【業界初!即時入出金可能】bitFlyerがじぶん銀行と提携

▼おすすめの取引所ランキング

2018年3月28日に仮想通貨取引所の ビットフライヤー がじぶん銀行と連携した「リアルタイム入出金」サービスを開始しました。

リアルタイム入出金サービスは24時間365日bitFlyerアカウントに日本円を入出金することができるサービスです。

通常の入出金は基本的に銀行の営業時間に左右され、反映されるまでに時間のかかるものでした。

今回発表となったじぶん銀行と連携の「リアルタイム入出金」は、そのタイムラグを完全になくすことができ、価格変動の激しい仮想通貨市場に対応できるとして多くのユーザーから注目を集めています。

この記事ではリアルタイム入出金サービスのメリットデメリット利用方法クイック入金との違いをわかりやすく解説していきます。

ビットフライヤー公式へ

bitFlyerの入金システム

リアルタイム入出金とはbitFlyerアカウントに24時間365日即時入金が可能になっているサービスとなります。

仮想通貨トレードをしていると「今すぐ入金して買いたい!」だったり、「今すぐ取引所のお金を出金したい!」なんて思うタイミングがあると思います。

bitflyerには従来よりクイック入金サービスがありましたが、こちらは入金のみ即時可能であり出金は即時に行いえないという欠点がありました。

対してリアルタイム入出金は入金も出金も即時に行うことが可能になっています。

クイック入金

bitFlyerのクイック入金方法は先ほども説明しましたが、24時間365日いつでもbitflyerアカウントに日本円での入金が可能なシステムで、出金には対応していません。

bitFlyerのクイック入金方法は主に3つあります。

  1. セブンイレブン以外のコンビニで入金する
  2. じぶん銀行、イオン銀行、住信SBIネット銀行での入金
  3. Pay-easyでの入金

こちらがbitFlyerのアカウントにクイック入金する方法となります。

リアルタイム入金

一方、リアルタイム入金は現在「じぶん銀行」を利用した場合のみとなりますが、リアルタイムでの入金・出金に対応しています。

非常に混同しやすいですがクイック入金と間違えることのないようにしてください。繰り返しますが現在リアルタイム入出金に対応している金融機関は「じぶん銀行」のみとなります。

リアルタイム入出金のメリット

ここではリアルタイム入出金のメリットを説明します。

銀行営業日に関係なく日本円で取引が開始できる

これこそが非常に大きなメリットでしょう。

仮想通貨取引を一度でもしたことのある方はわかると思うのですが、仮想通貨は値動きが非常に激しいです。

1日で数十倍にもなるような仮想通貨市場は情報を仕入れてから行動するまでの時間で利益率が大きく変化してしまう可能性が大いにあります。そのため、金融機関の営業開始時間を待つ時間はある意味でハンデと言えます。

24時間365日入出金可能なリアルタイム入出金は仮想通貨トレーダーには大きなメリットとなります。

セキュリティが強固で保険がかけられている

bitFlyerは日本国内で取引が行われている仮想通貨取引所の中では非常に強固なセキュリティに守られています。

セキュリティが強固である証拠として、暗号通貨特有のセキュリティ対策や、一般的なWebサービスにおけるセキュリティ対策にはかなり気をつけていることがわかります。

以下の記事にはbitFlyerがどれほど顧客の仮想通貨を保護するために施策を講じているかわかる記事となります。取引所解説を考えている方は是非参考にしてみてください。

先日、コインチェックから約580億円のNEMが流出した事件が起き、大きく世間を騒がせました。 取引所を利用されている方も、今回の事件を機に

セキュリティが強固でなければどれほど早く入出金することができたとしても全く意味がありません。なぜならば自分自身の仮想通貨が盗まれてしまっては全く意味がないからです。

以上のことからリアルタイム入出金はセキュリティ対策も尽力しているbitFlyerが最適であると言えるでしょう。

リアルタイム入出金のデメリット

もちろんメリットがあればデメリットもあります。メリットだけでなくデメリットも理解しておきましょう!

手数料が高くなる可能性がある

リアルタイム入出金クイック入金通常入金
入金手数料324円324円振込手数料実費負担
出金手数料216~432円216~756円

このように手数料は入出金方法によって異なります。

リアルタイム入出金場合は最高で通常入金の出金手数料が数百円程度高くなってしまう可能性があります。

しかし工夫次第では手数料を抑えて取引することができます。

bitFlyerの手数料に関してはこちらの記事をご覧ください。

本記事では、日本最大級の仮想通貨取引所「ビットフライヤー(bitFlyer)」の手数料を比較します! ビットフライヤー(bitFlyer)では、先

対応銀行が一行しかない

bitFlyerのリアルタイム入出金に対応している銀行は「じぶん銀行」の一行しかないため、今後のサービスはじぶん銀行の経営、運営に左右されてしまう可能性があります。

そのため将来的に対応銀行の増加が期待されます。

リアルタイム入出金を利用する方法

それでは早速リアルタイム入出金を利用してみましょう!

簡単な使い方はこちら

  1. ビットフライヤー の講座を開設する
  2. じぶん銀行の口座を開設する
  3. 開設したじぶん銀行の口座をbitFlyerに登録

bitFlyerの登録

まずは ビットフライヤー の登録方法を確認してみましょう。登録方法は以下のような方法になります。

手順が多く感じるかもしれませんが、 ビットフライヤー のHPの誘導に従って登録を進めれば案外シンプル。数日間かかる審査に通過すれば取引が可能になります!

  1. ビットフライヤー にアクセス
  2. メールアドレスを入力して無料口座開設
  3. 登録したメールアドレスの確認メールを認証
  4. SMS認証&二段階認証
  5. 住所生年月日氏名等の基本情報を登録
  6. 本人確認書類(運転免許証、パスポート、etc)を写真でアップロード
  7. 住所確認のはがきが届くのを待つ

以下の解説記事を見ながら実際に操作するのがおすすめ!

ビットコインを持ってみよう! みなさんビットコインの存在はご存知だと思います。 ビットコインに興味があってもどこで購入して売れば良いのかわからない方が多

bitFlyerの登録が完了した方は、「入出金」のページを確認してみましょう。

この入出金画面で「リアルタイム入出金」というタブが追加されました。(画面上部)

このページでじぶん銀行からどれくらいのお金をbitFlyerに送金するのか選択することで即時入金することが可能です。また出金もこちらのページで行えます。

仮想通貨取引をよりスピーディーに行いたい方は ビットフライヤー に登録しておきましょう!

ビットフライヤー公式へ

まとめ

bitFlyerとじぶん銀行のリアルタイム入出金のサービス開始はいかがでしたでしょうか?

仮想通貨自体の進化も日進月歩ですが、取引所の進歩も非常に早いものとなっています。

そのため仮想通貨投資をしたい方は常にアンテナを敏感に持ち続けることが大切です。

bitFlyerについてもっと詳しく知りたい方はこちら

仮想通貨取引所である「 」について徹底解説! 評判・口コミをまとめていきます。 bitFlyerは国内大手の仮想通貨取引所です。

ニュース ビットフライヤー 仮想通貨取引所