仮想通貨Bytom(バイトム/BTM)とは?特徴と過去チャート、将来性をまとめ

▼おすすめの取引所ランキング

本記事では仮想通貨Bytom(バイトム/BTM)のプロジェクトについてご紹介します。

BytomはBytomのブロックチェーン上でデジタル資産(仮想通貨等)を発行して転送することができます。

そのため自由度の高い仮想通貨であるということで注目を集めています。

このBytomについて、特徴、過去チャート、購入できる取引所、将来性までをまとめていきます。

<本記事の要約>

忙しい人向け!Bytomとは?

  • デジタル資産と現物資産の融合を目指したコイン

以下のような特徴がある

  • 3レイヤアーキテクチャ (アプリケーションレイヤ、コントラクトレイヤ、データトランスミッションレイヤ)
  • コントラクトレイヤーはgenesis contractとcontract 

Bytomとは

名称バイトム
通貨単位BTM
発行日2017年6月20日
発行上限数1,407,000,000 BTM
取り扱い取引所Huobi
時価総額ランキング30位

Bytomは2017年6月に中国で誕生した仮想通貨であり、比較的に歴史が浅い仮想通貨です。

Bytomは近年注目度が急速に上昇しているブロックチェーン技術の発展の影響を受けて開発が進んでいます。ブロックチェーン技術の発展速度はめざましく、ブロックチェーン技術でデジタル資産を増やす動きが高まってきています。

そこでBytomは自分の持っている法定通貨、原資産と仮想通貨を繋げることのできる仮想通貨です。

Bytomの特徴

まずはBytomの特徴を見て行きましょう。

Bytomの主な特徴はこちら

  • UTXOモデルとの互換性
  • 1つの秘密鍵で管理が可能(HD walletに対応)
  • デジタル資産と現物資産の結合

それでは一つずつ確認していきましょう。

(1) UTXOモデルとの互換性

まずUTXOモデルについて理解を深めましょう。UTXOとはUnspent Transaction Outputという意味で日本語訳すると「未使用トランザクションの出力」という直訳になります。

UTXOとはUnspent Transaction Outputの略で「未使用のトランザクションの出力」と訳せます。UTXOの正体はコインそのものであり、現実世界の現金と同じようなものとして考えられます。現実の財布でも、銀行口座(=残高を直接記録するアカウントベースの管理システム)のように一目で見て残高が分かるわけではなく、一個一個のコインやお札を数えないと合計の残高は分かりません。ただし、UTXOは勝手に盗まれては困るので、現金とは異なりパスワード(=秘密鍵)を知る所有者以外使えないように、所有者(アドレス)情報も付加されています。

ビットコインにおけるトランザクション(=取引データ)は入力(Input)と出力(Output)の二つから構成されています。有効なトランザクションであるためには、①入力にはUTXOとそのUTXOに対応する(秘密鍵から作成される)署名が含まれなければならない②出力部分の合計のコイン量は入力部分より少なくなければならない、という二つの条件が主にあります。①は所有者以外がコインを消費するのを防ぐためであり、②は自分が持っている以上の量のコインを消費できないための当然のルールです。

出典:http://www.jpbitcoinblog.info/entry/20161228/1482855874

このように仮想通貨を使用して送金する際には多くのステップが我々の目の見えないところで処理されています。

その中でBytomは3つのステップを踏み仮想通貨を送金し他の仮想通貨と連携をとっています。

(2) 1つの秘密鍵で管理が可能(HD Walletに対応)

仮想通貨の取引をしている方は様々なウォレットを持っていると思います。

この記事ではオンラインウォレット、オフラインウォレットのそれぞれに関して、ランキング形式でおすすめのウォレットを紹介します。 セキリュティや使いやすさを考

ウォレットは仮想通貨を保管するためには適していますが、秘密鍵の紛失という非常に大きいリスクがあります。秘密鍵を紛失してしまうとそのウォレットに入っている仮想通貨全てを失ってしまう可能性があります

所持している通貨の種類が増えれば増えるほど管理しなければならないウォレットの秘密鍵が増えてしまいます。もちろんその分、通貨を紛失するリスクも高まります。

そのように仮想通貨投資を続けていくと多くの秘密鍵を管理することになってしまいますが、Bytomは一つの秘密鍵を所有するだけでウォレットを管理することができるようになっています

