【5月19日海外ニュース】アリババCEOのジャック・マー「ブロックチェーンはバブルではない」・アップル共同設立者スティーブ・ウォズニアック、仮想通貨を称賛

▼おすすめの取引所ランキング

アリババCEOのジャック・マー「ブロックチェーンはバブルではない」と発言

中国のEコマース巨大企業であるアリババを創業したジャック・マー氏は16日、天津で開かれた第2回世界情報カンファレンスで「ブロックチェーン技術はバブルではないが、ビットコインはバブルだ」と発言しました。

マー氏は、長年にわたりブロックチェーンを研究してきたと述べ、「ビックデータの時代」において、政府や企業、個人を含むあらゆるレベルのデータプライバシーとセキュリティの問題にブロックチェーンが対処できることを強く信じていると語っています。

参考サイト:https://cointelegraph.com/news/e-commerce-giant-alibabas-jack-ma-says-blockchain-is-not-a-bubble-bitcoin-is

アップル共同設立者スティーブ・ウォズニアック、仮想通貨を称賛

アップルの共同設立者スティーブ・ウォズニアック氏が、初めて仮想通貨とブロックチェーンについて前向きなコメントを述べた。

オーストリアで開催されたデベロッパー会議で、ウォズニアック氏はブロックチェーンを素晴らしいアイデアと称賛した。

「ブロックチェーンは起こりつつある次のIT革命だ」

多くの分野で有用なブロックチェーンアプリが登場していることから、同氏は前向きに評価したという。10年以内に仮想通貨とブロックチェーンはポテンシャルを完全に発揮するとの考えを述べました。

参考サイト:https://cointelegraph.com/news/steve-wozniak-bitcoin-and-blockchain-will-achieve-full-potential-in-a-decade

ドイツ第2位の証券取引所、仮想通貨取引アプリを今秋にリリースへ

1000億ドルの取引高を持つといわれているドイツ第2位の規模を誇る証券取引所、ベールゼ・シュトゥットガルトは17日、手数料無料の「バイソン」と呼ばれる仮想通貨取引アプリをリリースすると発表しました。

バイソンはリリース時、ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップルの4種類の仮想通貨の取引に対応するとしています。

また、バイソンのプラットフォームは、人工知能(AI)データ分析ツール「クリプトレーダー」をユーザーに提供する予定です。

共同開発を進めるフィンテック・スタートアップのゾーワ・ラブスの取締役であるウーリ・スパンコウスキー氏は、バイソンについて「従来型の証券取引所によって運営される世界初の仮想通貨アプリだ」と述べています。

参考サイト:https://cointelegraph.com/news/germanys-2nd-largest-stock-exchange-to-launch-zero-fee-crypto-trading-app

中国のASICメーカーのビットメイン、AIを次の柱に 中国の仮想通貨禁止受け

中国の仮想通貨規制を巡っては、昨年秋にイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を禁止し、今年1月には「取引所に類するサービス」を禁止、さらに2月には海外の仮想通貨取引所もブロックして禁止しています。

中国のASICチップメーカーであるビットメインは、このような中国での最近の仮想通貨禁止の動きを受け、代替の収益源として人工知能(AI)に目を向けているようです。

「人工知能は多くの計算力を必要とするため」、ASICメーカーの代替オプションとなるのは自然なことだ」と述べました。

今年2月末、創業わずか4年のビットメインの17年の営業利益が30~40億ドルの間であることが報じられています。

参考サイト:https://cointelegraph.com/news/chinese-asic-manufacturer-to-turn-to-ai-in-case-of-stricter-govt-regulation


ニュース