TRONの「独立記念日」|正式にメインネット移行へ。イーサリアムの競合となりうるのか

▼おすすめの取引所ランキング

TRON、正式にメインネット移行

時価総額で第10位に位置する仮想通貨のトロン(TRX)は6月25日、イーサリアムブロックチェーン上で動いた旧TRXトークンから、TRON独自のパブリックチェーンで動く新TRXトークンへ移行しました、

トロンファンデーションは、6月25日のメインネットへの移行をトロンの「独立記念日」と呼んでいます。

メインネットのベータ版は5月31日にローンチされており、イーサリアムブロックチェーンからの移行が進められていました。4週間ほどかかりましたが、無事独自チェーンへの移行が終わっています。

27のブロックバリデーターの選出へ

このTRONのメインネットでは、コンセンサスアルゴリズムとしてDelegated Proof-of-Stake(DPoS)コンセンサスアルゴリズムを使用しています。

そのためブロックを生成してトランザクションを検証するために、27のブロックバリデーター(SR(Super Representatives)と呼ばれます)を選出します。

TRONは2018年6月25日午前10時にメインネットを開始し、この開始はTRON独立グループ(TIG)によって完了しました。TIGは27人の匿名のボランティアの創世記代表者(GR)からなるコミュニティコンセンサスベースのグループです。GRが他のSRに置き換えられる移行期間中、TIGはこのプロセスが完了するまで担当します。

このようにSR選出前はGR(匿名ボランティア)によって、トランザクションを検証していたものをメインネット移行を経て、SRへと置き換えると発表しました。

そして予定通り、SRの選挙は26日に開始されました。5日間ほどでこの代表選出は終わるそうです。

この合計27人の選出されたスーパー代表(SR)が取引の確認とブロックの作成を担当します。候補者に関する情報だけでなく、投票プロセス全体がこの公式の情報に載っています。(気になる方は是非)

各TRXトークンは1票を構成し、スーパー代表は少なくとも1億票の選挙を受ける必要があると予想されます。

さらに、公式のブログ記事は、独立の瞬間を祝うために大規模なコインバーンが行われることを指摘しています。

https://medium.com/tron-foundation/june-25th-tron-independence-day-ef7b9df02be9

TRON財団は、1,000,000,000 TRXのバーンを一度に行います。これは現在の市場価格に応じて5千万ドルの価値があります。

TRONはイーサリアムの競合となりうるのか

TRONネットワークの目標は、Ethereumの強力な競争相手になることです。

しかし、TRONは多くの批判に直面しています。

例えばTRONのホワイトペーパーにはイーサリアムのホワイトペーパーを盗用したという疑惑もあります。

トロン創業者がトロンがイーサリアムよりも優れている点をツイッターで投稿すると、

そのツイートにイーサリアムの創業者であるヴィタリック自身がリプライで反抗し、ヴィタリックは、トロンがイーサリアムよりも優れている点のとして、「ホワイトペーパーのコピペ能力だ」と皮肉で返しています。

さらに、メインネットのコードに起因する懸念も存在します。

リード技術者であるLucas Nuzzi氏によると、Tronのネットワークコードベースの大部分はEthereumのライブラリに基づいているそうです。そのことから独自のものと言えるのかという意見もあります。

また、TronのDelegated Proof-of-Stakeコンセンサスアルゴリズムは、ユーザーがトランザクションを検証するのではなく、代理人(TronのSR)が検証するシステムとして、分散化の理念とは相反しているとの批判もあります。

このアルゴリズムは、EOSの開発母体であるBlockOneのCTO、Dan Larimerによって考案されました。EOS自体は、メインネット公開以降、多くの課題に直面しており、コミュニティはその全体の性質に疑問を感じています。

今後も多くのプロジェクトがメインネット公開へ

今後もTRON、EOSのようにイーサリアムに対抗するプラットフォーム型のプロジェクトが多くメインネットを公開していきます。

例えば、6月の30日にOntology(オントロジー)のメインネット移行が予定されていますね。

イーサリアムが先行者利益による圧倒的な優位性を持っていることは確かです。

しかし、2つ目の選択肢として別のチェーンが利用されていくことも可能性としてあるでしょう。

今後も様々なプロジェクトのメインネット公開、そして公開後の進捗に注目していきましょう。


ニュース