【イーサリアム最新情報】ライデンネットワークがテストネットに移行 

▼おすすめの取引所ランキング

2018年7月19日、ベルリンで開かれた「The Dappcon developer conference」において、 ライデンネットワークがテストネットに移行したと発表されました。

今回がローンチ前の最終テストになると言われています。このテストをクリアすれば全ユーザー向けにライデンネットワークが稼働することになるでしょう。

開発者の一人であるLefteris Karapetsas氏(東京大学卒)は「メインネット移行への最初の一歩だ」と語っています。

ライデンネットワークの簡単おさらい

一般的に仮想通貨は、ひとつのブロックチェーン上にトランザクションを記載していくにつれて、情報量が増え、処理速度が遅くなるというスケーラビリティの問題を抱えています。イーサリアムも同様にこの問題を抱えています。

ライデンネットワークは、二者間のトランザクションを随時記入するのではなく、オフチェーンのチャネル上で仮の取引を積み重ねて、決済の瞬間にトランザクションの確定した結果のみを書き込むというものです。

この技術により、ブロックチェーンへの記録を最小限に留めることができます。したがって、チャネル内のユーザーはお金やトークンを大量かつ迅速に送り合うことが出来、流動性が増します。

▼ライデンネットワークの詳細はコチラ

本記事ではRaiden Networkについてご紹介します。 一般的に仮想通貨は、ひとつのブロックチェーン上にトランザクションを記載していくにつれて、情報

また、チャネル同士をリンクし、ネットワークを形成することで、ユーザーネットワーク内で誰とも取引を行えるようになります。

Raiden Networkを利用することで、低手数料でEthereumのトランザクションを実行することが可能になります。

この仕組みはビットコインにおけるライトニングネットワークに近いものです。

▼ライトニングネットワークの詳細はコチラ

仮想通貨取引をしていると一回は聞いたことはある、 ライトニングネットワーク 一体どういった技術でしょうか? 今回はライ

ライデンネットワークの挑戦

Karapetsas氏はDappconの中で、潜在的なバグを発見する手伝いをしてもらうため、デベロッパ達にこのテストネットを利用するように呼びかけました。また、バグ発見の報酬として賞金を与えるということも彼は付け加えました。

Karapetsas氏はより多くの人にテストネットを利用してほしいと考えており、ユーザー接点を持つようにしています。実際には、誰でもアクセスできるGithubAPIを公開しており、多くの手が加わることでほとんどバグの無いメインネット構築を目指しています。

現在、イーサリアムのみならず、あらゆる仮想通貨がスケーラビリティの問題を抱えており、その打開策を練っています。ライデンネットワークのメインネット移行の日付は明らかにされてはいませんが、開発チームは元々の約束通り夏にローンチする計画を立てています。

Karapetsas氏も「8月の終わりまでにはローンチするつもりだ」と語っています。

また、Karapetsas氏はこの先も、メインネット移行に向けてコードのアップデートや最適化は続いていき、より洗練されたイーサリアムを求めて、そのソフトウェアはスケーラビリティ問題の解決を目指す他の技術と協力しながら稼働することになると言っています。

そして、カンファレンスの最後にarapetsas氏は以下のように述べています。

「ライデンネットワークは本質的にはイーサリアムのための決済チャネルであり、スケーラビリティ問題の解決を手伝ってくれる。我々の長期的な目標は人々にモバイルデバイスからライデンネットワークを使ってもらうことであり、また携帯からオフチェーン決済トークンを生み出せるようになることである。そして、ライデンネットワークはシャーディング(sharding)プラズマ(plasma)などといったスケーラビリティ問題を解決に導く他の技術と共に稼働することになるだろう」

まとめ

本記事ではライデンネットワークが最後のテストネットへ移行したことを紹介しました。

ここでのバグ調整がうまくいけば、目標とする夏の終わりまでのローンチに漕ぎつけるのではないでしょうか。

とりわけICO等で開発が止まってしまう仮想通貨が多い中、イーサリアムはブロックチェーンの可能性を技術で示し続け、それに追随するようにライデンネットワークやプラズマが成長していくのは大変良い関係性だと思います。

仮想通貨の未来はライデンネットワークやライトニングネットワークなどの技術にかかっているかもしれませんね。


イーサリアム (ethereum) ニュース