ブロックチェーンを用いたITコンセプト店舗の実証実験、台湾で開始

▼おすすめの取引所ランキング

台湾の全家便利商店股份有限公司と富士通が提携しました。(全家便利商店股份有限公司はファミリーマートを運営)

ロボットやブロックチェーンなどのデジタル技術を活用した実証実験を開始し、店舗への集客向上および店員の業務負荷軽減を目指しています。

ブロックチェーンとは

忙しい方向け!ブロックチェーンとは? ブロックチェーンとは、一言で言えば新しいネットワークシステム ブロックチェーンの特徴は「非中央集権

実験ではブロックチェーン技術を用いたスタンプラリー、3Dカメラ付きの入店カウンターによる来店客数の把握、POSレジと連携した電子棚札の自動更新を実施しました。作業プロセスの最適化や運営コスト削減の有効性を検証しました。

さらにコミュニケーションロボットの「ロボピン」による店舗案内や「FlowSign」という専用アプリをダウンロードしたスマートデバイスを対象物にかざすことで関連情報を取得できるサービスで新たな顧客体験の提供を目指しています。

ロボピン

富士通のコミュニケーションロボットである「ロボピン」は「お客さまとの円滑なコミュニケーションの実現」「接客・商品案内による業務の効率化」「無人店舗での実用化」を目指しています。広島銀行でも実証実験されたりと先進的なサービスに向けてさらに進出していくでしょう。

FlowSign

「FlowSign」は映像にリンク情報を埋め込み、スマートデバイスを映像にかざすだけでユーザをリンク先へ誘導することの出来るサービスです。
ユーザは興味のある映像に対し、専用アプリをダウンロードしたスマートデバイスをかざすだけで、映像コンテンツに関連したサイトに直接つながり、そのままサイトの閲覧またはサイト上のサービスを利用できる、直感的かつ便利で新しい情報取得スタイルを体感できます。

今後の展開

ソリューションの機能強化や多店舗への横展開を検討していてデジタル技術を活用した次世代店舗のモデル作りを推進し、AIや静脈認証などに取り組んでいくことを検討しています。

台湾ではさらにセブンイレブンが無人コンビニを設置したりとITの活用によって人手不足や作業の効率化を狙う流れがあります。台湾2強のファミリーマートとセブンイレブンは次世代店舗オープンに向け力をさらに入れていくでしょう。


ニュース