仮想通貨|海外取引所のおすすめランキング!徹底比較!

▼忙しい人向けにまとめ!仮想通貨取引所の海外取引所ランキング!

【1位】Binance

世界最大規模の仮想通貨取引所!

【2位】Bittrex

圧倒的な数の銘柄数を誇る!

【3位】Bitfinex

ビットコインの取引量世界No.1!

※海外取引所で仮想通貨を購入するには国内の取引所で日本円をビットコインに変更してから、海外取引所に送金する必要があります海外取引所に送金する場合は、取引手数料が無料で、出金手数料も無料の ビットバンク をおすすめします。

海外取引所おすすめランキング!

1位 取引手数料の圧倒的安さ BINANCE

binance(バイナンス)は中国の香港に拠点を置く仮想通貨取引所です。

2017年7月に、チャオ・チャンコン(ChangPeng Zha)氏が創業しました。
チャンコン氏とはかつてOKCoinという仮想通貨取引所を創業した人物でもあります。

バイナンス(Binance)は事業開始から1ヶ月ほどでグローバル取引量トップ10入りを果たし、その勢いで注目を集めている取引所です

UI/UXに優れ日本語も対応されており、多くのアルトコインを購入できます。

特徴・メリット

・取り扱うコインの種類が多い

2018年1月24日時点で取り扱われている銘柄は103種類にも及びます。主要なビットコインやリップルなどはもちろん、アルトコインの取り扱い数はアジアで間違いなくNo1です。国内の取引所大手が取り扱っているコインの種類と比較してみます。

・手数料が安い

手数料は仮想通貨を取引するうえで必ず付きまとってくるものです。各取引所で定められており、この差は利用する取引所を選ぶにあたってとても重要な条件となります。

2018年1月24日時点

 取引手数料

 主要取引所 ビットコイン アルトコイン
coincheck
(コインチェック)
 無料(期間限定) 無料(期間限定)

但し、期間外は3%強

bitFlyer
(ビットフライヤー)
 0.01%〜0.15% 0.20%
Zaif
(ザイフ)
 -0.05%〜-0.01% 0%〜-0.3%
 bittrex
(ビットトレックス)
 0.25% 0.25%
Poloniex
(ポロニエックス)
 0.15%〜0.25% 0.15%〜0.25%
Binance
(バイナンス)
 0.1% 0.1%

上記の表を見てわかる通り、binanceの取引手数料は特に海外の取引所と比較して低くなっています。

前述したとおり、binanceは取り扱うコインの種類が多いです。また、アルトコインにおける取引手数料が0.1%と低いので、草コインに関心のある人には大変適した取引所だということができます。

Binanceが取り扱うコインの数は大変多いので、アルトコインの送金にかかる手数料も把握しておきましょう。

以下の表では主要なアルトコインの送金手数料をまとめています。

 アルトコインの種類送金手数料
Binance Coin (BNB)0.77 BNB
 Ethereum (ETH)0.01ETH
Litecoin(LTC)0.01 LTC
 Neo (NEO) 0 NEO
BitcoinCash (BCC)0.001BCC
Ripple(XRP)0.25 XRP
 Cardano(ADA) 1 ADA
 Monaco(MCO) 0.9MCO

ビットコインの送金にかかるスピードは遅いので、手数料が良心的で送金スピードも速いイーサリアムなどを利用するのがおすすめです。

・日本語でサイトを閲覧することができる

海外取引所の中で日本語に対応しているところはまだ少ない。その中でこれだけ豊富な通貨銘柄をもち、且つ日本語で閲覧できるので大変貴重だと言えます。

主な国内取引所は取り扱いコインは少ないですので、アルトコインに関心のある方はぜひ利用してみてください。

・上場させるコインを選ぶ権利がユーザーにある

binanceは毎月1回、上場させるコインを人気投票で決定する「Community Coin of the Month」というイベントを開催しています。仮想通貨の上場とは、取引所で通貨の売買が可能になるということです。

