仮想通貨Nano (旧名RaiBlocks) とは?特徴と過去チャート、将来性をまとめ

▼おすすめの取引所ランキング

nano(旧名RaiBlocks)はDAGと呼ばれる技術を使った仮想通貨です。

DAGはブロックチェーンとは異なりマイニングが存在せず、低手数での少額取引等が可能な技術です。

仮想通貨Raiblockasは2018年1月31日に名前が変更になり、Nanoという名前に変更されました。以降では、RaiBlocks=Nanoについて解説していきます。

https://hackernoon.com/nano-rebrand-announcement-9101528a7b76

Nano (RaiBlocks) とは?

Nano (RaiBlocks)
 通貨名Nano (XRB)
hashアルゴリズムPoW (Blake2)
コンセンサスアルゴリズムdelegated Proof of Stake
総発行枚数133,248,290 XRB
時価総額 (2018年1月11日現在) 4400億
リリース2016年2月29日
公式サイトhttps://raiblocks.net/
ホワイトペーパーhttps://raiblocks.net/media/RaiBlocks_Whitepaper__English.pdf

Nanoは、手軽で手数料がなくスケーラビリティのある仮想通貨を目指しています。

NanoはIOTAやbyteballと同じく、DAG(Directed acyclic graph、有向非巡回グラフ)と言われる技術を採用した仮想通貨です。DAGはビットコインの採用しているブロックチェーンとは異なる技術であり、低手数料がスケーラビリティの仮想通貨を実現する技術として期待されています。

Nano (RaiBlocks) の特徴

DAG (Directed acyclic graph)

DAGとは、有向非循環グラフといい、もともとグラフ理論などの数学用語です。

具体的には、ノード(点)を矢印で結んで表現されるネットワークのうち閉路のないもの、つまり矢印を辿ってある点からある点に戻ってくるルートが存在しないものを指します。

Nanoなどの暗号通貨は、このDAGを利用して取引履歴を保存します。

Nano (RaiBlocks) はどのようにDAGを利用しているか

Nanoではビットコインとは異なり、各アカウントが自身に関連するトランザクションをまとめて、ブロックチェーン形式で取引履歴を管理します。

https://raiblocks.net/media/RaiBlocks_Whitepaper__English.pdf より引用

上記のようにアカウントA、アカウントB、アカウントCが各自で自身に関連のあるトランザクション(取引履歴)を鎖形式にして保存します。矢印はブロックのhash計算の結果を後続のブロックに書き込むという処理を表現しています。

ただし、各トランザクションは自身のアカウントから他のアカウントへの送金や受信を表現しているため、このブロックチェーンは相互に関連します。

アカウントAからアカウントBへ送金を行った場合、アカウントAの取引履歴(ブロックチェーン)には送信トランザクションが、アカウントBの取引履歴には受信トランザクションが記録されます。

アカウントAとBにはそれぞれ同一の送金処理に関連するトランザクションが保存されるわけです。この関連性を点線の矢印で表現すると、以下のようなグラフで取引履歴全体は表現されます。

(図のSはSender:送信者、RはReceiver:受信者を表現しています)

https://raiblocks.net/media/RaiBlocks_Whitepaper__English.pdf より引用

上記のグラフの点線は、例えば、AのブロックチェーンからBのブロックチェーンに資金をいくら移動する、といった内容に対応するわけです。

このグラフは時系列に沿って矢印が生じるため、複雑に絡み合うことはあれど閉路(ループ)が生じることはありません。

これがこの種のデータ形式を利用している暗号通貨がDAGと呼ばれる理由です。(厳密に言えばビットコインのブロックチェーンも、非常に単純なDAGの一種ですが、、、、)

DAGでの送受信はどのように行われるか?

DAGを採用している暗号通貨では各自が自身のブロックチェーンを管理しています。

ノードAがノードBへ送金処理を行う場合、ノードAはノードBに向けた送金トランザクションを作成します。

その後、ノードBがPoWのhash計算をして、自身の管理しているブロックチェーンにAからの送金トランザクションを取り込むことで、送金が完了します。

このような仕組みで各自が取引履歴を管理する方式を採用しているため、ビットコインのように大量のストレージにブロックチェーンを同期する必要や、大量の電気代を消費してマイニングを行う必要がありません

