仮想通貨NEM(ネム/XEM)とは?特徴と取引所、将来性をまとめ

▼おすすめの取引所ランキング

本記事では仮想通貨NEM(ネム/XEM)について解説していきます。

コインチェック事件で何かと話題ですが、どんな仮想通貨なのかご存知ですか。

2018年何かと話題の多いNEMについて、特徴・チャート・将来性・購入できる取引所をまとめていきます!

<本記事の要約>

忙しい人向け!仮想通貨NEMとは?

  • 仮想通貨による平等で分散型の経済圏を作ることを目的とした仮想通貨
  • PoIという独自のコンセンサスアルゴリズムを採用
  • モザイクと呼ばれる独自のトークンを発行することが可能
  • コミュニティーが活発

NEMとは

名称NEM
単位XEM
発行日2015年3月31日
発行上限枚数8,999,999,999 XEM
コンセンサスアルゴリズムProof of Importance (PoI)
マイニングハーベストという類似の仕組み
国内取引所Zaif、コインチェック(現在休止中)
公式サイトhttps://nem.io/

(2018年3月現在)

NEMは2015年3月31日に開始した仮想通貨です。

NEMという名称はNew EconoEconomy Movement」というプロジェクトの頭文字をとっており、仮想通貨による平等で分散型の経済圏を作ることを目標としています。

取引所などではNEM/XEMと表記されていますが、
NEMプロジェクト名XEM通貨名という違いがあります。

NEMは、海外のbitcointalk.orgというフォーラムでutopianfutureという人物の投稿により始まった仮想通貨で、NXTという仮想通貨の次世代バージョンとして提唱されました。

開発言語はJavaで、完全なオープンソースという訳ではなくコアの部分はクローズドソースです。

NEMの特徴

NEMの代表的な特徴は以下のようなものです。

  • NEM.io財団と呼ばれる法人が中心となってNEMの開発普及を促進している
  • Proof of Importance (プルーフ・オブ・インポータンス/PoI) による平等で公平な価値の再分配
  • ブロックチェーン上にロジックを築くことをせず、価値の移転、トークンの発行、公証機能等に注力
  • 活発なNEMコミュニティー

以下ではこれらの特徴について順を追って説明していきます。

NEM.io財団

NEM.io財団はNEMの普及、教育を促進するために2017年3月に設立された、シンガポールの有限責任保証会社です。

NEM.io財団の設立の主な目標は、NEMの技術を産業、学術、行政の分野に普及させることであるとされています。

The main goals of the foundation are to promote the use of the NEM technology to the industries, academia, and governments.

NEM.io Foundation Ltd Gets Going より引用

公式ページにもある通り、代表のLon Wong氏をはじめとして日本の仮想通貨取引所zaifを運営する株式会社テックビューロの社長である朝山氏Council Memberとして参加しています。

▼NEM財団とは?

今回は仮想通貨NEMの開発・普及を行うNEM財団についてをご紹介します。 1月26日に国内の大手取引所コインチェックの仮想通貨NEM(XEM)流出事件がニ

Proof of Importance (プルーフ・オブ・インポータンス/PoI)

NEMはProof of Importance(プルーフ・オブ・インポータンス/PoI)と呼ばれる独自のコンセンサスアルゴリズムを採用しています。

これはビットコインのマイニングに変わる仕組みで、ネットワーク運営に参加してくれたノードの貢献度(重要度)を評価して報酬を与える仕組みです。

ここで指す重要度にはいくつかの指標があります。

正確な理解には数学的な知識が必要になりますが、簡単に説明すると下記のようなものです。

  • コインをどれだけ沢山どれだけの期間保有してきたか
  • どれだけのノードとコインをやりとりしてきたか
  • 評価の高いノードとコインのやりとりをしているか

これらは、積極的にNEMを保有しネットワークを利用しているノードほど評価が高くなる仕組みで、googleの検索エンジンの仕組みにヒントを得たと言われています。

この仕組みはビットコインの採用しているProof of Workに比べて省エネルギーでセキュアで平等な運営を可能にするとされています。

このPoIで報酬を得るシステムを、ビットコインのマイニングに対してハーベスト(ハーベスティング)と言います。

▼Proof of Importanceとは?

