「貸仮想通貨」とは?その概要とメリット・デメリットを解説!

▼おすすめの取引所ランキング

日本の仮想通貨取扱業社である GMOコインビットバンク が2018年4月から「貸仮想通貨」サービスを開始するとの発表がありました。

貸仮想通貨は自分が保有している仮想通貨を貸し出し、貸し出した仮想通貨の割合に応じて自身が報酬を受け取ることができるということになります。

本記事では貸仮想通貨の概要・メリット・デメリットを徹底的に解説します。

貸仮想通貨とは

皆さんは銀行に口座を開設していますか?基本的になにかしらの銀行口座を開設していると思うのですが銀行にお金を預けると利子がついてお金が増えます。

貸仮想通貨サービスは、銀行の預金と同じく自分の保有する仮想通貨を取引所に貸すことによって、取引所から利息を受け取ることができるサービスとなります。

利率

仮想通貨を貸し、利息を受け取るというサービス自体元々coincheckでサービスが運営されていました。しかしcoincheckのNEMハッキング事件でサービスが停止されてしましました。

今回はbitbankを例にとって具体的な利率を見ていきましょう。

  • 1BTC以上5BTC未満    3%
  • 5BTC以上10BTC未満    4%
  • 10BTC以上100BTC以下    5%

というような利率になっています。

定期預金では現在1%を超えるような利率の定期預金のプランはほとんど見受けることができないので目を見張るような利率の高さになります。

BTC以外の取り扱い

bitbankの発表では当面の間はビットコインのみの貸仮想通貨の対応になります。しかしその後の声明では

  • リップル
  • ライトコイン
  • モナコイン
  • イーサリアム
  • ビットコインキャッシュ

の対応も予定されています。bitbankは他の取引所と比較して取り扱い手数料が低く抑えられているので今後のサービス拡大に大きな期待があります。

仮想通貨を長期で保有する予定である方はウォレットや取引所に預けておいても基本的に仮想通貨が増えることはありません。ふえないまま寝かせておくよりも貸仮想通貨サービスを使用し仮想通貨を増やしてみてはいかがでしょうか?

ビットバンク公式へ

対応取引所

bitbank

仮想通貨の取引をスタートさせて日が浅い方は ビットバンク の登録をしていない方が多いかもしれません。

bitbankは ビットフライヤー の影に隠れがちですが非常に優れている仮想通貨取扱業者です。

そのためbitFlyerの口座を開設し次の開設講座を迷っている方は是非オススメしたい取り扱い業者です。

  • 手数料0で全ての通貨ペアのトレードが可能(2018年6月30日までのキャンペーン)
  • BTC、ETH、XRP、LTC、MONA、BCHの厳選されたアルトコイン銘柄
  • メディアでの情報発信や技術開発などに積極的で業界内でも評判のいい取引所

手数料0で全ての通貨ペアのトレードが可能

ビットバンク では、すべてのトレード手数料が無料です。他の大手の取引所でも、全てのトレードで手数料が無料の取引所は存在しません。各社主力のサービスは手数料無料で運営していてもそれ以外のサービスは手数料を取っているのです。しかしながら、

» 続きを読む

ビットバンク は全ての通貨ペアにおいて手数料が無料となっています。

期間限定のキャンペーンとのことではありますが、このような良心的な取引所は他にありません。隠れた優良取引所であると言っていいでしょう

BTC、ETH、XRP、LTC、MONA、BCHの厳選されたアルトコイン銘柄

ビットバンク では、ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、モナコイン、ビットコインキャッシュアルトコインをお得にトレードすることができます。仮想通貨にもビットコイン以外にも多くの銘柄が存在しています。中にはビットコインに比べて大きな値段の上昇を期待できるものも存在しています。

ビットコイントレードに慣れてきたら、アルトコイントレードに手を出すというのも仮想通貨投資の醍醐味です。 ビットバンク では、通貨としての性能的にも、投資としての将来的にも非常に有望な厳選されたアルトコイン銘柄が揃っています

昨年12月の時点での、 ビットバンク 銘柄の平均上昇率は196倍でした。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

https://www.newscrypto.jp/articles/2047

メディアでの情報発信や技術開発などに積極的で業界内でも評判のいい取引所

ビットバンク は、BTCNという仮想通貨のメディアを運用しています。ビットコインやブロックチェーンの将来などについて公平な視点からとても質の高い情報発信を行っており、日本における仮想通貨の報道におけるリーディングカンパニーといってもいいでしょう。

また、 ビットバンク は仮想通貨・ブロックチェーンの技術開発にも積極的で、日本の仮想通貨取引所に先立ってsegwitを導入したり、マイクロペイメントを実現するlightning networkの研究開発に取り組んでいます。このようなことから、仮想通貨の業界やネット上でも非常に評判のいい取引所となっています

ビットバンク については、こちらの記事でも詳しく解説してますのでご覧ください。

本記事は仮想通貨取引所である「  」の概要から登録方法・使い方・手数料・評判をまとめていきます。 ビットバンクは他の国内取引所と比べて比較

» 折りたたむ

ビットバンク公式へ

GMOコイン

GMOコイン はスマホでもビットコインのFX取引のできる取引所として、登録しておいて間違いない取引所です。

現在キャッシュバックキャンペーンも実施中です。

  • スマホでできるビットコインFX
  • 仮想通貨の入出金手数料無料
  • もれなく20,000Satoshiキャッシュバックキャンペーン!