秘密鍵を一つにすることによって紛失の恐れがなくなります。

(3) 中国の暗号標準技術を採用

Bytomは、中国の国家標準の暗号化規格である、SM2 楕円曲線暗号とSM3 hashアルゴリズムを採用しています。

(4) ODINによるアセットの命名規則

BytomはODIN (Open Data Index Name) を採用することでネットワークとブロックチェーンを超えてユニークなアセットの命名を実現しています。ODINではblockchainのheightを利用することで命名の衝突を回避しています。

(5) AI ASIC-chipsと親和性の高いASICアルゴリズム

AI ASIC-chipsと親和性の高いPOWアルゴリズムを採用しています。イーサリアムやモネロのような新しいコインはASIC耐性を持っていることが多いのですが、BYTOMは、ASICを利用してマイニングを行うことが可能です。

(6) クロスチェーンのトランザクションをサイドチェーンを利用して実現

他のブロックチェーンのアセットを操作するために、開発者は他のブロックチェーンの縮小版をサイドチェーンとして作り出すことができます。Dapp開発者は他のブロックチェーンの活動を確認することでsmart contractのAPIコールを再現することができます。

(7) 準 Segregated Witness デザイン

BYTOMの設計によると、たくさんの種類のアセットをクロスチェーンで交換することが想定されています。BYTOMではデータ管理と台帳の同期を独立させる方法を採用しています。これにより、柔軟性を高め、コントラクトのサポートと将来のオフチェーン処理を実現します。

(8) Enhanced Trading Flexibility

イーサリアムのアカウントモデルと異なりBYTOMのUTXOモデルは、一つの未使用outputが一つのトランザクションによって構成されるようになっています。これによりBYTOMはEthereumに比べて軽量にトランザクションを捌くことができます。

Bytomのチャート・時価総額

引用:https://coinmarketcap.com/currencies/bytom/

Bytomは公開された直後には大きく値上がりをしているのですが、その後多きく値段を落としています。その後値段が上昇せず横ばいの状態が続きました。

しかし12月〜1月に入り仮想通貨バブルが到来した影響で非常に大きく価格を伸ばしました。その後値段を上昇する前の水準に戻したのですが、3月に入り大きく値段を伸ばしています。

現在、仮想通貨バブル時よりも値段を伸ばしていて非常に大きな注目を集めている仮想通貨です。

Bytomの開発状況・将来性

引用:https://bytom.io

こちらがBytomの公式HPになります。

Bytomは多くの仮想通貨と同じく基本的に英語での情報発信がメインとなります。

引用:https://bytom.io

こちらはBytomのロードマップです。

開発状況は非常に早いペースで進行しているようです。GitHubは何らかの形でほぼ毎日更新されています。SNSはツイッターで情報発信をしているので注目しておくと良いかもしれません。

Githubには、独自の方法でアセットを定義して送信する方法がかかれています。興味のある方は実行してみるといいでしょう。

Bytomを購入できる取引所

仮想通貨Bytomは現在のところ日本国内の取引所では取扱がないため、購入するには海外の取引所を利用する必要があります。

Bytomを取り扱う主な取引所はこちら

  • Huboi

ただし、海外の取引所で購入するにしても、まずは国内の取引所でビットコインを購入した後に、送金する必要があるため、国内の取引所の登録は必須です!

まだ、国内取引所の登録が済んでいない方は、以下より簡単に解説が可能です。

「はじめてのビットコイン」では、「bitbank」をおすすめしています。

ビットバンク公式へ

*bitbankの詳細についてはこの記事をご覧ください。

本記事は仮想通貨取引所である「 」の概要から登録方法・使い方・手数料・評判をまとめていきます。 ビットバンクは他の国内取引所と比べて比較

まとめ

Bytomについてまとめると以下のようになります

  • デジタル資産と現物資産の融合

イーサリアムとは異なるスタンスでアセット管理を実現する通貨です。

現在値段が急上昇しているのでこの機会にきちんと理解しておきましょう。


アルトコイン コイン一覧 仮想通貨