海外取引所Huobi(フォビー/フオビ)の登録方法・使い方【画像で解説】

▼おすすめの取引所ランキング

今回は仮想通貨の取引所Huobi(フォビー)について紹介していきます。

現在シンガポール、韓国、日本、アメリカに取引サービスセンターが設置されていて、アジアを中心に130国以上の国で取引されています。

Huobiは取引所でもOKEx、Binanceについで3位となっている大きな取引所となっています。(5月14日現在)

※イメージ

Huobiについて

名称Huobi(フォビー)
運営会社Huobi
信用取引(レバレッジ)あり
日本語対応あり
現物取引手数料0.2%
セキュリティ2段階認証
取引ツールpc・スマホ版web、アプリ
公式サイトhttps://www.huobi.pro/ja-jp/

Huobiはアジアを中心に拡大している仮想通貨取引所で、日本語に対応した公式ホームページもあります。しかし、全てが日本語に対応しているわけではなく中国語表記のみのページも存在します。

仮想通貨の規制の厳しいイギリスにも進出する発表をし世界にさらに拡大する模様です。

98%の資産をコールドウォレットで管理しているため強固なセキュリティを持ち安心して利用することができるのではないでしょうか。

Huobiの取引銘柄

現在取引できる通貨は以下のようになっています。

・ACT・ADX・AIDOC・APPC・AST
・BCD・BCH・BAT・BCX・BIFI・BTC・BTG・BTM・CHAT
・CMT・CVC
・DASH・DAT・DBC・DGD・DTA
・EKO・ELA・ELF・EOS・ETC・ETH・EVX
・GAS・GNT・GNX
・HSR・HT
・ICX・IOST・ITC
・KNC
・LET・LINK・LUN・LTC
・MANA・MCO・MDS・MEE・MTL
・NAS・NEO
・OCN・OMG・OST
・PAY・POWR・PROPY
・QASH・QSP・SQTUM・QUN
・RCN・RDN・REQ・RPX・RUFF
・SALT・SBTC・SMT・SNT・SOC・SRN・STK・STORJ・SWFTG
・THETA・TNB・TNT・TOPC・TRX
・USTD
・VEN
・WAX・WICC
・XEM・XRP
・YEE
・ZEC・ZIL・ZLA・ZRX

以上96種類となっています。(5月14日現在)

通貨の上場スピードが他の取引所と比べても早いという特徴を持っています。

Huobiでしか取引できない銘柄も存在し、あまり知られていない隠れた仮想通貨を購入できる可能性があるのではないでしょうか。

Huobiのメリット

レバレッジ取引可能

Huobiはレバレッジ取引を可能にしています。

まずレバレッジについて簡単にまとめます。

レバレッジとは:

レバレッジは「てこ」という意味でまさに「てこ」のように小さな力を大きな力に変える様なことが取引の現場でも起こります。

大きな利益を上げることができるのですが、逆に大損失する可能性もあります。

レバレッジ取引はハイリスクハイリターンであるといえます。

Hunobiではレバレッジ専用の口座が「賃借口座」という形でよういされています。

レバレッジが最大3倍でせっていされています。

Huobiで行われるレバレッジ取引で扱っている仮想通貨は11種類あります。

  • ETH
  • BCH
  • XRP
  • LTC
  • DASH
  • EOS
  • ETC
  • OMG
  • ZEC
  • QTUM
  • HSR

レバレッジ取引を行う際にはHuobiの登録とHuobi内にBTCを入金しておく必要があります。

Huobiは日本金に対応していないためBTCを購入する必要があります。

海外の取引所で購入するにしても、まずは国内の取引所でビットコインを購入した後に、送金する必要があるため、国内の取引所の登録は必須です!

まだ、国内取引所の登録が済んでいない方は、以下より簡単に開設が可能です。

「はじめてのビットコイン」では、「GMOコイン」をおすすめしています。

GMOコイン公式へ

銘柄の多さ

ビットコイン(BTC)や(ETH),リップル(XRP)など代表的なコインを買うことができるだけでなく、さらに96種類もの仮想通貨を豊富に取り扱っています。

海外で眠っている隠れた仮想通貨を求めに、BinanceからHuobiに流れた人もいるほどです。

日本ではまだ利用者は低い状態ですが、今後さらに取り扱いが増えていくのではないでしょうか。

独自のHuobi トークン

Huobiでしか買えない独自トークンHT(Huobi トークン)があります。BinanceのBNB(バイナンスコイン)のように取引所の独自トークンは今後注目できるのではないでしょうか。

HTトークンは手数料が最大50%オフになるシステムがあります。さらにHTトークンを持つことでプロジェクトに投票できるシステムもあります。Huobiを利用するのであればHTトークンを持っていてもいいのではないでしょうか。

Huobiのデメリット

手数料

Huobiは他の取引所と比べると手数料が少し高いと言えます。

ビットコインに関してですが、ビットフライヤーが0.01%~0.15%、Binanceが0.1%なのに対してHuobiは0.2%とやや高いです。

国内、国外ともに比べてみても一般的、またはそれ以上と言えましょう。

日本語対応ページ

公式のページやアプリは日本語に対応していますが、翻訳がうまくなされていなかったり、日本語でないページがでてくることもあります。

日本語の利用者が増えていけば改善する問題であると考えられますが、現段階ではそのようなページも存在しています。

登録方法

今回は日本語に対応したアプリの登録方法を紹介します。

ios版はこちら

android版はこちら

app storeより引用

1. まずはじめにアプリケーションをダウンロードします。

下の新規登録を選択しましょう。

Huobi公式アプリより引用

2.地域とメールアドレスを登録します。

地域は1度設定すると変更することはできないので注意が必要です。

Huobi公式アプリより引用

3.セキュリティ認証を行います。箱のマークを+の場所へ移動させます。

Huobi公式アプリより引用

4.セキュリティ認証が終わると登録したメールアドレスに6桁の認証コードが届きます。その数字を入力します。

Huobi公式アプリより引用

5.パスワードを入力します。8~20文字の間で登録を行います。数字のみの登録はできません。

Huobi公式アプリより引用

6.以上で登録は完了です。ログインするとこの画面に取引やチャートを閲覧することができます。

登録までは3分ほどで完了しました。シンプルでとてもかんたんです。

認証はログイン毎にメールに届く6桁の数字を打ち込む方法と方法と顔認証する方法2種類あり選ぶことができます。

まとめ

Huobiは要約するとこのような取引所です。

  • 独自通貨を持っている
  • 日本語に対応した海外取引所
  • レバレッジ取引可能

とてもシンプルで見やすい公式ページで、アルトコインの種類が豊富であるHuobi。今後日本語に対応した取引所であるため利用する人が増えていき注目の取引所と言えるのではないでしょうか。


仮想通貨取引所