EnjinCoinが「ERC1155」トークンを開発

▼おすすめの取引所ランキング

2018年大きな注目を集めるDapps(分散型アプリケーションプラットフォーム)において、新たなトークンが開発されました。

ERC20やERC721と比較をしながら、「ERC1155」の特徴や応用性について迫っていきましょう。

ERC1155はゲーム向けのトークン

Enjin Coinの共同設立者兼CTOであるWitek Radomski氏は、イーサリアムのブロックチェーン内でゲームトークンを定義する新しい仕様規格「ERC1155」を開発しました。

そもそもEnjin coinとは、WEBゲームコミュニティ作成プラットフォーム「ENJIN」で利用出来る仮想通貨です。

https://www.newscrypto.jp/articles/10722

Enjin Coinはゲーム内で取得したバーチャルアイテムをそのプラットフォーム「ENJIN」で交換・売買したりする事ができ、それをアセット化する事によって株や不動産のように換金可能な資産となるのです。

そして今回開発されたERC1155がEnjin Coinに実装される事によって、既存のトークンモデルの問題を解決し、ビデオゲーム上のあらゆるアイテムをブロックチェーン上で効率的にトークン化する事が出来るようになります。


ERC721やERC20との違いは?

今回新しく開発されたERC1155は、従来のERC721やERC20とは一体何が違っており、なぜそれがゲーム向けの仕様だと言えるのでしょうか?

ERC20は代替可能トークン

現在イーサリアムのブロックチェーン上で新規にトークンを発行する際の仕様規格はERC20が主流となっていますが、ERC20は全てのトークン同士が代替可能であり、それぞれのトークンに個性を持たせる事が出来ない「代替可能なトークン」となっています。

それは1万円札の価値はどれも同じで、全ての1万円札と代替可能であるのと同じです。

ERC721は代替不可能トークン

一方、2017年9月に提案された新たな規格ERC721では、それに代替不可能(Non-Fungible)な性質を持たせました。

これによって、前述した1万円札のように誰が見ても同じ価値のようなトークンではなく、現実世界の不動産やゲーム内のキャラクターのように、それぞれ違った特徴を持つアセットをトークン化出来るようになります。

ERC721は人気Dappsゲームである「Crypto Kitties」で代替不可能なトークンとして用いられており、ゲーム内の子猫がそれぞれ異なる特徴を持つようになっています。

ERC1155はその両方の性質を持たせるトークン

そして、今回開発されたERC1155は上述したERC20とERC721を組み合わせた規格となり、代替可能な性質と代替不可能な性質の両方を同じコントラクトで展開出来るようになります。

ではこれがなぜ必要なのかと言うと、ゲーム内で用いられるアイテムには、それぞれ代替可能な性質を必要とするアイテムと、そうではないアイテムとが存在しているからです。

例えば、ゲーム内で用いられる通貨や、誰が使用しても同じ効果のある回復薬などと言ったアイテムは代替可能であると言えます。

ポケットモンスターでは、「キズぐすり」は誰が持っていても同じ効力を発揮し、それぞれに違った効果が発揮される訳ではありません。

しかし、一方でモンスターには「個体値」が存在し、同種のポケモンであっても、攻撃力や防御力といった戦闘能力のみならず、1個体ずつ性格も変わる仕様になっています。ステータスがそれぞれ異なったものを生み出すには、代替不可能トークンとする必要があるのです。

このように、同じゲーム内でもそれぞれ違った性質のアイテムやモンスターが登場するのは必然であり、両方をERC1155によって実現することができるのです。

なお、このERC1155の仕様に関する議論はGithubにて行われています。

ERC1155の仕様を実装するメリット

従来の仕様ではイーサリアム内の各取引アイテムを個別に承認し、複数のステップを踏んで処理する必要がありました。

しかし、ERC1155は複数のトークンまとめてグループ化出来るので、これによってステップを省略化してERC20やERC721で発生していたトランザクションコストを大幅に削減することが可能となるです。

また、ERC1155では上述の通り、ゲーム内で代替可能なアイテムと代替不可能なアイテムの両方を作成する事が出来るようにもなり、それに加えて1つのトランザクションで複数のアイテムを送信する事も可能となります。

参考サイト:EnjinCoin公式ブログ

ERC1155がEnjin Coinに与える影響と今後

以上、従来のERC20ではトークンのタイプによって個別にスマートコントラクトを必要としていましたが、このERC1155がEnjin Coinに実装される事でその非効率性が解決され、ユーザーにとっても更に実用的になる事が期待出来ます。

まとめ

このERC1155が今後Enjin Coinのみならず他のDappsに実装されるとすれば、ブロックチェーンゲーム全体の可能性は更に広がる事となるでしょう。

また、このERC1155について開発者のRadomski氏は「ゲーム業界では何千万もの新しいアイテムが必要になるだろうが、この標準は決してゲーム市場に限定されない」と発言していました。

将来は様々なリアルのアセットが仮想空間でデジタルアセット化する未来も、もしかすると訪れるかもしれません。


イーサリアム (ethereum) ニュース