自身の取引履歴さえ保存しておけば十分なのです。

二重支払いなどの不正への対処

上記のような仕組みでDAGは動作しているため、各アカウントが正しく自身の取引履歴を保存していれば、二重支払いなどの問題は発生しません。

しかしながら、暗号通貨はお金に関わる技術なので、必ずしも各個人が正しく振る舞うとは限りません。下記のように自身の持っているコインを複数アカウントに送金するような悪意のあるアカウントも想定しておかなければなりません。

https://raiblocks.net/media/RaiBlocks_Whitepaper__English.pdf より引用

このように取引履歴の分岐が生じた場合、どの取引履歴が正しいかを決定するためにNanoでは投票を利用しています。

byteballやIOTAなどは信頼のできるwitnessと呼ばれるノードの管理するメインチェーンが取引履歴を管理することで正しい取引履歴の順番を決めています。しかしながら、Nanoではネットワーク参加者の投票により正しい取引履歴を決定します。

これにより、byteballやIOTAに比べて、よりトラストレスで分散型の送金システムを実現することができます。

セキュリティ対策

Nanoでは、以下のような考えられうる攻撃に対して対処することができると言われています。がここでは詳細はあまりにも難しくなるため説明しません。

一通りの攻撃方法について対処法が考えられていると覚えておいてください。

  • Block Gap Synchronization
  • Transactin Flooding
  • Sybil Attack
  • Penny-Spend Attack
  • Precomputed PoW Attack

とは言え、まだ新しい技術ですので10年近く稼働しているビットコインと比べて、実環境での安全性の実証は不十分です。

Nano (RaiBlocks) の過去のチャート

https://coinmarketcap.com/ja/currencies/nano/ より

Nanoは、11月頃から急激に価格を上げています。ここに三ヶ月で価格を300倍近くに上げており、時価総額でも17位に位置しています (2018年1月11日現在)。

初期Distributionが完了した頃から急激に値段が上がっています。

Nano (RaiBlocks) のロードマップと将来性

  • NanoはIOTAやbyteballと同じく、DAGというブロックチェーンとは異なる技術を採用している
  • BINANCEの上場投票で1位を獲得しており、今後の上場が決定している

等、技術的にもトレード的にも注目度の高い銘柄です。

ロードマップ

https://raiblocks.net/media/raiblocks-roadmap-v2-en.png より引用

ロードマップは上記のようになっています。

  • 2017年10月
    初期Distributionを完了
    Walletの最適化とRPCプロトコルの拡張
    モバイルウォレット向けのバックエンドテスト
  • 2017年11月
    QRコードの実装
    デスクトップウォレットのUIを更新
    モバイルウォレットのUIとalphaテスト
    Nanoの法人を設立
  • 2017年12月
    モバイルウォレットのbetaテストとリリース
  • FUTURE
    Light Walletの開発
    チェーンサイズの削減のための枝刈りの実装

記事執筆時点ですでに2018年1月ですので、上記のロードマップではFUTUREに該当します。

しかしながらモバイルウォレットはまだ未リリースであったりと、必ずしも予定通りに開発が進んでいるわけではないようです。githubのcommitは継続的に行われており、開発されています。

BINANCEへの上場が決定!?

2018年1月のBINANCEの投票で1位を獲得しており、上場が決定しています。

とは言えすでに時価総額17位4400億に到達しておりますので、どれだけの成長の余地が残されているかは冷静に判断したほうがいいでしょう。

DAGという技術自体の将来性

ビットコインと比べてDAGという技術自体は、送金手数料の安さや取引の承認時間の速さなどスケーラビリティにおいて優れています。

今後DAGを採用する暗号通貨は増えていくと考えられるため、注目しておいてもいいでしょう。

ハッキングによりNano (RaiBlocks) が奪われた!?

実はイタリアの取引所BitGrailにて1700万XRBものNanoが盗難されたとのニュースがあります。

これは日本円で約211億円相当にもなります。

https://bitgrail.com/news

公式のリリースにもある通り、現在取引所はサービス停止中&盗難資産の返却の予定は無いようです。一方、Nano公式はこれはBitGrailのセキュリティ上の問題であり、Nano自体の問題ではないと声明を出しています。

Nanoは扱っている取引所が世界でも少なかったこともあり、BINANCEへの上場が予定されていたなどの点で注目銘柄でもあったため、日本人でも被害に合わせた方もいらっしゃるかも知れません・・・。

Nano (RaiBlocks) の買える取引所

では、Nanoはどこで購入可能でしょうか?

国内の取引所では、購入可能な取引所は存在しません。

海外の取引所のみで、取扱を行っています。海外の取引所で取扱を行っている取引所は以下です。

海外の取引所で購入するにしても、まずは国内の取引所でビットコインを購入した後に、送金する必要があるため、国内の取引所の登録は必須です!

まだ、国内取引所の登録が済んでいない方は、以下より簡単に開設が可能です。

「はじめてのビットコイン」では、「GMOコイン」をおすすめしています。

GMOコイン公式へ

まとめ

  • DAGという技術を利用した仮想通貨
  • BINANCEもへの上場予定で値上がりしている
  • 技術的にも期待!

アルトコイン コイン一覧 仮想通貨