コインチェックの手数料を徹底解説!取引所手数料・販売所手数料の違いとは?

▼おすすめの取引所ランキング

「見やすい」「使いやすい」とデザインが好評な上に、扱っているコインの種類が豊富なことから、初心者が使いやすい仮想通貨取引所として高い支持を得ているコインチェック(coincheck)。

しかし、「コインチェックは手数料が高い」という評判もよく聞きますね。

ここでは、気になる手数料について詳しく説明していきます!

コインチェックとは

コインチェックは国内大手の取引所です。

主な特徴として

  • 初心者にとって見やすく、使いやすいデザイン
  • アプリで簡単にチャートを確認し、すぐに取引することが可能
  • 取り扱っている仮想通貨の種類が豊富(BTC, ETH, NEM, LTCなど全13種類)

の3つがあります。

コインチェックで扱っているコインは以下の13種類です。

https://coincheck.com/ja/ より引用

コインチェックに関する詳しい情報が気になる方は、下記記事も参照してみてください。

coincheckは国内大手取引所の一つです。 ビットコイン取引高とアプリ利用者数が国内No.1です。 また、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通

コインチェックの手数料

コインチェックの手数料は以下の3種類があります。

  • 入出金手数料
  • 送金手数料
  • 取引手数料

それぞれについて具体的に説明していきます。

入金手数料

入金手数料とは、コインチェック内に現金を入金する際に発生する手数料のことです。

銀行振込無料(振込手数料は発生)
USドル入金25USドル(振込手数料も発生)

コンビニ入金

クイック入金

756円(3万円未満)

1,000円(3万~50万円)

入金金額×0.108%+486円(50万円以上)

・銀行振込

最もスタンダードな方法です。

手数料もかからず(銀行への振り込みはかかる)、コンビニATMからの振り込みも可能なので利用しやすい方法です。

ただし、土日だと月曜日まで入金の反映が遅れる、夕方以降の振り込みには時間がかかるなど、スピード面に関しては問題があります。

・USドル入金

USドルからの入金も可能ですが、約3000円の入金手数料がかかってしまいます。

日本在住の方は特別な事情がない限り、やらない方が得策ですね。

・コンビニ入金

コンビニ入金は、3000円以上からの利用が可能です。

一回当たりの上限金額は299,500円と設定されています。

セブンイレブンに非対応なので、ファミリーマートなど別のコンビニで入金をしてください。

・クイック入金

「このコインを今すぐに買いたい!」という状況では、クイック入金がおすすめです。

コインチェックへの入金もすぐに反映されるので、即時コインの購入も可能です。

出金手数料

出金手数料とは、コインチェック内にある資産を銀行に振り込むときにかかる手数料です

日本円出金400円
USドル出金3000円

出金の上限額は一回当たり5,000万円です。

出金はUSドルでも出来ますが、高額なので特別な事情がない限り、日本円での出金をおすすめします。

また、一回当たりの出金は手数料がかかるので、出金をする場合は一度にまとめて行うのが得策です。

入出金手数料の手順については下記記事で詳しく説明しています。

coincheckは国内大手取引所の一つです。 ビットコイン取引高とアプリ利用者数が国内No.1です。 また、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通

送金手数料

コインチェックのウォレットから、アドレスを指定して仮想通貨を送金するのには手数料がかかります。

各種コインの送金手数料については以下のようになります。

通貨名手数料
BTC(ビットコイン)0.0005BTC
ETH(イーサリアム)0.01ETH
ETC(イーサリアムクラシック)0.01ETC
XMR(モネロ)0.05XMR
REP(オーガー)0.01REP
LSK(リスク)0.1LSK
FCT(ファクトム)0.1FCT
XRP(リップル)0.15XRP
ZEC(ジーキャッシュ)0.001ZEC
XEM(ネム)0.5XEM
LTC(ライトコイン)0.001LTC
DASH(ダッシュ)0.01DASH
Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)0.001BCH

