【4月19日海外ニュース速報】Huobi取引所、アジアを超えて拡大、ロンドンへ インドのICIC銀行、250社を国際貿易と金融のブロックチェーンプラットフォームに組み入れ

▼おすすめの取引所ランキング

Huobi取引所、アジアを超えて拡大、ロンドンへ

中国で最大級の仮想通貨取引所であるHuobiはアジア以外の地域に事業を拡大する予定です。

シンガポールに本社を置き、最近韓国に子会社を設立したHuobiはロンドンに事務所を開設する計画を発表しました。

イギリスは仮想通貨における規制が世界的に見て発展しているため、Huobiのこのイギリス進出によって厳しい管轄下に入ることになります。

2013年に設立されたHuobiは、世界で最大級の仮想通貨取引所に成長しました。

Huobiはロンドンの事務所を開設した後、サンフランシスコで事業を開始する予定だということです。

また、韓国の子会社は3月30日に開設が発表され、100の取り扱い仮想通貨が公開されました。

参考サイト:https://www.newsbtc.com/2018/04/18/huobi-exchange-expands-beyond-asia-with-new-office-in-london/

インドのICIC銀行、250社を国際貿易と金融のブロックチェーンプラットフォームに組み入れ

インドの大手銀行であるICIC銀行は国内外の貿易金融取引のために250の企業に業務を委託したことを発表しました。

ICIC銀行は2016年にブロックチェーンのビジネスチャンスを模索し始め、その年の6月にその目的のためにChief Technology and Digital Officer(CTDO)の地位を確立しました。

ICIC銀行のCEOであるChandra Kochhar氏は、ブロックチェーン技術の統合により利害関係者を共通のプラットフォームに導くことによって貿易の文章化を合理化する可能性について言及しています。

その他各国主要銀行でもブロックチェーンベースの事業が計画されており、今月はじめ、スペイン銀行サンタンデールはブロックチェーンベースの決済ネットワークの立ち上げを発表しました。

また、イングランド銀行は3月にリアルタイムでの総額決済(RTGS)サービスがブロックチェーン技術とどのように相互作用できるかを検証するための実験段階であると発表しました。

参考サイト:https://cointelegraph.com/news/indian-icici-bank-enlists-250-corporates-to-intl-trade-and-finance-blockchain-platform

SAFT、トークンセールで28億円の調達

ピアツーピア・サービスのプラットフォームを持つスタートアップのOriginはSAFT(Simple Agreement for Future Token)の販売を通じて28億5000万円を調達したと発表しました。

米国証券取引委員会(SEC)が発表した文書によると、今年1月から4月にかけて190人の投資家がトークンセールに参加したということです。

今後、一般人向けの公開トークンセールも行われる予定であると共同創業者のジョシュ・フレイザー氏は述べました。

参考サイト:https://www.coindesk.com/sharing-economy-platform-origin-raises-28m-in-saft-sale/

IBMとサロンメディア、デジタル広告の透明性をブロックチェーンで解決模索

IBMとサロンメディアはデジタル高校市場の共有台帳技術を開発する非営利の事業団体を発表しました。

「Campaign Reconcillation Project」はブロックチェーン技術を活用して、広告主、出版社、消費者の間の仲介者を簡略化してbot の不正行為やドメインのなりすましのような広告詐欺を防止します。

特に、キャンペーンの調整を対象としたPoC(Proof of Concept)は契約条件、発行者の支払い、共有システムでの契約条件の履行に関する詳細を記録し、普遍で完全に監査可能であると発表しています。

参考サイト:https://cointelegraph.com/news/ibm-and-salon-media-pilot-blockchain-solution-for-digital-ad-transparency

偽のTwitterプロフィールは6種類のアカウントを偽装

仮想通貨系のTwitterアカウントに感染する「青色のチェックマーク」詐欺は先日Vergeのアカウントを偽装していましたが、次はBitfinexの偽装アカウントを作成しました。

このアカウントVergeやBitfinexを含め全6種類のアカウントを青いチェックマークをつけた状態で偽装していたことがわかりました。

アカウントはバナー画像とアバターを削除しましたが、依然として青いチェックマークは消えていなかったとのことです。

参考サイト:https://www.coindesk.com/scam-twitter-account-impersonates-6-crypto-projects-in-3-days/


ニュース 仮想通貨