ビットコインのマイニングとは?個人でマイニングするその方法を3つご紹介!

▼おすすめの取引所ランキング

採掘を意味するマイニング。ビットコインの広まりとともに普及した概念ですが、明確にどんなものかご存知ですか?

マイニングってなに?

マイニングは実際どうやってやるの?

こんな疑問を解決していきます!

マイニングとは

一言で言うと…

ビットコインのマイニングとは

ある作業(計算など)をするとその報酬として、作業者にビットコインが支払われるという仕組み

ビットコインには、通貨の総発行量が決まっているという特性と、作業をすると通貨が与えられるという性質があります。

埋蔵量に限りがあり、獲得するには掘りださなければならないというこの点から、金や他の鉱物の性質になぞって「採掘」を意味する「マイニング」と呼ばれています。

ビットコインが利用しているブロックチェーンという仕組みは、多くのコンピューターによる計算によって運営されています。

ブロックチェーンとは、いくつかの取引の履歴を一つのブロックにまとめ、そのブロックを時系列で繋げていく仕組みです。

この「ブロックを生成」する際には、ブロックに入れる取引が正しいことを証明しなければなりません。その証明のための計算をする人はマイナーと呼ばれます。

ブロックを生成するためにはマイナーが膨大な計算をしなければなりません。その計算を最も早く終えた人に報酬としてビットコインが発行されます。

発行されるビットコインは「新規のビットコイン」です。

そしてビットコインの新規の発行はマイニングでしか行われません。日本銀行が新しい紙幣を発行するのと同じような形式ですね。

マイニングをより理解するポイント

マイニングをより理解するにあたって、押さえておくべき2つのキーワードがあります。

発行量半減期です。

発行量と半減期

まずは発行量についてご説明しましょう。

ビットコインは、通貨の総発行量が決まっています。世界で度々発生したインフレを起こさないための対策として、ビットコインは2100万BTCを総発行量としています。

上述した通り、ビットコインの新規発行はマイニングに対する報酬という形式で行われます。マイニングの報酬額は決められており、初期は50BTCでした。

しかし、同じペースで発行を続けていくと通貨が枯渇してしまう時期が早まることに加え、通貨の価格を安定的に上昇させていくことが困難です。

そこで、半減期が登場します。

半減期とは、マイニングに対する報酬の額が半減する時期のことを示します。これは約4年周期で訪れます。

マイナーは半減期が訪れる前に報酬を受け取りたいと考えるので活動がアクティブになり、半減期が近づくとビットコインの価格は上昇する傾向にあります。

半減期の来るペースが現在と変わらなければ、2140年にビットコインの新規発行は終了します。

具体的なマイニング方法

個人でマイニングを行うためには、必要なものが3つあります。

ウォレットマイニングソフトマイニングマシンです。

ウォレットやマイニングソフトはすぐに手に入れることができます。マシンは自分のパソコンを利用することも可能ですが、性能面でASICという専用マシンを利用することが多いです。

また、個人でマイニングを行う方法は主に3種類あります。

  • ソロマイニング
  • プールマイニング
  • クラウドマイニング

ひとつずつ、どんな方法か見ていきましょう。

ソロマイニング

参入難易度:△

報酬:◎

ソロマイニングは、機材や環境を全て自分で揃えてマイニングする方法。

もちろんマイニング報酬は全て自分のものにできます。

しかし近年ではマイニングコスト(主に電気代)の上昇や、資本力のある主体(企業など)の参入により、競争が激化しています。

個人で企業などと同等なレベルでマイニングを行うためには、莫大な費用の機材投資、電気代、マイニング機材のための土地などが必要なため、ソロマイニングはあまりお勧めできません。

★ポイント:初期投資のコストが高い!競争も激化!その投資分をマイニング報酬で果たして回収できるのか確認

プールマイニング

参入難易度:〇

報酬:〇

プールマイニングは、個々人のマシンの力を集約して成果を山分けするというマイニング方法です。

報酬額は分配性のため、ソロマイニングよりも額は下がってしまいますが、マイニングの競争が激化している現在では、より確実に報酬を得られる方法として多くの人が参加しています。

ただ、自分でマシンを用意する必要はあり、そのマシン代や電気代が報酬に見合うかどうかはしっかりとシミュレーションして始める必要があります。

★ポイント:マシン代、電気代のコストと報酬が見合うか確認

▼プールマイニングについて詳しく

本記事では、個人でも手軽に始められて安定的な収益を得ることができるマイニング方法、マイニングプールについて紹介します。 クラウドマイニングは、複数

クラウドマイニング

参入難易度:◎

報酬:△

クラウドマイニングはもっとも手軽なマイニング方法です。

クラウドマイニングを行う会社にお金を払い、マイニングを代行してもらう形式です。

クラウドファンディングで資金を集めてそれを元手にマイニングを行っているというイメージが近いかもしれません。この場合だと初期費用はほとんどかかりませんし、クラウドマイニングを行う業者が電気代の安い地域を選んでいるのでコストパフォーマンスが他の手法と比較して優れる可能性があります。

一方で、報酬の払い出しが行われない、資金だけ持ち逃げという事例もあります。その点で注意が必要な方法でもあります。

★一番始めやすい方法!クラウドマイニングの業者が信頼できる企業かの見極めが肝心

▼クラウドマイニングについて詳しく

2017年に、GMOやDMMなどの大手日本ネット企業が、続々と参入を表明してきたクラウドマイニング、一体どんなサービスなのか気になる方も多いのではないでしょうか

まとめ

今回はマイニングとは何か?という疑問から実際にマイニングするにはどのような方法があるかをご紹介しました。

ご自分のスタイルに合うマイニングの方法は見つかりましたか?

また、ビットコインを中心としてお話ししましたが、例えば家庭にある一般的なPC(CPU)でもマイニングできる仮想通貨があるなど、マイニングは仮想通貨の種類によって条件が異なります。

▼CPUでマイニングできるBitZenyとは

本記事は日本産の仮想通貨として注目されている仮想通貨BitZeny(ビットゼニー/ZNY)をご紹介します。 BitZenyについて特徴、過去チャート、購入

仮想通貨はまだ歴史が浅いため、興味をお持ちであれば今のうちに参入すると吉かもしれませんね。

▼マイニングで儲かるのか?利益を調べてみた

ビットコインのマイニングの仕組みを解説 本記事は、ビットコインや仮想通貨のマイニングについての初心者向けの解説です。  ビットコインのマイニングを始めた

ビットコイン (bitcoin) マイニング 仮想通貨 用語解説