スマホでできるビットコインFX

GMOコイン はスマホで快適にビットコインFXができる取引所です。スマホアプリをリリースしている国内取引所は多くありますが、

» 続きを読む

GMOコイン はその中でも使い勝手が非常にいいです。量を決めて値段をポチッと押すだけで注文が完了する、非常に便利なUIですので、スマホでレバレッジトレードを行いたい場合におすすめできます。

仮想通貨の入出金手数料無料!

GMOコイン では、日本円・仮想通貨問わず入出金手数料は無料です!実は、仮想通貨を出金するときの手数料が完全に無料である取引所というのは少なく、国内だと他に見当たりません。

入出金というのはそれほど頻繁に使う機能ではありません。とはいえ、出金手数料無料であれば、とりあえず試してみて合わなかったら他の取引所に送金といったことも可能なのです。

とは言え、手数料が無料、

 日本円(JPY)仮想通貨
入金即時入金:無料
振込入金:振込手数料は個人負担になる
無料
※マイナー(採掘する人)に支払う手数料は個人負担になる
出金無料無料

もれなく20,000Satoshiキャッシュバックキャンペーン!

現在、 GMOコイン に登録するともれなく20,000Satoshiがもらえるキャンペーンが行われています!Satoshiというのはビットコインの最小単位のことです。ビットコインは1BTCより細かい単位に分割することができます。

少し難しくなりますが、具体的には、0.00000001BTC=1Satoshiなので、1BTC = 1200,000円とした場合、1Satoshi = 0.012円程度です。20,000Satoshiは、240円となります。

ちなみにSatoshiというのは、ビットコインを発明したと言われているNakamoto Satoshiという人物の名前から来ています。20,000Satoshiというとなんだか大金のように聞こえますが実際にはそれほど大きな金額ではありません。しかし、仮想通貨の世界へ入るご祝儀としてSatoshiをプレゼントというのもなかなか粋なはからいです。

GMOコイン については、こちらの記事で詳しく解説してますのでご覧ください。

https://www.newscrypto.jp/articles/759

» 折りたたむ

GMOコイン公式へ

貸仮想通貨のメリット

ここでは貸仮想通貨のメリットを説明していきます。是非きちんと理解して投資をしてください。

余剰仮想通貨を貸し出すだけで仮想通貨が増える

bitbankの貸仮想通貨サービスは、自分の長期保有予定の仮想通貨をbitbankに貸し出すだけで仮想通貨が利息分を含めて帰ってきます

現在、相場が回復傾向であるもののまだ最高値を更新できていなかったりと現在仮想通貨を売却するには非常に惜しい時期となります。

そこで取引所においたままにしておくとハッキングの危険性がありますし、ウォレットの秘密鍵を忘れてしまい取り出すことの出来ない可能性があります。

それならば貸し出して自分の仮想通貨を増やしてはいかがでしょうか?

ビットバンク公式へ

GMOコイン公式へ

貸仮想通貨のデメリット

メリットがあるならば当然デメリットも存在します。デメリットもきちんと理解して投資するようにしましょう。

元本割れの恐れ

通常、銀行の定期預金は預けたお金が減る可能性は殆どありません。なぜならば日本円という価値のあるものを預けるからです。

しかし仮想通貨は価格の変動が非常に大きいですそのため大きく値段が動き価値が大幅に上昇していたり下落している可能性もあります。日本円に置き換えて考えることは少し難しいのですが、日本円でいうとインフレとデフレがいつ発生するかわからない状況にあるということです。

さらに貸仮想通貨サービスはJPY、現金で変換されるのではなく1ビットコインでしか返却されません。そのためビットコインの価格に大きく依存することになります。

貸し出し中は売買できない

先ほど値段の動きが非常に激しいリスクがあると説明しましたが、仮想通貨が暴騰する可能性も大いにあります。

そのため急激に値段が上昇している中でも貸仮想通貨サービスを利用している間は売買することができません。売買できずに売り時を逃してしまう可能性もあります。

どうしても売買したい時は解約手数料5%の支払いが必要になっています。これをデメリット捉えるかどうかは人それぞれですが、一つの候補として考えておくと良いのかもしれません。

まとめ

貸仮想通貨サービスはご紹介したようにデメリットこそあるものの、長期保有するつもりの動かさない仮想通貨がある方なら断然お得になるサービスです。

保有額全てだとリスクが高いですが、一部の余剰資産を貸仮想通貨してみるのも良いのではないでしょうか。

ビットバンク公式へ

GMOコイン公式へ


bitbank GMOコイン その他 ニュース 仮想通貨取引所 用語解説