イーサリアムのマイニング方法って?個人でのやり方3つを簡単に紹介!

▼おすすめの取引所ランキング

価格が上昇しているイーサリアム(ETH)、今では多くの仮想通貨取引所で気軽に取引が可能な、最もメジャーな仮想通貨の一つです。イーサリアムの価格の上昇に目をつけ、これから専用の機材を揃えてマイニングしてみようかな、、、と考えている方もいることでしょう。

しかしながら、イーサリアムは今後ビットコインのようなPoW通貨からPoS通貨に移行することが予定されています。

実はPoW通貨はGPUによるマイニングが効率的なのですが、PoS通貨はそうではありません。今からGPUなどの専用の高い機材を揃えても、PoSに移行することを考えると設備投資を十分回収できなくなってしまう可能性も存在するのです。

コレを聞くと、イーサリアムのマイニングはしないほうがいいのかな?と思うかもしれませんが、マイニングは様々な方法があります。

本記事ではそのイーサリアムマイニングのやり方を紹介していきます。

そもそもマイニングとは

マイニングとはなんぞや?という方も多いはずですので、概念から軽くおさらいします。

イーサリアムのマイニングは現在、ビットコインと同じく「プルーフオブワーク」という仕組みを利用しています。プルーフオブワークの仕組みとしては

1)ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨が利用している「ブロックチェーン」という仕組みを維持させるために必要な仕事をする(結果としてブロックを生成する)こと

2)その仕事の見返りとして、ビットコインやイーサリアムなどの「新規」の仮想通貨をもらうこと

でしたね。この②の「新規」の仮想通貨を貰える部分をマイニングと呼びます。

このような、ブロック生成を通じたブロックチェーンネットワークへの貢献を行い、その見返りとして仮想通貨をもらう人達のことは「マイナー」と呼ばれています。

しかし、今後イーサリアムはプルーフオブワークからプルーフオブステークへの移行を予定しています。

イーサリアムの現在と今後をしっかりと理解するために、プルーフオブワーク・プルーフオブステーク双方について軽く触れておきます。

プルーフオブワークとプルーフオブステーク

プルーフオブワーク(PoW)

プルーフオブワークは英語でProof of Workと書きます。つまり、「仕事の証明」です。先ほど触れたように、ブロックチェーンネットワークを継続させるために仕事をした人に対して報酬を支払う仕組みがプルーフオブワブワークです。

厳密には、単に仕事をした人ではなく、仕事を最も早く終わらせた人がブロックを生成することとなり、結果報酬が支払われます。

プルーフオブステーク(PoS)

プルーフオブステークは英語でProof of Stakeと書きます。こちらはプルーフオブワークの「仕事の証明」に対して、「コインを保有する割合による証明」です。

プルーフオブステークを利用している仮想通貨をより多く、より長く保有している人にブロック生成の権利が与えられやすい仕組みです。

PoWと比較するPoSのメリット・デメリット

中国企業が、高性能のコンピューターをつなげ、ビットコインのマイニングを大量に行なっているという話をニュースで聞いたことのある人もいるでしょう。プルーフオブワークはコンピューターの計算力がものをいう手法なので、コンピューターに投資できる大資本が有利ですし、消費する電力も莫大なものになってしまいます。

また、全体の51%を超える計算力を持つことができれば、恣意的に不正を起こすことが可能な「51%問題」も潜在的に抱えています。

プルーフオブステークは、それを採用する仮想通貨をより多くより長く保有することで有利になる仕組みです。そのため、恣意的に自己利益のために通貨の信用を貶めるような行為を防げるインセンティブ設計になっています。

一方でこの仕組みは、通貨の流動性を下げることにもつながります。通貨は使用されなければ無意味ですので、この点ではプルーフオブステークと通貨は矛盾する概念なのかもしれません。

イーサリアムをマイニングする方法

簡単にマイニングに関する基礎をおさらいしたところで、イーサリアムをマイニングする方法をお伝えします。

この章でのマイニング方法は、現在イーサリアムが採用しているProof of workのマイニング方法で紹介します。

仮想通貨のマイニングには実は種類がいくつかあります。代表的なものは、

  • ソロマイニング
  • プールマイニング
  • クラウドマイニング

の3つです。

ソロマイニング

一人でマイニングをする方法です。個人で機材を揃え、ブロックチェーンをダウンロードして同期してマイニングします。

ソロマイニングのメリットは、機材をしっかり揃えることができれば高い収益性を確保できる点です。

一方、デメリットは、機材を十分に揃えることができなければ極稀にしかマイニング競争に勝つことができず、安定した収益を上げることができません。

現在イーサリアムが採用しているProof of workでのマイニングでは機材が重要となってきます。ビットコインのマイニングではASICマシンを使わなければ、マイニングで利益を出すことは難しい状況となっており、イーサリアムもそのような流れとなってきています。