取引手数料

取引手数料の説明をする前に、そもそも販売所と取引所の違いは何かを説明します。

販売所と取引所の違い

コインチェックでは、コインを売買する方法として

  • 取引所取引
  • 販売所取引

という二つの方法があります。

大きく違う点は、

  • 販売取引とは、コインチェックからコインを売買する取引のことです。
  • 取引所取引とは、コインチェックを介して、コインを持っているユーザーと取引する

という点にあります。

すなわち、コインチェックから直接コインを売買するか、コインチェックが提供してくれた場で、違うユーザーとコインを売買するか、という違いですね。

また、コインチェックの販売所と取引所の「手数料」「購入できるコイン」を比較すると、以下のようになります。

買えるコイン手数料
販売所ビットコインとアルトコイン 3%~10%(後ほど計算方法を紹介)
取引所ビットコインのみ 0.000%

つまり、コインチェックで手数料が無料といわれているのは、実際にはビットコインだけを扱っている取引手数料だけなのです。

販売手数料に関しては、コインチェック側が販売手数料を公表しておらず、状況に応じて変動していくので明確な数値を断言することはできません。

取引所と販売所の違いは下記記事で詳しく説明しているので、そちらも参考にしてください!

昨年から話題のビットコイン。 あなたはもう入手しましたか? 「買ったことあるけど、買うときの手数料が高い・・・」 そんな風に思ったこと

販売手数料の計算方法

先ほど言ったように、コインチェックは販売手数料を公表していません。

それでは、販売手数料を知る術はないのでしょうか。

結論を言うと、あります。

勿体ぶらずに説明していきます。

販売手数料は「スプレッド」ともいわれます。

なので、ここからは販売手数料を「スプレッド」といいます。

スピレッドは、同時期における、買値と売値の差のことです。

一般的に、買値>売値 となっています。

ZEC購入
ZEC売却

https://coincheck.com/ja/より引用

例えば上記の場合、ZECを買って直後に売ると、

つまり この取引のみで

37295 - 35538 = 2387円

の損を被ることになります。

これがスプレッドです。

この場合は約6.3%のスプレッドがあります。

コインチェックでは、アルトコインのスプレッドは約 3~10%あたりで推移しているとのことですが、非公開かつ変動的なのでわかりにくいです。

moyashiさん(@hitoriblog)がブログで公開しているコードを使うと、リアルタイムの手数料が一目でわかるようになります。

下記記事からその方法を知ることが出来ます。

暗号通貨取引所Coincheckのスプレッドを可視化する

ぜひ活用してみてください!

スプレッドの仕組みと傾向

このようなスプレッドですが、先ほど説明したように”リスク”に見合った”リターン”であることから、どのような動きをするのか推察できます。

取引所が被るリスクとは、”ユーザーの求めるタイミング”で、”大量の量の取引を成立させる”ことでした。

  1.  取引所が通貨を売買したいとき = つまり変動が激しい時にリスクが大きいということになります。
  2. また、どちらか一方にユーザーの希望取引が偏っている場合にも、それに応じて調達をするコストがかかるため、リスクが大きいと言えます。

つまり、相場が大きく上昇し、ユーザーが皆、仮想通貨を求めている場合、コインチェックが仮想通貨をユーザーに売ることのリスクが高いといえるのです。

これらの条件、①相場が大きく変動した際②その動いている方向(価値上昇中なら買い 価値下落中なら売り)のスプレッドが大きくなります。

ただ、ここで注意していただきたいのは、コインチェックではユーザーが交換する額に応じてスプレッドを大きくする等の対策をとっていません。

これはつまり、取引一回ごとのリスクは価格に反映されていないので、大きな金額を動かすのに有利だとは言えます。

お得に利用するには?

コインチェックはアルトコインを売買する際にかかる販売手数料が高いことはここまでの記事を読めばわかると思います。

それではコインチェックをお得に使うためには、どうすればよいのでしょうか。

ここでは、コインチェックで手数料をできるだけ安くするためにするべきことをまとめました。

  1. ビットコインの取引は取引所でする
  2. 入金や出金はまとめて行う
  3. 販売所での頻繁な取引は避ける

取引所では「現物取引」や「信用取引」でビットコインの売買が出来ます。

販売所でわざわざ高い手数料を払うのではなく、ビットコインは取引所で買いましょう。

入金や出金をする度に手数料は発生します。

いちいち入出金をするとそれだけで手数料は膨れ上がります。

なので、ある程度まとまった金額になってから入出金を行いましょう。

コインチェック公式へ

ただし、コインチェックは現在ハッキング被害により新規登録を停止中です。アルトコイン売買をする方はビットフライヤーかbitbankを利用されるといいでしょう。

ビットフライヤー公式へ

小さい値上がり益狙いで小口のアルトコイン取引をする人はビットバンクなどが手数料やすくてお勧めです!

ビットバンク公式へ


コインチェック 仮想通貨取引所