仮想通貨GameCredits(ゲームクレジット/GAME)とは?特徴と過去チャート、将来性をまとめ

▼おすすめの取引所ランキング

仮想通貨GameCredits(ゲームクレジット/GAME)ブロックチェーンの技術を導入してゲームの普及を目指している通貨です。

GameCreditsゲームの中で利用できる仮想通貨で、ゲームの中で使用できるアイテムはもちろん、ゲームそのものを購入することも可能です。

また、GameCreditsを導入しているゲームであればどんなゲームでも共通して仮想通貨GAMEが使用できます

この仕組みはゲームをプレイする人だけでなく、ゲームを作成する人にも利益が出るように考えられています。それはどのような仕組みなのでしょうか?

本記事ではそんなGamecreditsについて、特徴、チャート、将来性などをまとめていきます。

<本記事の要約>

忙しい人向け!GameCreditsとは?

  • ゲーム間共通通貨を目指している
  • APIを公開しているためゲーム開発者は誰でも利用できる
  • 実際の開発が遅いところが懸念点

GameCreditsとは?

名称GameCredits
通貨単位GAME
発行日2014年9月
発行上限数840000000GAME
時価総額得ランキング163位

(2018年5月現在)

GameCreditsはオンラインゲームにて使用することのできる仮想通貨で、これを利用してゲームの購入、アイテム課金をすることができます。

このGamecreditsはゲーム界の共通通貨を目指しています。

共通の通貨が登場すれば、わざわざ各会社の決めているポイントやゲーム内通貨を購入する手間が省かれてユーザーにとって利用しやすい環境になります。

同じ系列の仮想通貨としてMobileGoという通貨が存在しますが、このMobileGoはGamecreditsの関連事業としてスタートしました。

MobileGoはモバイルゲームに特化したプラットフォームで、Gamecreditsとの共通点も多いプロジェクトです。

最近では「仮想通貨×ゲーム」を目指した仮想通貨が多く誕生しています。 その中でも多額の開発資金を世界中から集め、モバイルゲームに特化した「MobileGo

GameCreditsの特徴

それではGameCreditsの特徴をひとつずつ見ていきましょう!

GameCreditsの主な特徴はこちら

  • ゲーム間共通通貨を目指している
  • ゲームクリエイターとユーザーを繋ぐ
  • ブロックチェーンによる管理

ゲーム間共通通貨を目指している

Gamecreditsはありとあらゆるゲームにおいて共通通貨になることを目指している仮想通貨です。

ユーザーは事前に買っておいた仮想通貨GAMEでゲーム内決済が可能です。

さらに他のゲーム用に買ったGAMEが別のゲームでも利用できるという点は非常に利便性が高いと言えます。

これは仮に一つのゲームがサービスを終了しても、他のゲーム内での使用や投資先として保有することが可能なのです。

ゲームクリエイターとユーザーを繋ぐ

Gamecreditsは課金システムのAPIを公開しています。

つまり、ゲームの開発者にとっては課金のプログラムを1から構築する必要が一切なくなります

この課金システムがオープンソースであるだけでも、開発者としてはその労力をゲームのクオリティを上げることに使えるようになります

Gamecreditsは共通通貨を目指して、ゲーム開発者にとっても導入しやすい環境を提供しているのです。

GameCreditsは非常に取引速度が早いので実際に送金するときにストレスを感じることなくゲーム内でのコンテンツ購入をすることができます。

クリエイターも簡単にサイトUIに組み込むことができる送金の早い通貨であればゲームの中に組み込むインセンティブが強く働きます。

ブロックチェーンによる管理

GameCreditsは購入した履歴や、アイテムに課金した履歴をブロックチェーン上に残しています。

ブロックチェーンは改ざんが不可能な技術であるためゲーム内で獲得したアイテム、コンテンツは安全に管理されます。

GameCreditsのチャート・時価総額

引用:https://coinmarketcap.com/currencies/gamecredits/

GameCreditsは2014年にプロジェクトがスタートしていますが、しばらくは殆ど注目を集めていませんでした。

しかし2017年に入って仮想通貨全体の値段が急騰しているので、その波に乗り大きく価格を伸ばしました。しかしバブルの崩壊に合わせて大きく値段を下げています。

次に2018年に2度目の値段高騰を見せていますが、これは新しいゲームのリリースが期待され値段を伸ばしました。現在は価格を下げています。

GameCreditsの開発状況と将来性

引用:https://gamecredits.com

こちらがGameCreditsのロードマップとなります。

現在は2018年ですが、2017年までしか開発状況の説明がありません。公式HPを見ていただければわかるのですが、いまだに完成していないプロダクトが非常に多いです。

他にも大きな問題点があります。「ホワイトペーパーがない」ことです。

このプロジェクトを通して何を実現したいのかは公式HPに書いてあるのですが、ホワイトペーパーとしてまとめることは最低限運営がやらなければならないことで、これを用意していないと説得力がありません。

さらに開発が遅いため、実際にアイデアが実現されません。

通貨自体の値段は上昇していますがゲームのリリースも遅いため、今後の開発状況に注視しなければなりません。

GameCreditsを購入できる取引所

現在GameCreditsを取り扱っている国内の取引所はありませんので海外の取引所で取引する必要があります。

主な海外取引所はこちら

  • Bittrex
  • Poloniex
  • BTC BOX

海外の取引所で購入するにしても、まずは国内の取引所でビットコインを購入した後に、送金する必要があるため、国内の取引所の登録は必須です!

まだ、国内取引所の登録が済んでいない方は、以下より簡単に開設が可能です。

「はじめてのビットコイン」では、「GMOコイン」をおすすめしています。

GMOコイン公式へ

まとめ

GameCreditsをまとめるとこのようになります。

  • ゲーム間共通通貨を目指している
  • APIを公開しているためゲーム開発者は誰でも利用できる
  • 実際の開発が遅いところが懸念点

ゲーム間での共通通貨を目指している通貨となりますが、実際にプロダクトの開発状況が遅い、ホワイトペーパーがないなど将来性が非常に不安になる通貨です。

実現されたら今後のゲーム業界を大きく変化させる可能性があります。今後のGameCreditsの持つポテンシャルに期待しましょう。


アルトコイン コイン一覧