ビットコインなどの仮想通貨を調べていて、よく出てくるProof of Work(プルーフオブワーク)という言葉、聞いたことはあるけど、詳しくはわからない。そんな

▼NEMのハーベストとは?

本記事ではNEMのハーベストについて詳しく解説していきます。 ハーベストとは何か?どうやったらできるのか?等の疑問について答えていきます。 ハー

シンプルで実用的な機能設計

NEMはブルー・オーシャン戦略として、全てのスマートコントラクトはブロックチェーン上で実施しないという方針をとっています。

そもそもスマートコントラクト自体の定義は曖昧なもので、正確な定義は専門家の間でも別れていますが、ざっくりと説明すると”価値の移転を自動化する技術”です。

▼スマートコントラクトとは?

「イーサリアム」を調べていると必ず出会う言葉、「スマートコントラクト」 実はこれ、イーサリアムやその他の仮想通貨を理解するためにも重要な概

しかし、スマートコントラクトは価値の記述とその移転ロジックの両方をブロックチェーンを使って実現しようとしているため、複雑になりがちでセキュリティ上の課題も大きいという課題があります。

そこでNEMは、

  • ブロックチェーンはブロックチェーンの特性を活かせる分野に集中する
  • 全てをブロックチェーン上で実現しようとしない

という方針を取っています。

そのために、

  • REST APIを使ったトランザクション処理
  • ユーザが独自のドメインを取得して独自のトークン「モザイク」を発行する機能
  • ファイル情報をブロックチェーンに記述して公証を行うアポスティーユという機能

などの仕組みが整理されています。

これらを使ってブロックチェーンを利用したアプリケーションが比較的容易に組めるようになっています。エンジニアリング的には合理的な割り切りかもしれません。

しかしアプリケーション開発はまだまだ日本語情報や実際のサービスは少ないです。

今後どれほど広がりを見せるかに注目ですね。

▼NEMのモザイクとは?

前々回「仮想通貨NEMのNano Walletの使い方(アカウント作成、送金編)」、前回「仮想通貨NEMのNano Walletの使い方(ハーベスト編)」に続き

活発なNEMコミュニティー

日本にはNEMのファン(通称NEMber)が多く、そのおかげでNEMを利用できるお店やイベント、サービスが数多く存在します。

コミュニティーに触れればNEMの違った魅力が見えること間違いなし!

NEMを利用することのできる楽しいサービスをいくつかご紹介します。

NEMche(ネムシェ)

NEMcheはXEM決済のできるメルカリのようなフリマサービスです。

NEMberたちの制作したNEMグッズも多く出品されていますので仮想通貨グッズが欲しい方におすすめ。

現在は日本語のみですが、今後外国語にも対応予定ということで、一般的なフリマアプリではできない海外のユーザーとのやりとりも可能になります。

NEM bar(ネムバー)

2017年末、XEM決済のできるバーが渋谷に登場。

お店では主要な仮想通貨をイメージしたオリジナルカクテルも楽しめるということで、夜な夜なNEM好き・仮想通貨好きが集まるそうです。

Tip NEM(チップネム)

Tip NEMはTwitterでXEMの投げ銭ができるサービスです。

相手のNEMウォレットのアドレスがわからなくても(或いは持っていなくても)Twitterアカウントで気軽に投げ銭ができるのが魅力。

また、NEMのモザイクで独自トークンを発行したらその独自トークンも投げ銭することもできます。

tip music(チップミュージック)

気に入った曲にチップの送れる音楽投稿サイトで、XEMだけでなくMONA、BitZenyで投げ銭ができます。

イラストや写真の投稿サイトは多く存在しますが音楽の投稿は比較的珍しいのではないでしょうか。

2018年5月にリニューアルしてデザインが綺麗に使いやすくなりました。

NEMの将来性

NEMの将来性に大きく影響を与えるものがカタパルトと呼ばれるNEMブロックチェーンのアップデートです。

これはNEMの価格変動にも影響すると噂され、2017年からNEMコミュニティーで期待されていました。

カタパルト

カタパルトとは、もともとNEMのプロトコルを採用していたテックビューロ社のプライベートブロックチェーン製品「mijin(ミジン)」の新バージョンであり、正式名称は「2.0 Catapult」です。

