【技術】仮想通貨リップル(XRP)の基礎概念を解説!

▼おすすめの取引所ランキング

今回は、仮想通貨の代表の一角を占めるリップル(Ripple/XRP)について理解するための基礎的な概念をお伝えします!

ビットバンク公式へ

リップルとは、国際送金に利用されるプラットフォーム

リップル(Ripple)は、ネットワーク内であらゆる仮想通貨や法定通貨(円やドルなど)を交換可能な決済プラットフォームです。

リップルという名前は、リップル社の提供する国際送金システム全体のことをさすこともあれば、システム内部で使われている仮想通貨のことをさすこともあります。

リップルのことを理解するためには以下のキーワードを抑えておく必要があります。

  • 送金システムのコア部分に使われている、XRP Ledgerと呼ばれるビットコインのブロックチェーンに相当する分散型台帳技術
  • XRP Ledger技術を使ったXRPという送金に特化した仮想通貨
  • 外部の世界の価値(法定通貨や他の仮想通貨など)をXRPに変換して送信する機能をもつゲートウェイ

これらの要素について本記事では順をおって丁寧に説明して行きます。

XRP Ledger

XRP Ledgerは、ビットコインのブロックチェーンを改良する形で開発・運用が進められている技術です。ビットコインが採用するプルーフ・オブ・ワークの次世代手段として2012年より運用されています。

XRP Ledgerはブロックチェーンに比べて軽量で送金向き

XRP Ledgerは、ビットコインが利用するブロックチェーンとは異なり、承認者(validator)による投票で承認が行われています。コンピューター計算による取引の承認(マイニング)を行うブロックチェーンとの違いがここにあります。

このプロセスは、ビットコインのプルーフ・オブ・ワークに対して、プルーフ・オブ・コンセンサス(Proof of Consensus、PoC)と呼ばれます。台帳には、80%以上の承認者が有効と判定した取引のみを記録します。この仕組みはプルーフ・オブ・ワークに比べて軽量であり、数秒以内という非常に速い時間、少ない電力消費で、取引の承認が可能となります。

承認者のリストはUNL(Unique Node List、ユニーク・ノード・リスト)と呼ばれ、UNLの各承認者はお互いを承認者として許可することでネットワークを形成しています。
リップルの場合、基本的にはリップル社(Ripple Labs, Inc.)が指定するUNLが選ばれているため、承認者の信頼性が一定担保されています。

リップルという管理者がいなくなってもネットワーク自体は継続されるので完全な中央集権的システムとは言えないものの、実質的にはリップル社が管理主体となるシステムをとっています。

ネットワークの意思決定に誰でも参加できる訳ではないため、ビットコインに比べると非中央集権性が失われてしまうという懸念があります。しかしながら国際送金としては高い実用性を持った優れたシステムであると言えます。

XRP

XRP(リップル/エックスアールピー)は、XRP Ledger をコアの技術として使った仮想通貨です。ドルやユーロとは違い、XRP は電子的に生産された資産(Digital Asset)であり、ビットコインと同じく仮想通貨に分類されます。

XRP自体はリップル社が主体となって発行しています。発行上限は1000億XRPです。この上限は、リップルのプロトコルにより規定されており、上限を超えて発行されることは基本的にはありません。

XRPはブリッジ通貨(中間値通貨)と呼ばれます

ブリッジ(bridge/橋)とは、橋渡しという意味です。XRPはビットコインのような汎用的なオンライン通貨を目指している訳ではありません。

XRPはリップルの運営する送金プラットフォーム上で、法定通貨(ドル、ユーロ、円)や他の仮想通貨(ビットコインやイーサリアム)を、一時的にXRPに変換して価値を移転するために利用されます。

XRPは数秒で送受信ができるため、中間通貨としての役割が適しているのです。もちろん仮想通貨としての資産価値も持つためユーロなどに両替することも可能です。

ゲートウェイ

ゲートウェイとは、リップルの送金プラットフォームの出入り口です。現金(日本円)や他の仮想通貨をゲートウェイに預けると、IOU(I Owe You)を取得することができます(ウォレットインと呼びます。)。また逆に、IOUを元の現金や仮想通貨に変換することができます。IOUは仮想通貨取引所を利用されている方であれば、取引所で表現されているjpyのようなものであると思えば理解しやすいのではないでしょうか。

このようにリップルネットワーク内のXRP以外の全通貨はゲートウェイでIOUに変換されます。しかし送金の際には資産価値を持ったXRPに変換されて送金されるため、リップルのユーザーは第三者のカウンターパーティーリスクを負うことなく、インターネット上での価値交換を実現することができます。

ゲートウェイは多機能なWebウォレットとしての機能も備えている

ウォレットは、「財布」を意味し、XRPやJPY・BTC・ETHなど多くの仮想通貨・法定通貨を管理することができます。多くのリップルのゲートウェイは、このウォレット機能を備えており、JPY・BTC・ETHなどをXRPと交換することができます。

ゲートウェイが多機能なウォレットとしての機能も備えているため、JPY→BTCやBTC→ETHなど、異なる通貨ペアでも低コストで世界中のユーザーと価値を交換することができます。

まとめ

以上のようにリップル社が運営する送金システムは、コアの機能として送金性に優れたXRPおよびXRP Ledgerを採用し、多種多様な価値をXRPに変換するためのインタフェースであるゲートウェイを備えています。

これは、現行の仮想通貨の取引所や送金のエコシステムを究極の形で効率化・統一化していると言えるかもしれませんね。

各国の中央銀行や主要金融機関が連携を進めているリップルネットワーク。将来性のある技術ではないでしょうか。

リップルの購入は、ビットバンクやGMOコインで可能です!

GMOコイン公式へ

ビットバンク公式へ


アルトコイン リップル (ripple) 仮想通貨