今更聞けない?ビットコインのハードフォークはなぜ騒がれた!?

▼おすすめの取引所ランキング

2017年を散々騒がせた仮想通貨の代表であるビットコイン(Bitcoin/BTC)のハードフォーク。そもそもハードフォークとはどのようなものなのか。

そして、ビットコイン(Bitcoin/BTC)に対するハードフォークはどのような意味を持つのでしょうか。

ハードフォークとはブロックチェーンのバージョン変更

ハードフォークとは、一言で言えば「ブロックチェーンのバージョン変更の一種」です。ブロックチェーンはシステムなので、当然より良い改善を続ける余地があります。

バージョンアップには2種類あり、1つはバージョンアップ後も以前のバージョンを使い続けることが可能なもの。こちらは「ソフトフォーク」と呼ばれています。一方、以前のバージョンが使えなくなるバージョンアップが「ハードフォーク」と呼ばれています。ハードフォークでは以前のバージョンが使用できなくなるので、世界では以前のバージョンも使い続けながら新しいバージョンも利用され始める、つまり「分岐」することとなります。

過去にどんなハードフォークが実行されてきたのか

ビットコインに焦点を当てれば、2017年8月にビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCC)、同年10月にはビットコインゴールド(Bitcoin Gold/BTG)がビットコインに対するハードフォークの結果として誕生しました。

気になる点はやはりハードフォーク後のビットコインや、新しく生まれたビットコインキャッシュ、ビットコインゴールドの値動きですよね?現在までの値動きを見ると、ビットコインはハードフォーク後も順調に値上げを続けていいます。

ビットコインキャッシュやビットコインゴールドは、ビットコインまでといかないまでも、2017年11月末時点で仮想通貨の時価総額ランキングでTOP5にランクインしています。

ビットコインのハードフォークはなぜ引き起こされたか

2017年8月1日 ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCC)ハードフォーク

ビットコインで最初に大きく話題に上り、ビットコインとビットコインキャッシュと分裂したハードフォークはなぜ引き起こされたのでしょうか。

1つは「スケーラビリティー問題」です。ブロックチェーンとは、多くの取引履歴を1つのブロックにまとめて保存し、ブロックの容量が一杯になった時点で次のブロックが繋がっていく仕組みです。

ビットコインのブロックは1つが1MBで、約3,000の取引履歴の保存が可能でした。しかしビットコインの普及に伴い、新しいブロックを作る時間が1つのブロックが取引履歴で埋まる時間に追いつかなくなってきました。結果として送金の遅延や手数料の増加が引き起こされていました。

ブロックの容量を増やすことで解消可能であることから、ブロックチェーンのブロック容量増加を求める人たちが動き、ビットコインキャッシュを生み出すハードフォークを実行しました。

2017年10月24日 ビットコインゴールド(Bitcoin Gold/BTG)ハードフォーク

次のビットコインのハードフォークはビットコインフォールドです。こちらで問題となったのはビットコインのマイニングの過度な産業化です。

ビットコインのマイニングは高度に産業化されており、ASICと呼ばれるマイニング専用機を用意してデータセンターを構築しなければ勝負にならない状態です。これでは、一部の企業にマイニングのハッシュパワーが集中してしまい、元々のビットコインの思想である自由で分散的なお金という理念から外れてしまいます。

そこで、ハードフォークによって専用機によるマイニングが困難なように使用を変更したのがビットコインゴールドです。これについては「ビットコインゴールドとは?分裂の経緯を解説」でも詳しく解説しておりますのでご覧ください。

ビットコインのハードフォークに関する今後の動き

以上のようにこれまでもビットコインのハードフォークは行われてきています。そしてさらに、直近では、以下の6つのハードフォークが予定されています。

  • Bitcoin Diamond(ビットコインダイアモンド)
  • Bitcoin Cash Plus(ビットコインキャッシュプラス)
  • Bitcoin Silver(ビットコインシルバー)
  • Super Bitcoin(スーパービットコイン)
  • Bitcoin Platinum(ビットコインプラチナム)
  • Bitcoin Uranium(ビットコインウラン)

一部ではこれらのコインのハードフォークは単純なお金儲けを目的としているとの批判もありますが、ハードフォークを繰り返していくことで、ビットコインの理念が整理されていく側面もあると思います。

今後のビットコインハードフォークに関するそれぞれの詳しい説明は、また別の記事で紹介させていただきます!

ビットコインを購入なら、ビットフライヤーが大手でお勧めです!

ビットフライヤー公式へ


アルトコイン ビットコイン ブロックチェーン 仮想通貨 用語解説