NEM(ネム)のカタパルトとは何か。徹底解説します。

本サイトで登録の多いオススメの仮想通貨取引所

【オススメ】GMOコイン

スマホで手軽にできるビットコインFX

【安定】bitFlyer

Liskの取扱い開始!

【急上昇!】DMM Bitcoin

高機能なスマホアプリでアルトコインFXができる取引所!

最近の急騰で話題になったNEM(XEM)は、しばらく前より大幅なアップデート「カタパルト」で仮想通貨界隈を騒がせています。結局カタパルトはいつ起きるのでしょうか。そして他にはどのようなニュースによって注目されているのでしょうか。

NEM(XEM)のおさらい

そもそもNEMって?

NEMは、海外のbitcointalk.orgというフォーラムでutopianfutureという人物の投稿により始まった仮想通貨で、NXTという仮想通貨の次世代バージョンとして提唱されました。

NEMの由来であるNew Economy Movementは、実用的なデジタルコインによる新たな経済圏を実現するという理念を持っています。

NEMプロジェクトは、最終的には一般市場で広く受け入られる実用的な仮想通貨を目指すために、ブルー・オーシャン戦略を取っています。

開発チームに日本人がいたことで一躍話題になりました。

総発行量は決められており、それらは既に1,600人の投資家に均等に分配されました。

よって、他の仮想通貨でみられるような新規の通貨発行を報酬として獲得するための「マイニング」競争はNEM(XEM)では発生しません。報酬はコインの代わりに、取引手数料が支払われます。

プルーフオブインポータンス(Proof of Importance)を採用

ビットコインが採用しているプルーフオブワークや、今後イーサリアムが導入するとしているプルーフオブステークとは異なり、NEMはプルーフオブインポータンス(Proof of Importance)という仕組みを採用しています。

これは、所有しているコインの数やその利用回数、過去の取引額などによってNEMの発展にどれだけ貢献したかどうかを総合的に判断する仕組みです。NEMでは1分に1度取引が行われ、その時に発生する手数料が報酬として支払われるのですが、これはプルーフオブインポータンスが高いほど獲得しやすくなっています。

ネムについてより詳しく知りたい方はこちらの記事へどうぞ

NEMは2015年3月31日に開始した、Javaで書かれた仮想通貨です。NEMというのはNew Economy Movementの略で、仮想通貨による平等で分散

カタパルト(Catapult)とは

そんなNEMを騒がすカタパルトとは一体どのようなものなのでしょうか。

この期待高まるカタパルトは、もともとNEMのプロトコルを採用していたテックビューロ社のプライベートブロックチェーン製品「mijin」の新バージョンであり、正式名称は「2.0 Catapult」です。現在クローズドで試験運用を行っており、2017年初頭より段階的にリリースするとの予定でしたが、延期され2018年にNEMのブロックチェーンに実装されると予想されています。

一言で表すと、

NEMの機能をアップデート出来るプロジェクトです。

このプロジェクトでNEMが改善されていくのは2つの点になります。

送金処理能力の向上

仮想通貨の雄であるビットコイン(BTC)は、1秒間に約14トランザクションを処理することが可能で、高速決済を唄うリップル(XRP)はビットコインの100倍を超える、約1500トランザクションを処理できます。

しかしカタパルトはさらにその倍以上である約3000のトランザクションを1秒間に処理できるとされています。

ちなみに世界一処理能力の高いクレジットカード(VISA)は、1秒間に約4000~約6000トランザクションを処理できるとされており、カタパルトはこれを間も無く追い越すと予測されています。

アグリゲートトランザクション

アグリゲートトランザクション(複合トランザクション)はネムと同じようにmijinを搭載しているCOMSAのホワイトペーパーから抜粋すると、

複合トランザクションとは、基本的には複数のトランザクションを一つのセットとしてとりまとめて、該当する当事者のマルチシグが完結した場合に、その全てを「同時」に決済できる機能である。

だそうです。

つまり複合トランザクションでは、複数の取引を一つにまとめ、取引の当事者の承認が済んだら、すべての取引の決済を同時に行うということが可能になっています。

また、イーサリアムのスマートコントラクトに近いものがnemにも実装されるそうです。

結局いつなの?カタパルト(Catapult)

では、結局カタパルトは具体的にいつ実装されるのでしょうか。少し時間を遡れば、2017年の夏に実装されると言われ世間を騒がせましたが、結果的には実装されませんでした。その後、ロン・ウォン氏(NEM.io財団代表)は2017年内に実施されるべきであるとの発言をしましたが、最終的に実装は2018年になると見込まれています。

この説を裏付ける事実として、2017年11月にテックビューロ社がカタパルトのβ版のテストを開始したことが挙げられます。これまではそもそも本当にカタパルトが実装されるのかも曖昧な印象を受けていた人もいると思いますが、いよいよ本格的な実装に向けて動き出した感じがします。

プルーフオブワークやプルーフオブステークとも違う、プルーフオブインポータンスという仕組みを利用しているNEM。日本人デベロッパーの存在や、日本の企業がその発展に一役買っている事実から、皆さんにとって親しみやすい仮想通貨ではないでしょうか。少しでもNEMやそのプライベートチェーンであるmijinやCatapultの今後の発展を感じたのであれば、XEMを購入しておくと良いかもしれませんね。

カタパルト(Catapult)によってnemの価格は上がる?

ネムにカタパルトが実装されて価格が上昇するかどうかは正直わかりません。

ですが、カタパルトが実装されることでnemの性能が上がることは間違いありません。

その為、性能が上がればnemの価格もそれに応じて上昇することは、なんらおかしいことではないです。

カタパルト(Catapult)だけじゃない!NEMの可能性

カタパルトの実装により圧倒的処理速度を引っさげて、仮想通貨界のゲームチェンジャーともなりうるNEMですが、その可能性に着目してか、ロシアや中国に動きがありました。

ロシア(Zeus Exchange)

Zeus Exchangeというロシアのスタートアップが、匿名で株式投資を行えるシステムを構築しました。「手数料がほぼかからずに株式投資が可能である」ということで、個人投資家割合が世界で最も高い中国の個人投資家が熱い視線を送っています。

ビットコインやイーサリアムへの導入も考慮したものの、主に安全性の観点からNEMへ導入することを決めたようです。

中国(wechatを利用したサービスのローンチ)

サードパーティー企業が、wechat上でNEMの送金が可能なシステムを構築しました。NEMとwechatが提携したと誤解され、その際はXEMの高騰と急落を引き起こしたことが記憶に残る方もいるでしょう。

実際には両社の提携はありませんでしたが、膨大な人口を抱える中国で最も利用されているメッセンジャーアプリ「wechat」でNEMが利用可能になったことは事実で、NEMのネットワークに対しての期待を上積みするニュースでした。

そのため、提携のニュースが事実と異なると判明した際は暴落するかと思われましたが、NEMに対する期待のせいか、下げ幅は予想より小さく、その後は緩やかに上昇を続けています。

まとめ

本記事ではnemのカタパルトについて解説してきました。

本記事での内容をまとめると、、、

  • カタパルトはnemの機能をアップデート出来るプロジェクト
  • カタパルトの実装はおそらく2018年
  • nemにはカタパルト以外にも様々な可能性がある

というようになりました。

zaif公式へ


アルトコイン ネム (NEM)