【連載】初心者のための仮想通貨ガイド 第1回: ビットコインってなに?!

▼おすすめの取引所ランキング

この連載では、近年話題のビットコインについて「知識ゼロ・経験ゼロ」からでも理解できるように解説していきます。

基本的な概念やシステムの解説、ビットコインの使いみち、はじめ方など、順序立てて少しずつ解説しますので、何度も読み返しながら理解を深めていってくださいね。

さて、連載第一回となる今回のテーマは「ビットコインとは」です。
そもそも仮想通貨とは何なのかというところから、ビットコインの特徴まで解説を進めていきます。

「仮想通貨とかビットコインって、名前は聞いたことあるけど何だか分からない…」という方は要チェックです!

仮想通貨とは

まずは、そもそも「仮想通貨」とは何なのかについて見ていきましょう。

仮想通貨とは、簡単に言うとインターネット上で自由に送受信できるお金のことです。

インターネットが普及した現代において、新しい送金や決済の手段として注目されています。

仮想通貨を使ったお金のやり取りには、ひとりひとりに割り当てられたアドレスを使います。Eメールのように相手のアドレスに対して送金することで、簡単に決済が完了します。

なおこのアドレスの入力はQRコードによって済ませることができるため、一瞬で決済手続きを完結させることができます。

仮想通貨電子マネーとの違いについて

SuicaやPasmoに代表される電子マネーは、事前に日本円などの通貨をチャージして使うものです。つまりあくまで「前払い」のようなシステムなわけです。

ご存知の通り個人間のお金のやり取りには使えず、あくまで決済システムを導入された場所でしか使うことはできません。

一方仮想通貨は、日本円などの通貨を使って購入するものです。海外旅行の際に日本円を使ってドルやユーロを買う感覚に似ていますね。

つまり「両替」のようなプロセスを経て入手するひとつの通貨ですから、個人間のお金のやり取りにも使うことが可能になるわけです。

仮想通貨が今以上に普及してくると、店舗や公共施設での決済にも利用することができるようにもなりることでしょう。各種仮想通貨は日本円とはそもそも違う通貨であるという点が、電子マネーとは大きく異なる点だと言えます。

ビットコインとは

さて、それでは今回のメインテーマである「ビットコイン」について見ていきましょう。

現在世界中に1,500種類以上もあると言われている仮想通貨。その中にビットコインも含まれます。

ビットコインの最大の特徴は、世界初の「分散型ネットワーク」を活用した仮想通貨だという点にあります。「分散型」は「中央集権型」と相対する仕組みで、特定の個人や団体、国家の影響を受けない構造になっています。

ビットコインの全ての取引は、全世界に履歴が公開されています。これによって互いに不正な取引がないかどうか監視しているというわけです。

現在流通している仮想通貨のほとんどはこの仕組みを活用したものですので、これについてはもう少し掘り下げてみましょう。

仮想通貨のデータはあくまでネットワークのシステム内で管理されており、個人が持っているのは「仮想通貨のデータ」ではなくただの「アドレス」に過ぎません

ネットワーク上では「どのアドレスにどのくらいの仮想通貨が割り当てられているか」についての情報が管理されており、送金などの取引において個人は「自分のアドレスに割り当てられた仮想通貨を他のアドレスに割り当てる」という行為をおこなっているわけです。

秘密鍵電子署名

上記のような場合において、自分のアドレスから残高を動かすという要求をネットワークに投げるために、その要求がアドレスの持ち主本人からのものであるという証明をしなければなりません。

そのために使われるのが「秘密鍵」と呼ばれるものです。

これは自分のアドレスを管理するためのパスワードのようなもので、アドレスの持ち主本人だけが知り得る情報です。

これを利用して電子署名と呼ばれる秘密鍵を持った本人しか作成できない情報を付与した要求を送信することで、それが本人による要求であるということをネットワーク上に示すことができるのです。

また、このネットワーク上で機能する仕組みとして「ブロックチェーン」と呼ばれる技術もビットコインと密接な関係を持ちます。

こちらについては詳しい解説記事がありますので、下記のリンクからご覧ください。

▼ブロックチェーンとは?
忙しい方向け!ブロックチェーンとは? ブロックチェーンとは、一言で言えば新しいネットワークシステム ブロックチェーンの特徴は「非中央集権

まとめ

最近話題の仮想通貨やビットコインについて、少しでも理解を深めていただけたでしょうか。

仮想通貨は、国や銀行によって管理されるわけでなくブロックチェーンの自律分散的なネットワークによって運用されるというこれまでにない面白い特性を持っています。

現状の仮想通貨は投資や投機がメインですが、それ以外にも国際送金や決済などに広く使われる可能性があります。

次回の記事では、そういった実用的な仮想通貨の使い方についてご紹介する予定です。

単なるお金儲けの手段としてだけでなく、将来的に仮想通貨が社会にもたらす影響について解説できたらと思いますので、お楽しみに!


その他 ビットコイン