ですが、イーサリアムが本格的にProof of stakeに移行した場合(2018/05/10現在、テストネットではPoSは動いています)、ASICでマイニングする必要がなくなるため、ASICに投資した金額を回収出来ない可能性も存在します。

中国のハードウェアメーカーであるBitmainはイーサリアムに特別に対応した新型ASICマシンを開発したという発表の翌日、すぐにその製品の発売を開始しました。(Bitmain公式ツイート

しかし、Bitmainのサイトによると、このイーサリアム ASICのマイニングは、1秒当たり1億8000万ハッシュだそうですが、何人かのイーサリアムユーザーは数字に欠陥を見つけ、数字が加工されたことをGithubに書いています。しかし詳細は、ユニットが出荷されるまでは、多くのことはわかりません。

また、ヴィタリック氏やイーサリアム開発者は、このようなASICマイニングマシンが永遠に活躍することはないだろうと発言しています。イーサリアムの開発者コミュニティは、ASICによるマイニングによってビットコインのようにマイニングが中央集権化していくことを懸念しており、今後Bitmainマイナー(ASICによるマイニング)をブロックするイーサリアムのハードフォークも準備しています。

この話題となっているBitmainのユニットの出荷は6月の下旬から7月の初旬となっています。

こちらから購入可能です。

参考サイト:https://www.coindesk.com/ethereum-asics-means-whats-next/

プールマイニング

インターネット上に公開されているマイニングプールというサービスに接続して複数人でマイニングする方法です。みんなでリソースを共有して報酬を分け合うことで、少ない機材でも安定したマイニング収益をあげることができます。

また、ブロックチェーンの同期をマイニングプールが変わりに行ってくれるため、手軽にすぐに始めることができます。

プールマイニングのメリットは、少ない機材でも安定した収益を上げることができる点です。

一方、デメリットは、マイニングプールにいくらかの手数料を払わなければならない点です。

今回は、初心者でも簡単にプールマイニングを始めることが可能なサービス「Minergate」をご紹介します。

<マイニング初心者に贈るMinergate>

引用:https://minergate.com/ より

Minergateは非常に簡単でわかりやすいマイニングツールです。やることは2つだけで、公式サイトからファイルをダウンロードしてインストールすることと、会員登録をしてログイン情報を獲得することです。すぐにサービスを使い始めることができます。

その後はサービス上で、自分の持っているパソコンの計算力のうちどれくらいをマイニングに当てはめるのかを決め、マイニングする仮想通貨を決めれば、自動でマイニングを行なってくれます。

短期間で大量に仮想通貨を掘れるツールではありませんが、毎日手軽にコツコツと掘り貯めていくには便利なツールです。電気代や、掘れると予想されるイーサリアムの価格を照らし合わせてマイニングに取り組むかご判断いただければと思います。

クラウドマイニング

以上説明してきたように、ソロマイニングにしろプールマイニングにしろ、専用の機材を揃えたり、ソフトウェアを設定しなければ、マイニングを行うことができません。

これって初心者の方には少し難しいかもしれません。

どのような機材を選ぶのか、ソフトウェアのインストール・設定はどのようにすればいいのかといったことを全て考えなければならないからです。

しかしながら、クラウドマイニングを利用すれば、サービスが提供するプランに則って機材や計算機リソースをレンタルするだけで、何の準備もなくマイニングをはじめることができます。

一方でデメリットは、運営を丸投げする形になってしまうため、どうしても手数料が高くなり利益が少なくなってしまう点が挙げられます。

ですが、初心者でも簡単にマイニングすることができるため、非常にオススメの方法となっております。

〈投資感覚でマイニングを始めよう、Genesis Mining〉

https://www.genesis-mining.com/

数あるクラウドマイニングの中でもGenesis Miningは世界最大手のクラウドマイニングサービス提供会社です。

クラウドマイニングサービスを提供していても会社が倒産したり、サイトを閉鎖するケースも存在します。クラウドマイニング派基本的に1~2年契約で一括払いします。つまり、一括払いで払ったはいいものの3ヶ月後には倒産というパターンもあるわけです。

そのため、クラウドマイニングをする際は信頼のおける会社を利用しなければなりません。

Genesis Miningは世界最大手のクラウドマイニングサービスであり老舗で、多くのクラウドマイニングサービスの中でもトップクラスに信頼のおけるサービスとなります。

まとめ

今後イーサリアムはプルーフオブワークからプルーフオブステークへとマイニングの方式を変更すると明らかにしています。プルーフオブステークは、その通貨の保有量と保有期間が重要な指標となる仕組みです。よって、イーサリアムのマイニングを長期で続けていこうと考えている方は、上記で紹介したマイニングツールなどを利用して、着実に通貨保有量と保有時間を積み立てていけると良いのではないでしょうか。


アルトコイン イーサリアム (ethereum) マイニング 仮想通貨