仮想通貨ブロックメーソン(BCPT)とは?特徴と過去チャート、将来性をまとめ

▼おすすめの取引所ランキング

本記事では仮想通貨ブロックメーソン(BCPT)のプロジェクトについてご紹介します。

ブロックメーソンはイーサリアムのブロックチェーン上に作られた融資・信販・ローンなどの債務管理を専門にしたプラットフォームとなります。

このブロックメーソンについて、特徴、過去チャート、購入できる取引所、将来性までをまとめていきます。

<本記事の要約>

忙しい人向け!ブロックメーソンとは?

  • 融資・信販・ローンなどの債務管理がより簡略・低コストで実現する
  • 実際にプロダクトがリリースされている

ブロックメーソンとは

名称ブロックメーソン
通貨単位BCPT
発行日2017年10月
発行上限数116,158,667 BCPT
取り扱い取引所Binance,Bittrex
時価総額得ランキング122位

blockmasonの特徴は債権と債務の記録をスマートコントラクトに記録できるプラットフォームを作ることです。

お金を借りたい人の信用を保証するには、大きなコストが掛かっています。

blockmasonのプラットフォームは、永久的に消えない債権と債務の記録をスマートコントラクトに登録することで、信用の保証が簡単ででき、低額、低期間、の融資が低コストで実現され経済活動に資するとしてています。

2017年10月に公開されたblockmasonは、1BCPTを0.2ドル程度のチャート価格で推移しました。

年が明けて2018年に入ると大きくチャート価格は跳ね上がりバブル的な値動きをします。

実力のない仮想通貨は、価格が下がったまま反発できずに低迷を繰り返しますが、blockmasonは3月に大きな反発を見せています。

ブロックメーソンの特徴

まずはブロックメーソンの特徴を見て行きましょう。

ブロックメーソンの主な特徴はこちら

  • イーサリアムのスマートコントラクトが実装
  • UCAC

それでは一つずつ確認していきましょう。

 イーサリアムのスマートコントラクトが実装

現在、金融機関で資金の融資を受ける際には信用や様々な手続きが必要となります。なぜならば資金を融資する相手が資金を返済する能力があるかどうか確認する必要があるからです。

そのため金融機関から資金の融資を受けることのできる人は非常に限られた人に限定され、手続きも煩雑になっていく傾向がありました。

しかしこのような信用調査・手続きの煩雑さをイーサリアムのスマートコントラクトを使用することによって、高い信頼性・短時間での取引を可能にしました。

そのため個人間での金銭のやりとりにもイーサリアムのスマートコントラクトを使用し、第三者の介入なしに「信用」という概念を持ち込むことに成功するかもしれません。

▼スマートコントラクトとは?

「イーサリアム」を調べていると必ず出会う言葉、「スマートコントラクト」 実はこれ、イーサリアムやその他の仮想通貨を理解するためにも重要な概

UCAC(Use Case Authority Contract)

UCACという言葉に馴染みが無い方が多いかもしれません。

UCACとは…

This simple interaction between entities via the Credit Protocol enables a deceptively powerful and complex array of possible transactions when coupled with a Use Case Authority Contract (UCAC) built atop the protocol.

出典:whitepaper

簡単に和訳するとこちら

クレジット・プロトコルによるエンティティ間のこの単純な相互作用により、プロトコルの上に構築されたユースケース・オーソリティ・コントラクト(UCAC)と組み合わせると、考えられる強力なトランザクションの複雑な配列が可能になります。

