仮想通貨IOTA (MIOTA) とは?特徴と過去チャート、将来性をまとめ

▼おすすめの取引所ランキング

本記事では仮想通貨IOTA(アイオータ/MIOTA)について特徴、過去チャート、将来性、購入できる取引所をまとめていきます。

IOTAはIoT(Internet-of-Things/モノのインターネット)デバイスとの互換性に特化した仮想通貨です。

未来の暮らしを変えるIoT×仮想通貨をコンセプトとするIOTAとは一体どのような仮想通貨なのか?詳しくご紹介します!

<本記事の要約>

忙しい人向け!仮想通貨IOTAとは?

  • ブロックチェーンではなくDAGという仕組みを使った世界初の仮想通貨
  • IoT機器×仮想通貨の実現を目指す
  • 送金手数料0でスケーラビリティにも優れている

IOTAとは

名称IOTA/アイオータ
単位MIOTA
発行日2017年6月
発行上限枚数2,779,530,283 MIOTA
発行枚数2,779,530,283 MIOTA
海外取引所binanceなど
国内取引所

仮想通貨IOTAは前述したようにIoT(Internet-of-Things/モノのインターネット)機器との連携を目指しています。

そしてIOTAは一般的な仮想通貨とは違い、ブロックチェーンではなくDAG(非循環有向グラフ/Tangle)というシステムを利用した世界初の仮想通貨です。

DAGを利用することで送受金の手数料0を実現したため、少額取引にも手数料を気にせず利用できます。

そのためIoTと仮想通貨の橋渡しを実現しやすくしています。

IOTAの特徴

さて、そんな仮想通貨IOTAの主な特徴はこちら!

  • DAGを利用している
  • IoTとの連携

DAGを利用している

仮想通貨は一般的にブロックチェーンを利用していますが、IOTAはブロックチェーンとは異なるDAGというシステムを利用した世界で最初の仮想通貨です。

DAGは非循環有向グラフTangleとも呼ばれ、元々は数学用語です。

DAGの大きなポイントは取引履歴の保管方法です。

ブロックチェーンが、ネットワーク全体でブロックチェーンを共有し一つの取引履歴を保存するのに対し、DAGは個々人で別々の取引履歴を保存します。

個々人が送金を行う際に非同期的に自身の取引履歴を管理するという特性があるため、DAGはネットワーク全体で定期的に取引履歴を確定するマイニングのような重たい作業を必要としません。

この仕組みはこのようなメリットを生み出します。

  • 安い手数料
  • 優秀なスケーラビリティ

自身の取引履歴を自分で管理するため、マイニングのようにインセンティブを支払う必要もありません。そのためIOTAは送金時の手数料0を実現しています。

DAGはこの画期的な仕組みは、ブロックチェーンの抱えている様々な問題を解決できる可能性を秘めています。

今後はIOTAのようなDAG系通貨が増えていくかもしれませんが、DAG自体はまだ十分な研究が終わっているとは言い切れず実験段階です。

▼DAGとは?

この記事では、最近話題の仮想通貨技術のDAGについて徹底的に解説していきます。 DAGとは有向非巡回グラフを意味し、ブロックチェーンとは異なる仮想通貨の技

IoTとの連携

IOTAはIoT(Internet-of-Things/モノのインターネット)機器との連携をテーマのひとつとしています。

現在、様々な機器がインターネットを実装しています。

例えば洗濯が終わるとスマホに通知を送る洗濯機、スマホでON/OFFできる家電など、日常で触れるモノが徐々にインターネットを実装し、より生活の利便性を高めています。

このようにモノにインターネットが実装されることをIoTと呼びます。

IOTAはIoT機器との連携に相性のいい仮想通貨です。

手数料0のDAGの仕組みは少額決済に向いている上、DAGはセキュリティも優れているためより利用しやすい環境を提供できます。

将来的にIoTのプロダクトが増えてくることを想定すると、これらの利点は他のブロックチェーン仮想通貨と比較しても大きなメリットとなりそうです。

IOTAの過去チャート

引用:https://coinmarketcap.com/currencies/iota/

時価総額では2018年5月現在10位です。IOTAはリリース後すぐに急激な成長を遂げ、常に20位以内をキープする通貨となりました。

もうIOTAより上にはかなりメジャーなコインしか存在せず、時価総額もすでに十分大きいため今後は以前のような急激な上昇は難しいかもしれません。

IOTAの開発状況と将来性

開発状況

IOTAは多くのロードマップを掲げています。例えば、

  • JavaやC++、RustやGoなどの言語でcore clientの開発
  • より軽量なlight clientの開発
  • クラスタ構成可能なswarm clientの開発
  • IoT向けに改装のプロトコルを切り替える実装(定かではないがTCPやUDPの切り替えなどを想定?)
  • 取引履歴を保存する自動スナップショット
  • その他にも、Identity of ThingsやPermanodes、Flash Network、Masked Authenticated Messaging、Private Transactions、Oraclesなどとにかくたくさんの開発予定があるようです。

単純に軽量でIoT向けというだけでなく、EthereumのようなスマートコントラクトやMoneroのような匿名性など多くの機能を取り込む予定のようです。

これを見る感じだとIOTAは低手数料でスケーラブルなだけでなく暗号通貨としてかなり高機能であるように見えます。

Githubを確認しても頻繁な更新が確認されるため、開発も着実に進んでいるようです。

▼IOTAのGithubを確認

https://github.com/iotaledger

将来性

IOTAの将来性は開発の進捗次第でしょう。

IoT機器のようなリソースの少ないデバイスに本当に実装可能なのかは疑問が残ります。

これは筆者の私見ですが、IoT向けと主張するのであれば、せめてハードウェアの要件、メモリやCPUの制約などを明らかにした上で、ターゲットを明確にして開発してほしいと思います。

また、IoTならではのユースケース等も整理してほしいです。

IOTAの買える取引所

では、IOTAはどこで購入可能でしょうか?

国内の取引所では購入可能な取引所は存在せず、現在海外の取引所のみで購入できます。

IOTAを取り扱っている代表的な取引所はこちら

海外の取引所で購入するにしても、まずは国内の取引所でビットコインを購入した後に、送金する必要があるため、国内の取引所の登録は必須です!

まだ、国内取引所の登録が済んでいない方は、以下より簡単に開設が可能です。

「はじめてのビットコイン」では、「GMOコイン」をおすすめしています。

GMOコイン公式へ

まとめ

仮想通貨IOTAを要約するとこのようになります。

  • IoT向けの仮想通貨
  • Tangle (DAG) という技術を利用している
  • IoT向けらしいが開発ロードマップからはハードウェア要件が不明

将来性は今後の開発の進捗に大きく依存しています。

DAGを利用したスケーラブルで手数料0の通貨というのは大きなメリットですので、実用性がどうなのかがポイントと言えそうです。


アルトコイン コイン一覧 仮想通貨