【GMOコイン】新登場の仮想通貨ウォレット特徴を徹底解説!

▼おすすめの取引所ランキング

5月30日、仮想通貨取引所GMOコインが新しくスマホアプリをリリースしました。

GMOコインと言えば、以前からFXのできるスマホアプリ「ビットレ君」を配信しており、仮想通貨トレーダーに広く利用されていました。

そんなGMOコインが次にリリースしたのは仮想通貨ウォレットのアプリ「GMOコイン 仮想通貨ウォレット」

このアプリを利用することでいつでも、どこでも、簡単に仮想通貨の売買や口座の確認が行えるようになりました!

そんなGMOコインの新アプリ「GMOコイン 仮想通貨ウォレット」について、その機能に迫っていきます。

GMOコイン公式へ

GMOコインとは?

そもそもGMOコインとは東証一部上場企業のグループ会社GMOインターネット株式会社の子会社で仮想通貨取引所を運営しています。

概要はこちら。

GMOコイン
取引時間24時間365日対応(毎週水曜日15:00〜15:30は定期メンテナンスを実施。

なお、実施時間は延長となる場合も)

 注文方法 現物取引:BTC、ETH、BCH、LTC、ETC、XRP / レバレッジ:BTC
信用取引(レバレッジ)有り(ビットコインのみ)/ 最大25倍
取引ツールPC用アプリ、iOS/androidのネイティブアプリ
 公式サイト GMOコイン

GMOインターネットは、証券取引、FX取引などのインターネットの金融サービスを展開しています。

その大企業の知見を仮想通貨交換業にも生かしたGMOコインは、高度なセキュリティ対策や快適なトレード機能で多くのユーザーを獲得しています。

新アプリ「GMOコイン 仮想通貨ウォレット」

「GMOコイン 仮想通貨ウォレット」スクリーンショット

GMOコインは上述のように現在2つのスマホアプリをリリースしています。

まず、どちらを使うにせよ利用には登録が必要となります!

▼登録する

GMOコイン公式へ

5月にリリースされたGMOコインの新しいスマホアプリ「GMOコイン 仮想通貨ウォレット」はどのようなアプリなのでしょうか?

特徴はこちら!

  • シンプルで使いやすい
  • リアルタイム価格、前日との価格比を瞬時に確認
  • 仮想通貨の売買・送金

シンプルで使いやすい

まずデザインがシンプルで誰でも見やすい・使いやすい設計になっています。

メニュー画面を開いてみると項目は「トレード、入出金、口座情報、サポート」と至ってシンプル!

「GMOコイン 仮想通貨ウォレット」スクリーンショット

仮想通貨のスマホアプリと言えば、機能が多すぎて初心者には扱いずらい…なんてことも多いのですが、このアプリは必要最低限の機能のみがついているためどんな方でも直感で操作することができます。

リアルタイム価格、前日との価格比を瞬時に確認

「GMOコイン 仮想通貨ウォレット」スクリーンショット

アプリのチャート機能ではGMOコインの取り扱う5銘柄のコインの価格を確認することができます。

また、価格だけでなく前日からどれくらい価格が変動しているのかもチェックできますのでトレードの参考として大いに活躍します!

ちなみにスマホアプリだと貴重なローソク立でチャートを見ることができるアプリというのもトレーダーには嬉しいポイントではないでしょうか。

▼ローソク足とは?

これまで株やFXをやってきたことがなく、仮想通貨がはじめての投資という方も多いのではないでしょうか? そこで今回はチャートの見方をお教えし

仮想通貨の売買・送金

「GMOコイン 仮想通貨ウォレット」スクリーンショット

リアルタイムでチャートをチェックしたらアプリで仮想通貨の売買をしてみましょう!

このアプリではGMOコインで取り扱いのある仮想通貨の売買がスマホで簡単にできます。

また、もちろんウォレット機能もありますので送金も手軽に行えます。

アプリは使い分けがおすすめ!

GMOコインは「ビットレ君」というアプリをすでにリリースしているのに、なぜ今回また新たにアプリを開発したのでしょうか?

実は、「ビットレ君」と新アプリ「GMOコイン 仮想通貨ウォレット」はそれぞれ違う特徴を持っているのです。

そのため、2つダウンロードして用途に合わせ使い分けるのが一番おすすめ。

ご紹介したように「GMOコイン 仮想通貨ウォレット」はトレードやウォレットなどシンプルで基本的な機能が実装されていました。

それでは「ビットレ君」はどんな使い方ができるのでしょうか?少しご紹介します。

「ビットレ君」

新アプリとは違う機能を持つ、GMOコインのもう1つのアプリ「ビットレ君」はFX取引専用のアプリです。

その特徴はこちら。

  • 5銘柄のFX取引
  • メモリの最低単位がtick
  • 9種類のテクニカルチャートが表示できる

5銘柄のFX取引

「ビットレ君」は仮想通貨アプリの中でも貴重なスマホでFX取引ができるアプリです。

現在レバレッジは5・10倍で取引を行うことができます。

取引手数料も無料のため、「仮想通貨FXをしたことない!」という人にも最初のステップとしておすすめです。

また、5月30日よりGMOコインが取り扱う5銘柄で取引することが可能になりました。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)

これまではビットコインでの取引となっていましたが、アルトコインも加わったことで他のアプリとの大きな差別化となるのではないでしょうか。

メモリの最低単位がtick

メモリの最低単位もtick(リアルタイム)となっており、そこから1分、5分、10分と続いていきます。ちょっとでも高く売買したい方にとっては、価格の推移をリアルタイムで見られるのはうれしいですよね。

また、アプリ画面の下では自分の取引高を見ることができるので使いやすさも兼ね備えています。

9種類のテクニカルチャートを表示できる

チャート5種類、テクニカル指標4種類を見ることができます。

▼チャート

  • 単純移動平均線
  • 指数平滑移動平均線
  • ボリンジャーバンド
  • 一目均衡表
  • 平均足

▼テクニカル指標

  • MACD
  • RSI
  • DMI/ADX
  • RCI

これら9種類のチャートを確認することができるため、上級者も快適にトレードすることができます。

▼スマホアプリ比較ランキング!ビットレ君は何位?

▼忙しい人向けにまとめ!仮想通貨取引所のスマホアプリランキング! 【1位】GMOコイン 専用アプリ「ビットレくん」の使いやすさはすご

まとめ

GMOコインのリリースしているスマホアプリ2種類をご紹介しました。

この2種類を使い分けることで、PC版のGMOコインの機能をそのままスマホで利用することができます!

また、現在 GMOコイン に登録するともれなく20,000Satoshiがもらえるキャンペーン実施中!

Satoshiというのはビットコインの最小単位のことで、具体的には、0.00000001BTC=1Satoshiなので、1BTC = 1000,000円とした場合、1Satoshi = 0.01円程度です。20,000Satoshiは200円となります。

ぜひこの機会にGMOコインに登録して、スマホでも仮想通貨トレードにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

GMOコイン公式へ

GMOコイン についてはこちら

本記事は仮想通貨取引所である「」の概要から登録方法・使い方・手数料・評判をまとめていきます。 『』は、GMOインターネットグループが運営す

GMOコイン 仮想通貨取引所