ビットコインキャッシュからビットコインキャンディがハードフォークで誕生!

▼おすすめの取引所ランキング

ビットコインキャッシュ分裂!

昨年からビットコインからハードフォークで多数のコインが生まれ、ホルダーに付与されていきましたが、ついにビットコインキャッシュからもハードフォークコインが誕生する予定だそうです。

もともとビットコインキャッシュも昨年の8月1日にビットコインからハードフォークして生まれたコインであるのでそこからさらに分裂することになります。

ビットコインキャンディとは?

ビットコインキャンディは多くの変更点があります。まず、ブロック生成間隔は2分でとても速いのと、コンセンサスアルゴリズムはBTGやZcashと同じくEquihashで、マイニングにはAsicよりGPU向きな設計になっています。

また、1BCHホルダーには1000ビットコインキャンディが付与され、総発行量は210億枚です。最近は発行量が多く、単価が低い草コインが爆上げする傾向があるのでそれを意識したのでしょうか?

分裂はビットコインキャッシュの512666番目のブロックで分岐されます。

2018年1月10日現在、数日後には分岐が完了すると考えられます。

ビットコインキャンディの現状

現状はまだハードフォークの発表して間もないということもあり、サポーターは多くはありません。

ただしCoinExという取引所がサポートを表明しており、今後さらにサポートする取引所が増えてきたり、マイニングする人が増えてくると状況は変わるかもしれません。

今後の動きに注目です。


ニュース ビットコイン (bitcoin) ビットコインキャッシュ 仮想通貨