ビットコインの投資方法まとめ

▼おすすめの取引所ランキング

皆さんの身の回りに

「ビットコイン投資を初めて儲かった!」「損した!」

なんて人はいますか?

いなくてもビットコインが高値を更新した・あるいは暴落した等のニュースを目にされた事はあるのではないでしょうか。

実はビットコインの値段は2017年に限ってもすでに6倍近くになっています

これだけの上昇率を誇るので、今のところ儲かっている人もかなりいるのではないでしょうか。利益が1億円を超えた人を表す”億り人”という言葉も誕生しています。

一方で、上昇した分下がることもあります。後発で参加した人ほど下がった時のリスクを大きく背負うことになります。

以下、本記事ではビットコイン及び仮想通貨投資にはどのような方法があるかについて解説していきますが、リスクが大きい事は理解して参入することをお勧めします。

仮想通貨は株やFXのように価値が上下する物ですので、原本が保証されるわけではありません。

ビットコイン・仮想通貨に投資するってどういうこと?

ビットコイン・仮想通貨に投資すると一言でいっても実は多くの方法があります

もっとも代表的なものが取引所でビットコインを購入し値上がりを待つ方法です。株や為替のように、安い値段で買い高い値段で売る事で利益をだす事ができます。

しかし、仮想通貨投資にはそれ以外の方法も沢山あります。

例えば、ビットコインに限ってもトレード方法はたくさんあります。

アルトコインと呼ばれるビットコインの亜種を購入したり、ICOと呼ばれる世に出る前の仮想通貨の卵を購入したり、等の選択肢もあります。

以下ではそれらの方法について簡単に説明します。

ビットコイン投資

もっとも代表的なものが取引所におけるビットコインの売買です。ビットコインをできるだけ安く買い、高く売ることで利益を出すことを目指します。

ビットコインの投資方法はこんなものが挙げられます。

  • 長期売買
  • 中期売買
  • 短期売買
  • アービトラージ
  • レンディング

どんな方法なのか、メリットやデメリットも併せて見ていきましょう。

長期売買

長期売買はその名の通り、ビットコインを購入し長期間そのまま動かさずに放置します

これまでの仮想通貨の価格の上昇率を考えれば、十分効率の良い投資です。

2017年1月に1ビットコインを11万円で購入していれば1年で100万円近くになりました。

ただし注意して欲しいのは、長期投資はリスクが少なくて安全と信じている人が世の中には一定数いますが、特に仮想通貨の場合そうではないということです。

今後ビットコインの技術が正しく発展していくか・実用的な物になるかどうかで長期的な展望は大きく変わってきます。現段階で確実な事がわかっている人は皆無でしょう。

長期売買をする場合もリスクを覚悟して余剰資金で参加しましょう。

中期売買

中期売買では、定期的に発生する大きな値動きを狙って枚数を増やします

ビットコインは、これまでの傾向では不定期的に暴落を繰り返しています。

暴落の前に高値で売り、落ち着いてから安値で買い戻せば、ビットコインの枚数を増やす事ができます

一般的には、長期で見て値段が上がる物の枚数を増やす事は難しく、統計的には動かさない方がマシです。市場の状況やニュース等から、ある程度以上の精度で値動きを予測できなければ、長期売買に勝る利益を出す事は困難です。

▼中期売買のヒントになる?!ビットコイン暴落の要因まとめ

これまでビットコインは、2009年に誕生してから幾度となく暴落を繰り返して来ました。 執筆時点本日(2017年12月22日)にも、

短期売買

短期売買は毎日発生する小さな値動きを狙って枚数を増やします

仮想通貨は、短期的な値動きが大きく一日で5%程度上下することも珍しくありません

FXにおけるスキャルピングのように短期での値動きを狙って利益を積み重ねる事は可能ですが、中期売買よりもさらに難易度は高いです

アービトラージ(裁定取引)

ビットコインは、取引所ごとに売買の板等が独立して存在しており、購入価格や売却価格が異なります

例えば、 ビットフライヤー ではビットコインが61万なのに、 ビットバンク では60万という事があります。この場合、bitbankで60万でビットコインを購入して、bitFlyerに送金し61万円で売れば差額の 1万円を利益として得る事ができます