自分が関心のあるコインが取引されるようになるという夢を与えてくれることはもちろん、仮想通貨のトレンドを抑えることができるというメリットがあります。

バイナンスがきになる方は公式サイトへ

2位 世界2大取引所の1つ! Bittrex

Poloniexと並び、海外2大取引所として有名なのがBittrexとなります(中国の取引所は除きます。)取引量は2億7000万ドル(2017年10月現在)で、日本の大手取引所を遥かに凌駕します。Bittrexは本社はアメリカのラスベガスにあり、海外取引所です。海外の取引所ということで、サイトの表示が英語だったり日本円で入金できなかったりということがあるのですが、

日本の取引所には上場していない多くのコインが存在します。

特徴・メリット

・多くの取扱銘柄

上述したようにビットトレックスでは多くのアルトコインを取り扱っています。

取扱通貨としては約200種類もの種類があります。

この数は世界2大取引所の1つであるポロニエックスを上回ります。

多くのアルトコインを購入したい場合はビットトレックスがおすすめです。

・取引手数料の安さ

やはり海外の取引所は国内の取引所に比べ、圧倒的に手数料が安いです。

その他の海外取引所には取引手数料の安さで劣る部分もありますが、

このアルトコインの豊富さや老舗の取引所ということから総合的に良い取引所だと思います。

3位 ビットコインの取引量1位! Bitfinex

bitfinexは香港にある仮想通貨取引所です。ビットコインやライトコインなどの信用取引が可能なことを特徴とする取引所です。また他で取扱の少ないIOTAなどのコインも購入できます。

特徴・メリット

・レンディングサービスを提供している

Bitfinexはレバレッジ取引をする人に対し、ユーザーがお金を貸す仕組みであるレンディングサービスを提供しています。

貸せる通貨は米ドル、ビットコイン、イーサリアムなどを取り扱っています・

金利を指定し、通貨を一定期間貸し出すことで金利を受け取ることが可能です。

・セキュリティ面に力を入れている

Bitfinexでは過去にハッキング被害を2度受けています。

2016年のハッキング事件の際は、当時のBitfinexの資産の1/3以上に及ぶ12万ビットコイン(当時のレートで70億円以上)の盗難を受けました。

そしてユーザーに対する損害の返済を2017年4月に終えたばかりとなっています。

これだけを聞くと危ないんじゃないかと思うはずです。

ですがBitfinexはこの過去のハッキング被害からセキュリティ面に関しては相当な力を込めています。

例としては出金先の限定(変更すると5日間ロック)」・「新しいIPアドレスからの取引を24時間ロック」・「引き出しの際の秘密の質問」などの機能などが存在します。

・ビットコインの取引量が1位

ビットフィネックスはドル建てでのビットコインの取引量が1位となっています。

ビットトレックスやポロニエックスという世界最大規模の取引所を抑えての1位となっています。取引量が多いことにより、市場の流動性が高いため、取引が安定します。

価格の急騰や暴落を抑えられるという特徴があります。

 4位 第2のBINANCE! Kucoin

kucoinは中国の仮想通貨取引所です。多くのコインを購入することができます。

特徴・メリット

・手数料が安い

Kucoinの手数料は日本の取引所に比べ、”圧倒的に安い”です。

といいますか、Binance等の”海外の取引所が”圧倒的に安いといえます。

日本の取引所と比較していきたいと思います。

日本の代表的な取引所であるコインチェックですと、アルトコインを購入する場合のスプレッド手数料(買値と売値の差)は3%以上となります。

それに対してKucoinのスプレッド手数料は0.09~0.1%になります。

少なく見積もっても30倍以上の差があります。

また、KuCoin独自で取り扱っている通貨KCS(KuCoin Shares)を保有していると”KSCの保有量に比例して手数料がさらに割引される”というのもあり、

手数料は”最大で0.07%”まで下がります。 

・銘柄の種類が多い

国内の取引所と比べ、圧倒的に取扱銘柄の数が多いです。

国内の取引所では扱っていない多くの通貨を取り揃えています。

その中には時価総額上位20位内の通貨も多く、これらの日本の取引所では取引できない通貨が今後伸びてくる可能性は十分にあると考えられます。

また、KuCoinが発表しているロードマップによると2018年12月までに、

”1000種類以上”

の通貨を取り扱う予定だそうです。

KuCoinに登録していればこれからますます、様々な通貨に触れることが可能となります。

・独自トークン(KCS)がすごい

独自トークンである「KCS」を保有すると、”手数料が最大30%OFF”になります!

