仮想通貨Decred(ディークレッド/DCR)とは?特徴と過去チャート、将来性まとめ

▼おすすめの取引所ランキング

本記事では仮想通貨Decred(ディークレッド/DCR)についてご紹介します。

Decredは自律的なデジタル通貨として誕生したコインです。意思決定をユーザーの投票によって行う今後注目のアルトコインです。

このDecredについて、特徴、過去チャート、購入できる取引所、将来性までをまとめていきます。

<本記事の要約>

忙しい人向け!Decredとは?

  • 投票によって開発方針を決められる
  • 異なる仮想通貨で他の人と直接取引できる
  • 世界中の誰でもプロジェクトに参加可能

Decredとは

通貨名Decred(ディークレッド)
総発行数725万枚
リリース2016年2月8日
公式サイトhttps://www.decred.org/
公式Twitterhttps://twitter.com/decredproject

Decredは先ほども紹介した通り、投票によって意思決定できるシステムがあります。これにより利用者のガバナンスを向上させた仮想通貨となっています。

Decredの特徴

まずDecredの特徴を見ていきましょう。

Decredの主な特徴はこちら

  • PoWとPoSのハイブリッドシステム
  • 異なる仮想通貨で他の人と直接取引できる
  • スマートコントラクトなどの機能を実装予定

PoWとPoSのハイブリッドシステム

DecredのコンセンサスアルゴリズムはProof of Work(PoW)Proof of Stake(PoS)のハイブリッドシステムを利用しています。

そしてPoSの投票システムを利用し、投票によってDecredの運営方針を決めることができる仕組みになっていますDecredの保有者の意見が運営に反映されることで公平性を保つ目的があります。

「革新的で自律的なデジタル通貨」と言っているように、「投票」で保有者の意見を反映できる仕組みからコミュニティー全体でDecredを作っていることがわかります。

コンセンサスアルゴリズムとは?

「PoW・PoS・PoI」 仮想通貨取引をやっていると必ず出会うこの用語たち。 分からないけど見て見ぬ振り…なんてしていないでしょうか?

異なる仮想通貨で他の人と直接取引できる

アトミックスワップと言い、ブロックチェーン上で異なる仮想通貨で他の人と直接取引することのできる交換システムです。

他の通貨であれば異なる仮想通貨を取引する際には取引所を間に挟まなければならず手数料がかかってしまいます。しかしDecredならアトミックスワップの達成によって直接取引を可能にしました。

状況に応じて他の仮想通貨に直接変えることができるため非常に便利なシステムと言えます。

アトミックスワップとは?

この記事では仮想通貨で今話題のアトミックスワップについての仕組みや特徴を徹底的に解説していきます。 アトミックスワップとは取引所などの第三者を仲介

スマートコントラクトなどの重要機能を実装予定

Decredは「スマートコントラクト」「ライトニングネットワーク」などの重要機能を実装予定です。

特に、ライトニングネットワークを実装することでスケーラビリティ問題の解決を目指しています。

このような機能を実装することで、マイクロペイメントに適応した決済機能や、それだけでないスマートコントラクトを実行できる基盤として幅広く活用されるでしょう。

スマートコントラクトとは?

「イーサリアム」を調べていると必ず出会う言葉、「スマートコントラクト」 実はこれ、イーサリアムやその他の仮想通貨を理解するためにも重要な概

ライトニングネットワークとは?

仮想通貨取引をしていると一回は聞いたことはある、 ライトニングネットワーク 一体どういった技術でしょうか? 今回はライ

Decredの過去チャート推移・時価総額

引用:https://coinmarketcap.com/currencies/decred/

4/25現在1DCR=73.70$(日本円で約7950円)となっています。

4/1が37.66$だったことから3週間近くで2倍弱値を上げていることがわかります。

大きな価格変動は2018年1月の高騰がありますが、これは仮想通貨市場全体の値上げに伴ったものと推測されます。

Decredの開発状況・将来性

現在、今後の目標として以下のことが述べられていました。

  • 開発資金の分散管理
  • ライトニングネットワークのサポート
  • プライバシーの強化

この中でも特にライトニングネットワークが実装される予定なのが注目です。

ビットコインに使われるライトニングネットワークは送金スピードの向上、手数料の削減、スケーラビリティ問題への対策を行うことができます。実装されればDecredの価格が上がっていくことが予想されます。

スケーラビリティ問題とは

仮想通貨やビットコインを勉強し始めるとよく聞く「スケーラビリティ問題」。 これはビットコインの将来性を大きく左右する問題だと言われ

Decredを取り扱う取引所

仮想通貨Decredは現在日本国内の取り扱いがないため、購入するには海外の取引所を利用する必要があります。

主な取引所は以下の通りです。

  • Bittrex
  • poloniex
  • Upbit

UpbitはBittrexとも提携している韓国の取引所ですが、現在韓国在住者しか利用することができない取引所であるため購入することができません。

海外の取引所で購入するにしても、まずは国内の取引所でビットコインを購入した後に、送金する必要があるため、国内の取引所の登録は必須です!

まだ、国内取引所の登録が済んでいない方は、以下より簡単に開設が可能です。

「はじめてのビットコイン」では、「GMOコイン」をおすすめしています。

GMOコイン公式へ

まとめ

  • 投票によって開発方針を決められる
  • 異なる仮想通貨で他の人と直接取引できる
  • 世界中の誰でもプロジェクトに参加可能

利用者の意見を取り入れることのできる仕組みで公平性の高い仮想通貨となります。

Decredは国内取引所での取引はまだできませんが、今後期待できる仮想通貨となるのではないでしょうか。


未分類