ただし、このような値段差が生じるのは、ビットコインの値段が大きく動き市場が荒れているタイミングが多いです。送金している間に状況が大きく変わってしまうリスクは大きいのです。

また、複数の銘柄を扱っている取引所の場合、JPY → ビットコインとビットコイン → アルトコイン → JPYに値段差が生じる場合もあります。この場合もアービトラージが可能です。

▼アービトラージとは

アービトラージとは? アービトラージという言葉を聞いたことあるでしょうか? 仮想通貨に限らず投資をしている方なら聞いたことがある

レンディング

トレード以外にもビットコインを取引所等に貸し出す事で利子を受け取ることもできます。これをレンディングと言い、取引所は借りたビットコインを信用売りを行うユーザに対して貸し出します。

レンディングをすることでトレードをしなくてもビットコインを少しずつ増やす事ができます。

ただし、レンディングは原本の保証等の点で通常のトレードよりもリスクが高く設定されている取引所が多いです。

主に海外の取引所poloniexやbitfinexがレンディングに対応しています。

アルトコイン投資

ビットコインに慣れてきた人が次に検討をするのがアルトコイン投資なのではないでしょうか?ビットコインは既に大きく値段が上昇した後ですが、アルトコインには若いものが多く、まだ沢山の値段上昇の余地があります・・・・と言われて来ました。

しかしながら、2017年5月以降、アルトコインも一通り値段をあげてしまい上昇率においてビットコインに劣る状況が続いています。徐々に仮想通貨の世界はビットコイン1強になりつつあります。

この傾向がいつまで続くかはわかりませんが、このままだと価格を維持できず無価値になってしまうコインも多く現れてくる事が考えられます。アルトコインの銘柄選びには慎重になった方が良いです。

アルトコインはビットコインよりも価格の変動が大きいという特徴がありますので、あまり長期でみず前述した中期・短期・アービトラージ等をメインにするのも一考です。

FX

仮想通貨においても為替のように証拠金取引(FX)が可能です。

bitFlyer等ではレバレッジをかけることもできます。ビットコインはもともと現物でも値動きが十分大きいですが、さらにそれにレバレッジをかける行為はリスクが大きいです。

しかし、仮想通貨の取引はだんだんとFXによる信用取引が中心になって来ており、市場への影響は無視できません。トレードの際の指標の一つとしてFXをある程度勉強する事は有益です。

ICO (Initial Coin Offering)に参加

ICOは、企業が新規株式を公開し資金調達をするIPOになぞらえたネーミングで、イニシャル・コイン・ オファリングの略です。

ICOの参加者はビットコイン等の仮想通貨を送金することで、対価としてまだ世の中に出回っていない新しい仮想通貨やトークンを獲得する事ができます

この仮想通貨やトークンが後に主要な取引所等に上場され、ICO時よりも高い値段をつける事で参加者は利益を得る事ができます。

このICOの成功例の代表がイーサリアムであり、参加者は1300倍ものリターンを得る事ができました

しかしながら最近では、ICOで集めた資金の用途に一切の法的な制約がない等の問題により規制が始まり、新規ICOに参加してもいいリターンを得ることは難しくなって来ています。

さらに、資金調達後の責任の無さも相まって、これまでのところICOで資金を調達して成功したプロダクトはほぼ皆無です。現状では本当に応援したいプロジェクトへの寄付と思って参加した方がいいでしょう。

まとめ

以上ビットコイン・アルトコインのトレードからICOまで一通り説明しましたが、仮想通貨はまだまだ未成熟です。市場にチャンスが多い反面リスクも多いです。くれぐれも慎重に余剰資金で参加する事をおすすめします

初めての人はまずはビットコイン中心で、手数料やすく現物トレードのできる ビットフライヤー あたりから初めてみるのがいいかもしれません。

ぜひ参考にして、自分にあった投資方法を見つけてみてくださいね。

ビットフライヤー公式へ


アルトコイン ビットコイン (bitcoin) 仮想通貨