さらに、”KCSの保有量に応じて、毎日配当報酬を得る”ことが出来ます!

KCSを保有するとこの2つの特典を受けることができますので、KCS価格も高騰しているようですね。KuCoin(クーコイン)に登録したら、まず、KCSを購入することから始めてみてもいいかもしれませんね。

おそらく今年は伸び続ける取引所になると思うので、早いうちにこのコインを保有しておいた方がいいと思います。

公式サイトへ

5位 世界最大級のアルトコイン取引所 Poloniex

poloniexは古くからある大手取引所です。UI/UXもよく、使いやすい取引所です。

アメリカで2014年1月に設立されました。

特徴・メリット

・世界2大仮想通貨取引所の1つ

ポロニエックスは世界トップクラスの仮想通貨取引所となり、Bittrexと並び、世界2大仮想通貨取引所の1つとなっています。

運営元は古くから仮想通貨を取り扱っているので、取り扱っているコインの安全性に関しても安心感のある取引所といえます。

・安全性が高い

コインの安全性に関して安心感があると上述しましたが、それはなぜなのでしょうか。

それには上場するコインへの審査への厳しさがあります。

世界2大取引所であるビットトレックスは上場しているコインがポロニエックスよりも多いですが、審査が甘いです。

そのため、ビットトレックスに上場しているコイン方がの数は多いのですが、

ポロニエックスに上場しているコインはビットトレックスに上場しているコインよりも安全性が高いと思われます。

・手数料の安さ

またビットトレックスに比べ取引手数料が安いという面もあります。

ポロニエックスの取引手数料が0.10%~0.15%であるのに対し、ビットトレックスは取引手数料が0.25%となっています。

しかしながら最近では、BINANCEのように多くのアルトコインを扱っていて日本語対応もしている海外取引所が増えてきていたり、poloniexはアメリカの規制の影響で本人確認が厳しくなっていたりもしています。

関連記事:Crypto Exchange Poloniex to Impose Customer ID Requirements

poloniex公式へ

6位 珍しいコインがひしめく Coinexchange

coinexchangeはアルトコインを手軽にトレードするための取引所です。

BINANCEやkucoinと似た立ち位置の取引所といっていいでしょう。

特徴・メリット

・あまり見かけないアルトコインがひしめいている

BINANCEなどで扱っていない、XPなどの通貨が購入できる点がメリットです。

上場しやすい取引所のため、あまり見かけないアルトコインがひしめいています。

アルトコインを多く取り扱っている取引所全般に言えることですが、各取引所で取り扱っているコインが異なるため、どの取引所も甲乙つけがたいです。

Kucoinがきになる方は公式サイトへ

海外取引所を開設しておくべき理由

上述したように海外取引所は国内の取引所に比べ、上場しているコインの量が多いのが特徴です。つまり、国内の取引所では買えないコインを海外の取引所では買えます。

何か話題の通貨を買いたい時に、国内の取引所では取り扱っていないということがあります。そのために、海外取引所を開設しておくべきだと考えます。

また、取引手数料が国内に取引所に比べ圧倒的に安いという特徴があります。

取引手数料に関しては絶対的に海外取引所の方が安いです。国内の取引所のほうが日本語対応やアプリ対応など、扱いやすさはあるのですが、仮想通貨取引を多く行う方は海外取引所を開設するべきです。

 海外取引所の特徴(国内取引所との比較)

  • メジャーなものからマイナーなものまでたくさんの仮想通貨を購入できる
  • 中には数百倍や数千倍に到達するコインが存在する(逆に暴落することもあります)
  • 手数料などが安く、板ベースでトレードすることができる
  • ネット上で登録すると数分でトレード開始できる

