【書評】『ザ・キャズム−今、ビットコインを買う理由−』フィスコCOOが描く仮想通貨の未来とは

▼おすすめの取引所ランキング

本記事ではフィスコCOOである中川博貴さんが執筆された、

『【ザ・キャズム】今、ビットコインを買う理由』の書評を書いていきます。

フィスコは日本の株式会社で、仮想通貨取引所フィスコを運営している企業です。

現在、ビットコイン・仮想通貨関連書籍は数多くのものが出ています。

同じく仮想通貨取引所を運営しているコインチェック社の大塚さんも、「いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン」という書籍を執筆されていますが、こちらは非常にわかりやすいものとなっており、初心者の方向けの書籍です。

本記事で紹介する「ザ・キャズム」に関しても初学者向けで、ビットコイン関連に関する知識のない方でも理解できるような構成・内容となっていました。

では、どちらを読むべきかということになりますが、仮想通貨に関する情報はアップデートされるスピードがその他業界に比べて圧倒的に早いです。

その点から見ると、最近出版された書籍のほうが情報が新しいため、どちらを読むか選択をする一つの基準にはなるかと思われます。

それではザ・キャズムを読んで、気になった点などを本記事で紹介していきます。

 『【ザ・キャズム】今、ビットコインを買う理由』

「ザ・キャズム−今、ビットコインを買う理由−」の構成

以下が「【ザ・キャズム】今、ビットコインを買う理由」の目次となっています。

  • 第一部 『貨幣の歴史を読み解く』
    第一章

    「賢者は歴史に学ぶ」
    ・貨幣の世界史からビットコインを読み解く
    ・仮想通貨の誕生は、新時代の貨幣システムの兆し
    ・ビットコインは当分の間、「基軸仮想通貨」である
    ・仮想通貨バブルなのか?
    第二章
    「価値上昇の必然性を検証する」
    ・仮想通貨マーケットに流入する投資家たち
    ・ある選択が新たな選択を呼び込む「再帰性」
    ・ネットワーク外部性
    ・行き場のないマネーが時価総額を押し上げる
    ・仮想通貨は「価値の保存」ができる
    ・マネーとイノベーションによるしわ寄せ

  • 第二部 『これからの貨幣はどこに向かうのか』


    第三章
    「ポートフォリオ資産としての仮想通貨」
    ・シナリオ・プランニングとは
    ・金融資産の仮想通貨へのパワーシフトが起きる
    ・「1%理論」とは何か?
    第四章
    「パワーシフトと国家財政」
    ・国家における仮想通貨取引規制
    ・「国益」としての日本の仮想通貨
    ・新しい貨幣、その未来を体験する

ザ・キャズムは仮想通貨の将来性や仮想通貨が台頭した社会の未来像について、様々な根拠や実例を紹介しながら、現在の仮想通貨に対する現在の社会の偏見を払拭するために書かれているそうです。

目次を見て分かる通り、全体を通して仮想通貨の可能性を現在利用されている法定通貨と比較しつつ検証しています。

初心者にもわかりやすいように、「そもそもお金とは何か?」を第一部では貨幣の歴史から学び、仮想通貨が新時代の貨幣になりうる可能性を紐解いています。

そして、仮想通貨を語るにあたって重要な「法規制」についても第二部からは触れられており、各国家の仮想通貨に対するスタンスの違いなどが理解できます。

・著者のプロフィール
【中川博貴】
株式会社フィスコIR取締役COO・フィスコファイナンシャルレビュー編集長
「慶應義塾大学経済学研究科修士課程修了。株式会社フィスコにて国内外のM&A候補先企業のデューディリジェンスや実行後の戦略立案・オペレーションの管理に携わる。2017年より株式会社フィスコデジタル・アセットグループ取締役に就任し、現在に至る。」

見どころをピックアップ

ビットコインに至るまでの貨幣の歴史を簡単に学べる

この本の最大の売りはここだと思います。

ビットコイン関連書籍は数多く出ており、ビットコインに至るまでの歴史が書かれていることも多いのですが、この本の第一章では簡潔に貨幣の歴史をまとめてくれています。

これは初心者の方にはもちろんですが、なんとなく知っている中級者の方も改めて簡単に振り返る事のできる内容となっています。

第一章のなかでの「ビットコインは古くて新しい通貨」という言葉は、この章を読めば、腑に落ちる言葉となっており、ビットコインの貨幣としての可能性、そして法定通貨の問題点を考えさせられます。

様々な事例と比較して仮想通貨が語られている

ザ・キャズムでは、本の随所に仮想通貨の様々な事例との比較が語られています。

例えば、2017年年末から2018年始にかけての仮想通貨の高騰はバブルなのかを、高度経済成長期のバブル、ITバブルと比較して検証などされています。

また、そもそも論として、本書では全体を通して法定通貨と仮想通貨との比較がされており、本書を読み進めていく上での一つの基準にもなっています。

コラムがわかりやすく面白い

本書では、本筋とは別に各章の途中などにコラムが挟まれています。

コラムは用語解説の役割などを担っており、時事ネタなどがわかりやすく書かれています。

一通りの仮想通貨に関する用語は学べる

この本を読めば一通りの仮想通貨に関する用語は触れられるのではないでしょうか。

仮想通貨に関する情報は情報量が多く、学習コストが高いです。

そのため、なにから手をつければいいのかわからない方が多いかと思われますが、本書は簡単に読むことが出来て、なおかつ一通りの用語は網羅されているので、初心者の方が最初に読むのには最適だと思われます。

まとめ

本書の副題が「今、ビットコインを買う理由」ということだけあって、全般的にビットコイン・仮想通貨の良い面のみが語られているイメージでした。

スケーラビリティに関する課題にも多少は触れられていましたが、技術面に関する言及は正直あまりありません。(あくまで初心者の方に向けてのものだと思うので、その方が良いかもしれませんが。)

ですが、ビットコインを買うべき理由の根拠が様々な事例を用いて語られているなど、仮想通貨に興味のある方ならば、それなりに面白く読める内容だと思います。

また、ビットコインに至るまでの貨幣の歴史を簡潔にまとめた本としても、良い一冊ではないでしょうか。

ビットコイン・仮想通貨関連書籍を読んだことがない方が、初めて手を取るにはオススメの一冊となります。

 『【ザ・キャズム】今、ビットコインを買う理由』


その他 ビットコイン (bitcoin) 仮想通貨