ビットコインの神【ロジャ・バー】発言まとめ

▼おすすめの取引所ランキング

ビットコインの神/キリスト(Bitcoin Jesus)と呼ばれるロジャー・バー(Roger Ver)

ビットコインの最初期から投資をしている彼の知名度はとてつもなく大きく、また影響力も大きいため彼の発言に多くの人が注目しています。

彼の発言は「ロジャー砲」と言われるほどのものです。

本記事ではそんなロジャー・バー(Roger Ver)についてまとめていきたいと思います。

ロジャー・バーとは?

ロジャー・バー:

1979年生まれのビットコイン関連のエンジェル投資家、企業経営者。

ロジャー・バーのTwitter:

「Memory Dealers」というコンピューター部品事業で勤め、1999年から2012年の13年間CEOを勤めました。

2011年にビットコインへの投資をし億万長者になっています。

彼は「ビットコインが法定通貨よりも優れたものである」と誰より早く判断し億万長者となりました。

その後Ripple、BlockChain.info、Bitpay、Krakenなどのスタートアップに100万ドル以上投資をしてきました。

世間がビットコインなどの仮想通貨に関心がない段階ですでに目をつけ、2012年には自社にビットコイン決済を可能にするシステムを実装しました。

補足情報ですが、ロジャー・バーはライセンスを取得せずに爆発物を販売したとして一度逮捕されています。

刑務所にいる時期になんと独学で日本語を習得したようです。

ツイッターで「ビットコインキャッシュこそが真のビットコイン」と発言し、ビットコインキャッシュへの支持を明言すると、その後ビットコインの価格が下落し、ビットコインキャッシュの価格が上昇する事態にまでなりました。

このことからも彼の持つ影響力が伺えます。

仮想通貨への直接的な関わりとしては、仮想通貨NAGAのICO顧問を任されており、NAGAは1500万ドルの資金調達にも成功しました。

2012年からはBitcoin.comというニュースサイトも運営しています。

このようにロジャー・バーは仮想通貨と深い関係性を持っており、仮想通貨の世界では知らない人がいないほどの重要人物といって間違いないでしょう。

ビットコインキャッシュを支持

ロジャー・バーはビットコインキャッシュの熱狂的な支持者です。

ビットコインキャッシュはビットコインの欠点である「送金スピード」と「手数料の高さ」を補うために2017年8月1日ビットコインから分裂(ハードフォーク)しました。

ビットコインキャッシュについて

本記事では仮想通貨ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)についてご紹介します。 ビットコインとの関係や、ビットコインキャッシュが生まれた

ハードフォークについて

ハードフォークとは? ハードフォークとは何でしょうか?仮想通貨を知らない方でも2017年8月のビットコイン分裂というニュースを聞いた事があるのではないでしょう

この分裂にロジャー・バーは関与していたとの発言がありました。

参考:https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-04-12/P71U8Y6S972E01

彼の現在のビットコインキャッシュへの関わりは、コインの多額保有者であるほか、経営するBitcoin.comでビットコインキャッシュのデビットカードの発行も行なっています。

私(ロジャー・バー)はビットコインが世界を幸せにすることを願っている。しかし、ビットコインのホワイトペーパーにはそんな記述がない。私はこの7年間ビットコインを推してきた訳でもない。

ビットコインキャッシュこそビットコインだ。

ロジャー・バーは仮想通貨を普及するために利便性や実用性を求めてビットコインキャッシュへと支持を変えたと思われます。

今年に入ってからもビットコインキャッシュの優位性を発言していることから今後も支持を続けていくことでしょう。

イーサリアムはビットコインを抜く可能性が高い

「イーサリアムはビットコインを抜く可能性が高い」との発言は、こちらのインタビューの中で語られています。

参考:https://www.trustnodes.com/2018/03/03/ethereum-much-likely-not-overtake-bitcoin-year-says-roger-ver

様々な指標の中でビットコインは1位であったが、もはやトップでは無いだろう。

イーサリアムは1日あたりのトランザクション数をビットコインよりはるかに多く処理している。

このように、ビットコインキャッシュ支持者の彼ですが、イーサリアムもビットコイン以上の可能性を持っているとの発言をしています。

注目されているイーサリアムの特徴についてはこちら

忙しい人向け!イーサリアムの将来性 技術面ではスマートコントラクトなどの特徴があり、スケーラビリティの解決も進めている 実用性の面ではD

ビットコインはお金としての機能(送金や取引履歴を保存するなど)に特化していますが、イーサリアムは分散型アプリの開発やトークンの発行にも利用できるためイーサリアムは高い評価を得ています。

また価格に関しても、イーサリアムは1年前100ドル前後でしたが現在は6倍以上となっています。(5月31日現在)

この成長と機能、ロジャー・バーの発言からもイーサリアムに是非注目してみてください。

まとめ

ロジャー・バーについてまとめました。

彼の持つ影響力はとても大きいことがわかりました。

ビットコインキャッシュ、イーサリアムは特に彼の注目する通貨ですので、将来性も期待してみてはいかがでしょうか。

仮想通貨の世界を知る上で重要な人物である彼に今後も注目していきましょう!


その他