メジャーなものからマイナーなものまでたくさんの仮想通貨を購入できる

コインマーケットキャップなどを参照していただければわかりますが、世界には取引所でトレードされているだけでも1000を超える数のコインが存在します。

しかしながら、そのほとんどが海外の取引所でしか購入できません

例えば、国内で一番アルトコインの取り扱いの多いzaifで購入できるコインの数が15種類であるのに対して、海外の大手取引所Bittrexで購入できるコインの数は300を超えています。

数百倍や数千倍に到達するコインが存在する

これらのマイナーなコインには怪しいものが少なくありませんし、時価総額が低いものが多いです。

しかしながら、一年程度の短期間に数百倍や数千倍に到達するコインも多く存在します。

例えば、去年一年間でもっとも値段が上昇したコインは、experience-points (XP) というコインでしたが、上昇率はなんと一年間で53600倍でした。

年初に1万円購入していれば5億円を超えていたわけです・・・。

あくまでこれは去年の話で、さらにその中でも、もっとも価格の上昇したコインの話です。今年も同じような現象が起こり、あなたが儲けられるとは限りませんが、事実として恐ろしいほどのチャンスが存在したわけです、

手数料などが安く、板ベースでトレードすることができる

国内の取引所ではアルトコインの販売は可能ですが、割高なことが多いです。コインチェックなどはアルトコインの売買で5%くらいの手数料を取られたりします。

一方で、海外の取引所だと、手数料0.1%程度が相場です。かなり割安ですし、BINANCEなどは取引量も多いためスムーズにトレードを進めることができます。

ネット上で登録すると数分でトレード開始できる

海外の取引所は、ネットでメールアドレスとパスワードを入力するだけで一瞬で利用可能です。

数分で登録が完了し、ビットコインなどの仮想通貨を取引所に入金すればすぐにいろんなコインを購入可能です。

パスポートなどの本人確認をすると引き出し上限額が引き上げできたりしますが、少額であれば本人確認なしで使えます。

海外取引所のリスクについて

  • 経営破綻リスク
  • 購入したコインの暴落リスク

海外の仮想通貨取引所にはチャンスも多いですが、リスクは存在します。

経営破綻リスク

海外取引所に限らない話ではありますが、仮想通貨取引所には常に経営破たんリスクも存在します。

去年や今年はまだ新規参入者が多く、市場が拡大しているため持つかもしれませんが、増え続ける取引所の中には潰れるものも出てくるはずです。

もしも、海外の取引所にお金を入れていて、その取引所が破綻したりコインを持ち逃げしたりした場合、取り返すのが困難となります。

購入したコインの暴落リスク

海外の取引所で取り扱われているコインには、中身のないものがかなりの数あります。

それらは買い煽りなどによって値段をあげていますが、いつか暴落するリスクもあることも頭にいれておきましょう。

取引の手順

  • 国内の取引所(ビットフライヤーなど)に登録してビットコインを購入する
  • 海外取引所へビットコインを送金する
  • 送金してアルトコインを購入する

が基本的な手順になります。基本的には英語の作業になりますので、本記事では詳しく解説致します。

海外の取引所で購入するにしても、まずは国内の取引所でビットコインを購入した後に、送金する必要があるため、国内の取引所の登録は必須です!

まだ、国内取引所の登録が済んでいない方は、以下より簡単に開設が可能です。

「はじめてのビットコイン」では、「GMOコイン」をおすすめしています。

GMOコイン公式へ

まとめ

いかがでしたでしょうか。海外の取引所の中でも比較的メジャーで日本人に人気のある取引所を紹介しました。

仮想通貨の海外取引所もブーム状態です。

海外の取引所にあるコインは、長期的には価値がなくなるものも多いと言われていますし、取引所自体のセキュリティや運営に関するリスクも存在しますので、くれぐれも自己責任でチャレンジしてくださいますようお願いします。

BINANCE公式サイトへ

kucoin公式サイトへ

coinexchange公式サイトへ


仮想通貨 仮想通貨取引所 仮想通貨取引所ランキング