓国に続いて、米国市場にも乗り出す見込みです。

参考サイト:https://cointelegraph.com/news/trading-opens-on-crypto-exchange-giant-huobi-in-south-korea

イーサリアム創始者、イーサの発行上限を提案

イーサリアムの創始者であるヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏はイーサリアムネットワークの顕著な問題の解決策として、イーサリアムの発行上限枚数を120,204,432ETHにすることを提案しました。

このブテリン氏の発言はこれまでイーサリアムに対して指摘されていた透明性の欠如の課題に対して言及したものです。

ブテリン氏は4月1日の記事位によると、ETHを作成する新しいアルゴリズムに移行した後、プラットフォームの経済的な持続可能性を確保するアイデアを模索しました。

参考サイト:https://www.coindesk.com/120-million-vitalik-proposes-cap-ether-cryptocurrency-creation/

バイナンス、増加する規制に直面

世界最大の仮想通貨取引所「バイナンス」の創業者であるZhao Changpengは世界中の規制当局が仮想通貨市場を圧迫している中で、取引所はリスクに直面していると発言しました。

世界中の金融規制当局と政府は仮想通貨市場への規制法案を検討してきました。バイナンスは多くの仮想通貨初心者を顧客に抱えており、さらにICOの取り扱いも行なっているため、規制に対して懸念が生じています。

最近では日本の金融庁からも、取引業者としての登録がない状態で仮想通貨取引業の営業を行っていたとして警告を受けており、風当たりは強い状態だと言えます。

参考サイト:https://www.newsbtc.com/2018/04/01/binance-fights-increasing-regulation/

仮想通貨億万長者が高級車購入、売上増加

2017年にビットコインやその他アルトコインの価格が急騰したことで巨額の資産を得た人が多数いた中で、億万長者となった人はステータスシンボルとしてLamborghinisを購入しているとのことです。

それを裏付けるデータとして、ランボルギーニは2017年に記録的な売り上げを記録しました。

ある購入者はランボルギーニ購入に45BTCを支払ったが、45BTC購入当時は3ドル以下で買うことができたとコメントしています。

参考サイト:http://www.businessinsider.com/bitcoin-millionaires-are-buying-lamborghinis-2018-3

あけましておめでとうございます。2017年は”仮想通貨元年”と言われ仮想通貨の知名度・価格共に飛躍的な大暴騰を記録する一年でした

ニュース 未分類