現在クローズドで試験運用を行っており、2017年初頭より段階的にリリースするとの予定でしたが、延期され2018年にNEMのブロックチェーンに実装されると予想されています。(しかし現在のところ正式なリリース日は未定

このカタパルトによりNEMは下記のようなアップデートが予定されています。

  • 送金処理能力の向上
  • 機能の追加

送金処理能力に関しては、NEMのブロックチェーンに実装された時どれほど速くなるかはまだ不明ですが、現在1秒間におけるNEMの処理能力は約2トランザクションと、ビットコインの14を大幅に下回る数字ですのでこの改善が期待されます。

また、機能の追加に関しては「アグリゲートトランザクション」「マルチレイヤーマルチシグネチャ」の追加が予定されています。

▼アグリゲートトランザクション

複数の取引を一つにまとめ、取引の当事者の承認が済んだら、それらの決済をひとまとめ(同時)で処理できるものです。

これにより無駄なプロセスが少なくなり、取引をよりスムーズなものにできます。

▼マルチレイヤーマルチシグネチャ

会社の決議のように、最初に従業員たち一定数の同意が成立したらその同意と部長の同意が揃う必要があり、その同意と今度は社長の同意が必要…

そのようにマルチシグ(秘密鍵を複数設定すること)がよりレイヤー化したものをマルチレイヤーマルチシグネチャと呼びます。

さて、NEMは解説してきたように他の仮想通貨と一線を画す独自の仕組みを備えています。

技術面、実用面、投資的価値の面で見ても充分な可能性を秘めた将来性のある仮想通貨と言えるでしょう。

また、日本には多くのNEMファンがいて、NEMのマーケット、カフェ、バーが開かれるなどコミュニティーも盛んです。

そういったコミュニティーで盛り上げれば普及も進み、より実用化が具体的になっていくのではないでしょうか。

そういった意味でもまだまだ今後が楽しみなコインです。

▼NEMの将来性

2018年1月のコインチェックNEM流出事件以降、仮想通貨NEMは注目を浴びていますが、今回はNEMの将来性に的を絞ってまとめていきます。 NEM

NEMが購入できる取引所

NEMは、国内の取引所では zaif 、コインチェック(現在休止中)

海外の取引所ではPoloniexBittrexなどで購入ができます。

しかしZaifは2018年3月現在、金融庁より業務改善命令が発令されていますので、NEMを買う選択肢として海外取引所を考えてみるのもいいかもしれません

海外取引所では日本円入金ができず、日本円を国内取引所でビットコインなどに替えてからNEMを買う必要があります。

そのためこのような手順が必要となります。

①国内の取引所で日本円入金

②日本円→ビットコインに替える

③ビットコインを海外の取引所に送金して売買

海外取引所を使うために、まずいくつか日本の取引所に登録してみることがおすすめ。

ビットフライヤー公式へ

ビットバンク公式へ

▼NEMの購入方法、取引所についてはこちら

注目度の高い仮想通貨NEM(XEM)。 そんなNEMを購入するには取引所を利用します。あなたに合った取引所を見つけて登録し、NEMを購入してみましょう!

まとめ

要約すると、NEMはこのような仮想通貨です。

  • 仮想通貨による平等で分散型の経済圏を作ることを目的とした仮想通貨
  • NEM.io財団がNEM普及促進を行なっている
  • PoIという独自のコンセンサスアルゴリズムを採用
  • モザイクと呼ばれる独自のトークンを発行することが可能
  • コミュニティーが活発
  • 技術面、実用面から見ても将来性が期待できるコイン

NEMの今後の発展に期待して投資してみるのもいいかもしれませんが、あくまでも投資は自己判断で余剰資産で行いましょう!

今回はコインチェックで話題になった仮想通貨NEMについてご紹介しました。

最後までご覧いただきありがとうございました。


zaif アルトコイン コインチェック コイン一覧 ネム (NEM) 仮想通貨 仮想通貨取引所