つまりUCACは債務情報を総合的に管理することができるプラットフォームです。

UCACに保管されることになる情報は通貨のタイプ、トランザクション情報、債務状況、返済能力、信用度が主に記録されることになっています。

ブロックメーソンはUCACを使用して様々なアプリケーションを構築することができるように無料でUCACのプラットフォームを公開しています。

このように無料で公開することによって、より高性能なアプリケーションを構築することができるのではないかと考えられています。

Lndrサービスの運用開始

blockmasonは「Lndr」というスマートフォン用のアプリをGoogle、Apple、で提供を開始しました。

Lndrは個人間の債権債務を記録するアプリです。

債権債務というと堅苦しいですが、簡単な貸し借りの記録です

1週間で2万円までの記録が可能です。

例えば友達から5000円借りたとLndrに記録をします。

翌週に友達と食事に行き、そこで返却をするなら、食事当日のレートに合わせた5000円分のETHを送り返すという仕組みです。

複数の友達同士で割り勘をするのにも便利です

今後の仮想通貨の認知拡大や、仮想通貨決済の社会的な受容が広がれば、Lndrの利用も進むでしょう。

非常に将来性を感じるアプリですが、2018年上半期での利用者はまだまだ少ないのが現実です。

ブロックメーソンのチャート・時価総額

引用:https://www.coingecko.com/en/coins/blockmason-credit-protocol

ブロックメーソンは1月には12月の4倍近い値上がりを見せています。全体的な仮想通貨の値上がりにつられて高騰していると考えることができます。

その後仮想通貨の価格が大きく下落しています。しかしその後も3月に入り急騰を見せています。

1月の値上がりほどでは無いですが1ヶ月で2倍の値上がりですので値動きが激しいと考えることができます。その後は値段が下落し価格が落ち着いています。

非常に値動きが激しい仮想通貨になっているのでブロックメーソン単体の開発状況を確認することはもちろんですが外部の動きも非常に大きな要因になると考えることができるので仮想通貨全体の動きに大きく注目しましょう。

ブロックメーソンの開発状況・将来性

引用:https://jp-announcements.blockmason.io/japanese_whitepaper_release/

ブロックメーソンは日本語版のHP・ホワイトペーパーを公開しており英語が苦手な方でもブロックメーソンが目材している方向性が理解できるのでは無いかと思います。

公式HP:https://jp-announcements.blockmason.io/japanese_whitepaper_release/

ホワイトペーパー:https://drive.google.com/file/d/1aVMFy7BZ8xOJQT-zr3331MoSAI0uN09H/view

さらにブロックメーソンは日本のマーケティング会社とも連携をしているので日本に対してのマーケティングに力を入れていることがわかります。

ホワイトペーパーにも記載があるのですが2018年の4半期にはデスクトップアプリの公開や、スマートフォン対応のアプリケーションの公開が予定されています。スマートフォン対応のアプリケーションはすでにリリースされており実際にダウンロードすることができます。

アプリの名前は「Lndr」というアプリケーションとなっています。興味のある方は実際にダウンロードして見てください。

開発状況は見ていただければわかると思うのですが、実際にアプリケーションをリリースしていることから開発は極めて順調に進んでいます。様々な媒体での情報発信も重なっていますので今後の開発状況には注目です。

さらに、

blockmasonは2018年3月18日に新たなロードマップを発表しました。

新たなロードマップによると、Credit Protocol(クレジット・プロトコル)と呼ばれるblockmasonが開発した債権と債務を記録するプログラムを基盤とした利用、提携の促進を図っていくと発表しています。

Credit Protocolをプラットフォームにして様々な事ができるのだと説明しています。Credit Protocolを利用して実現可能になることは

  • 個人間の信頼性を担保した貸し借り
  • 少額融資の実現
  • 低予算でのギフトカードを作成

これらのことは現在のシステムで可能だとされています。

将来的なビジョンとしては下記のことを目指しています。

  • 資金調達の手段を多様化する
  • 医療費の未払い問題を解決する
  • 個人の所有する資産を活用手法の多様化
  • 公共機関をはじめとした支払いの多様化

ポイントとしてはblockmasonはこれれのことを主導して行っていくわけではないということです。

プラットフォーマーとしてblockmasonは存在しています。

ブロックメーソンを購入できる取引所

仮想通貨ブロックメーソンは現在のところ日本国内の取引所では取扱がないため、購入するには海外の取引所を利用する必要があります。

ブロックメーソンを取り扱う主な取引所はこちら

  • Binance

海外の取引所で購入するにしても、まずは国内の取引所でビットコインを購入した後に、送金する必要があるため、国内の取引所の登録は必須です!

まだ、国内取引所の登録が済んでいない方は、以下より簡単に開設が可能です。

「はじめてのビットコイン」では、「GMOコイン」をおすすめしています。

GMOコイン公式へ

まとめ

ブロックメーソンについてまとめると以下のようになります

  • 融資・信販・ローンなどの債務管理がより簡略・低コストで実現する
  • 実際にプロダクトがリリースされている

債権債務の関係をスマートコントラクトに記録するCredit Protocolはマイクロファイナンス(少額金融)をはじめ、金融界全体を次なるレベルへと誘う大きなエンジンになるかもしれません。

債権債務の関係を記録するプラットフォームとしての価値はこれからが本領を発揮する局面です。

世界中のどの企業と連携発表があるのか。

想像する以上の大企業との連携もあり得るのではないかと予測しています。

また、債権債務の記録が蓄積されていき、多くの人々がそれを信用するようになれば、債権の移動だけで決済が完結する仮想通貨の未来をも予見させてくれるパワーがあります。

開発者にもビッグネームが並ぶblockmasonは目が離せない仮想通貨になりそうです。


アルトコイン コイン一覧