【2018年度版】絶対に読むべき仮想通貨オススメ本まとめ!

▼おすすめの取引所ランキング

みなさん、仮想通貨についての知識はきちんと身についていますか?

仮想通貨の情報はネット上に溢れかえっています。

しかし、そんなネットに溢れる情報の中には正しい情報と間違っている情報が入り乱れています。皆さんは情報を精査して得ていますか?

近年の仮想通貨の技術進歩は著しいものです。そのためインターネットで素早く情報収集をすることも大切な手段のひとつ。知りたい情報はグーグルで検索すれば大体のことは理解できますよね。

そんな中わざわざ本で知識を得ることも決して忘れてはいけない手段のひとつなんです。

ネットではなく本で学ぶ必要性

「ネットで事足りちゃうのに、どうして仮想通貨を本で勉強する必要があるの?」

本で勉強する、その必要性について考えてみましょう。

  1. 本は体系的に知識をまとめているため勉強に最も適している
  2. ネットよりも比較的正しい情報が得られる
  3. プロフィールから著者の情報も得られ、情報を精査する手がかりになる

以上が本を購入して読むべき理由となります。

煩雑なネットの情報に対して、本の強みは一から十まで体系立てて学べること

仮想通貨は非常にわかりにくい技術がたくさんあります。例えば「proof of work」「proof of stake」の違いはわかるでしょうか?

仮想通貨の技術は現代の先を行きすぎていて、初心者ではもう訳がわからないという人が多いはず。

そんな技術をインターネットで検索しても、体系的に学びを得るのは難しいです。

そういった場合でも本なら一から十まで学ぶことができ、また「初心者でも学べる」などターゲットを絞ったものが多いため、あなたの得たい情報をピンポイントで得られます。

また、ネットは参加へのハードルが低いため、どんな人でも匿名で自由な発言ができてしまいますが、本はリリースまでの障壁があるため比較的確実な情報が得られると言えるでしょう。

そのためネットでしか情報を得てない人は、間違った情報を手に入れてないか注意が必要です。

どんな本を読んだら良いかわからない

「本の必要性はわかったけど、まずどんな本を読んだらいいの?」

仮想通貨を本で勉強してみたいけど、どんな本を読んだら良いかわからないという方が大半だと思います。

そこで、今回は仮想通貨の投資を始めるのにオススメの本を8つご紹介します!

ぜひ参考にしてみてくださいね。

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

この本は、今話題のコインチェックの取締役大塚氏によるビットコインおよびブロックチェーンの入門書となります!

内容は「ビットコインとは?」「仮想通貨とはなんなのか?」という初心者向けです。非常に初心者の目線に立って解説をしている本となります。

特にブロックチェーンの詳細を知りたい方に適しており、ハッシュ関数、ハッシュ値による取引承認プロセスについて丁寧に説明しています。

日常会話やニュースでもよく取り上げられるようになりつつある仮想通貨についてとりあえず理解しておきたいという方にもオススメです!

ビットコインのすべてがわかる本

この本は「とってもやさしいビットコイン」という仮想通貨ブログを書いている方の著書です。

本のレベルは基本的に最初に紹介した「いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン」と同じく「ビットコインとは?」「仮想通貨とはなんなのか?」という初心者向けです。

この本も初心者がわかりにくいポイントを熟知しており、つまづきやすいポイントをキチンを解説しているため初心者の方にはオススメです。

ゼロからわかる仮想通貨入門

この本も比較的簡単な言葉で「仮想通貨」というものをきちんと理解させてくれる本です。

この本のポイントは本の中で初級者」「中級者」「上級者というように分けられていること。自分のレベルにあった内容で仮想通貨について知る事ができるようになっています。

さらにビットコインの解説だけでなくイーサリアムの解説もしているためアルトコインについても理解を深める事ができます。

仮想通貨についてある程度知識がついてきて、さらにその先に行きたい方には必読の一冊となります。

短期トレードからICOまでぜんぶわかる! 仮想通貨投資入門

この本は仮想通貨についての全体像を知りたいと思っている方にオススメの一冊です。

入門の知識から最近注目度が高いICOまで、現時点で知りうる仮想通貨の基礎知識から最新情報までわかりやすく書いてあります。

さらに特筆すべき点はICOについての解説に多くのページが割かれている点です。

ICOという資金調達の方法は次世代の資金調達というように考えられているので、一度理解しておくことは大切でしょう。

▼ICOとは

ICOという言葉を聞いたことがあるでしょうか? ICOとは”インターネットを使って国境を超えて自由に送金可能”という仮想通貨の性質

ブロックチェーンの未来 金融・産業・社会はどう変わるのか

ビットコインやブロックチェーンの概要書は巷にあふれるようになりました。

しかし、具体的にこれらの技術が将来的にどうなるのかについて詳しく述べられた書籍はまだほとんど存在しません。

そんな中でこの本は日本のその道の第一人者達が、極めて具体的に今後のブロックチェーン・仮想通貨の課題や未来予測を語っています

「ブロックチェーンの概要は理解しているが、これから具体的に世の中がどう変わっていくのかわからない」という方には決して期待を裏切らない、大変参考になる本です。

仮想通貨とフィンテック: 世界を変える技術としくみ

この本は、ビットコインなどの仮想通貨は法定通貨との相互交換が可能であり、仮想通貨から法定通貨への変換も可能であることから始まり、仮想通貨の技術的な話まで網羅されている一冊となります。

しかしこの本の真骨頂は題名にもある「フィンテック」という言葉です。

数年前から話題になっていたフィンテックの中に仮想通貨が含まれているのでフィンテックの理解にもなります

そのため現在話題である仮想通貨、フィンテックを両方知りたい方には最適な本となります!

1時間でわかるイーサリアム入門 ~ビットコインに次ぐ仮想通貨をゼロから学ぶ~ (NextPublishing)

2017年がビットコインの年で、2018年はイーサリアムの年である!と言われています。

本書も非常にコンパクトにまとめられていて読みやすいので、題名のとおり1時間ほどで読むことができます。

この本は「ビットコインについて理解が深まってきている」「他の仮想通貨にも詳しくなりたい」「イーサリアムってなんだろう」という方向けの仮想通貨になります。

そのためイーサリアムのスマートコントラクトといったネットではなかなかわかりづらい情報を体系的に学ぶ事ができました。(筆者的にはこれが一番おすすめです笑)

▼イーサリアムとは

本記事では通貨だけでなくスマートコントラクトの実行基盤としての機能を持った仮想通貨Ethereum(イーサリアム/ETH)について紹介します。 E

仮想通貨リップルの衝撃 Rippleが実現する”価値のインターネット”

この本は題名の通りにリップルについて焦点を当てた本となります。

リップルは2017年初めから2017年終わりまでに360倍もの成長を遂げた仮想通貨になります。あまりにも高騰していたのでニュースに取り上げられることもありました。

この本はリップルが目指しているものは何か、リップルがビットコインなど他のものに比べて優位な部分はどこかといったことが分かりやすく書かれた一冊です。

▼Rippleとは

本記事では通貨だけでなくスマートコントラクトの実行基盤としての機能を持った仮想通貨Ethereum(イーサリアム/ETH)について紹介します。 E

まとめ

いかかがでしょうか?仮想通貨についての本もたくさん発行されていますが情報は玉石混合なのできちんと理解できるように勉強をしておきましょう!!

体系的に理解して是非仮想通貨で億り人を目指しましょう!!


その他