Rchain(アールチェイン/RHOC)とは?特徴と過去チャート、将来性をまとめ

▼おすすめの取引所ランキング

仮想通貨Rchain(アールチェイン)は、Rho-VMによるスケーラブルな分散型ブロックチェーンアプリケーションを提供するプラットフォームです。

現在乱立する幾多のブロックチェーンのプロジェクトやイーサリアムdAppsでの開発のなかで、スケーラビリティを改善するという需要を満たす新たなブロックチェーンアーキテクチャを目指しています。

そんな仮想通貨Rchainについて詳しく解説していきます。

<本記事の要約>

忙しい人向け!Rchainとは?

  • スケーラビリティ問題を解決する
  • 独自のブロックチェーンアーキテクチャを開発

Rchainとは

仮想通貨名Rchain(アールチェイン)
通貨単位RHOC
公開日2017年10月
公式サイトhttps://www.rchain.coop/
公式ブログhttps://medium.com/rchain-cooperative
ホワイトペーパー</_td>https://media.readthedocs.org/pdf/rchain-architecture/…(Rchainのアーキテクチャについて)

http://docs.google.com/gview?url=https://github.com/rchain/reference/raw/master/docs/RChainWhitepaper.pdf
Blockchain Explorer

https://etherscan.io/token/0x168296bb09e24a88805cb9c33356536b980d3fc5

仮想通貨Rchain(アールチェイン)は、Rho-VMによるスケーラブルな分散型ブロックチェーンアプリケーションを提供するプラットフォームです。

このプロジェクトは、Facebookのようなスケールでのコンテンツの配信とVisaカードに匹敵するトランザクションスピードを両立するRchainを開発し、工業スケールでの実用性を得たブロックチェーンソリューションを提供します。

Rchainの特徴

Rchainの特徴はこのようなものが挙げられます。

  • Rho-Virtual Mathine
  • Nema Address
  • LADL algorithm
  • Rholang

Rho-Virtual Mathine

独立性

それぞれのRho-VMは独立したブロックチェーンとスマートコントラクトによって実行され、それはデフォルトによって容易にチェーンが分割されることを意味し、並列して存在するブロックチェーンが合わさってできるネットワークです。
これにより、個人の満足に沿ったチェーンを設計することができる、複数のチェーンの連なりといえます。

スケーラビリティ

プラットフォームが成熟するにつれて、ノードはネットワークへの負荷を管理するRho-VMの初期化を行います。これは、ネットワークのパフォーマンスや一貫性、複雑なコードを維持したままで、スケールを線形に拡大することを可能にする画期的な技術です。

パフォーマンス

それぞれのRho-VMは軽量でマルチスレッドなので、複数の個人ノードが高いパフォーマンスを実現することができます。さらに、Rchainを導入したアプリケーションは、スループッド、実用性、反応時間に優れています。

Name Address

そのブロックチェーンとスマートコントラクトの独立性を可視化するために、それぞれのネームスペースによって定義します。
ネームスペースは、その特徴や独立性、行動パターンに沿った契約の設定を実行し結び付く自動的な枠組みを開発者に提供します。

LADL algorithm

このアルゴリズムは、論理や型システムが圏論と呼ばれる数学の形式主義に関してであることで特徴付けられています。述語や型が、無限の組み合わせのデータやプログラムを簡潔に示す際に用いられます。

Rchainはブロックチェーンにおける処理能力を向上させることにおいて、このLADLの側面が活用されています。トランザクションを入れるブロックを生成する代わりに、ルールにトランザクションを入れます。

この技術を採用することで、数多の数のトランザクションを少ないルール設定で整理することが可能になりました。このルールはブロックが検証者によって批准された時だけにトランザクションを含めるという拡張されたルールを適用することもできます。

Rholang

これは、Rho-VMにおけるブロックチェーン上で動作するスマートコントラクトの契約内容を記述するための独自に開発された言語です。

Rchainのチャート

引用:https://coinmarketcap.com/currencies/rchain/

仮想通貨Rchain(アールチェイン)は、2017年10月ICOという比較的歴史の浅いこれからが期待できる通貨であり、2018年頃から値上がりはじめ3ドルを超えた時期があり、現在は1.5ドル程の価格で推移しています。

まだRchain(アールチェイン)を取り扱う取引所が少なく、プロジェクトの質は非常に良いので、注目されれば今後の値上がりが期待できる通貨なのではないでしょうか。

Rchainの将来性

・2018年Q2Casperの実装

RchainはCasperというプロトコルを実装する予定です。

CasperとはPoW(Proof of Work)プロトコルにおける51%問題の解決のためのもので、同じくイーサリアムもPoWから移行予定があります。

Casperについて詳しくはこちらの記事をご覧ください。

この記事ではCasper(キャスパー)について解説しています。 CasperとはイーサリアムがPoWからPoSへ移行する際に実装されるアルゴリズムであり、

Rchainを購入できる取引所

仮想通貨Rchain(アールチェインのマーケット別ボリューム順位は、KuCoin、OOOBTCとなっています。(参考:https://www.coingecko.com/en)

KuCoin(クーコイン)
中国発で、香港に拠点を置く取引所で、日本語対応しています。そして取り扱い通貨は70種類以上で、手数料が安く0.1%な点が特徴です。
海外取引所でありながら、ホワイトペーパーを作成している本格的な取引所です。

ただし、海外の取引所で購入するにしても、まずは国内の取引所でビットコインを購入した後に、送金する必要があるため、国内の取引所の登録は必須です!

まだ、国内取引所の登録が済んでいない方は、以下より簡単に解説が可能です。

「はじめてのビットコイン」では、「bitbank」をおすすめしています。

ビットバンク公式へ

*bitbankの詳細についてはこの記事をご覧ください。

本記事は仮想通貨取引所である「 」の概要から登録方法・使い方・手数料・評判をまとめていきます。 ビットバンクは他の国内取引所と比べて比較

まとめ

仮想通貨Rchain(アールチェイン)は、数学の高度な理論を用いてスケーラビリティの問題を独自のアルゴリズムにより解消します。

独自開発された仮想マシンRho-VMによる並列・並行処理により、複数のノードが高度なスマートコントラクトの処理を実現します。

複数のブロックチェーンが存在することで、スケーラビリティ・パフォーマンスなどを既存のネットワークの機能から大きく改善しました。

取り扱う取引所が増え、認知がもっとされれば値上がりするでしょう。これから期待できる通貨として注目です。


アルトコイン コイン一覧