実際どうなのICO?過去の調達額や評価、成功・失敗事例紹介

▼おすすめの取引所ランキング

前回の記事では、ICOの概要について解説しました。

ICOという言葉を聞いたことがあるでしょうか? ICOとは”インターネットを使って国境を超えて自由に送金可能”という仮想通貨の性質

本記事では、実際に過去にどのようなICOがあったか、調達額や成功事例・失敗事例について見ていきたいと思います。

そもそもICOの成功・失敗ってどうやって判断するの?

そもそもICOの成功・失敗ってどうやって判断するのでしょうか?

仮想通貨業界自体がまだ未成熟な段階であり、まだ成功・失敗を判断する段階ではないように思います。

そこで、本記事では2つの視点で現段階での成功失敗を判断します。

  • ICO実施者視点
  • 投資者視点

ICO実施者側の視点

ICOの実施者視点で見ると出来る限り大きな金額を集めることが成功です。

調達額ランキングの上位が実施者視点では成功例になります。

 投資者視点

投資者視点で見ると購入したコインまたはトークンが取引所に上場し、購入した金額より高く売ることができるようになることが成功です。

本記事ではこの2つの視点でICOの評価を行っていきます。

参考:https://www.coinschedule.com/stats.html?year=2017

過去の調達額ランキング

1位 Filecoin $257,000,000 = 約282億円

分散型ファイルストレージを実現するFilecoinのICO、一時間で約200億円調達したことで話題になりました。

詳細は公式のページをご覧ください。

2位 Tezos $232,319,985 = 約255億円

ビットコインの分裂問題を解決すべく、ハードフォークをしなくても仕様のアップデートが可能なコインを目指したプロジェクト。

しかしながら創業者の内紛により255億円もの資金を集めたもののプロジェクトが進まず集団訴訟がおきています。

コインのハードフォークを解決するべく255億円も集めたはずが、人間関係が分裂してポシャるという嘘のようなホントの話です。

3位 EOS Stage 1 $185,000,000 = 約203億円

EOSという分散型アプリケーション基盤となるブロックチェーンプロジェクトのICOです。

コインの開発資金調達のためにEthereum上のトークンを売る、トークン自体にはなんの価値もないよ!と明言しています。

にもかかわらず何故か大量の資金集めに成功しています。

謎と言わざるをえません。

4位 Paragon $183,157,275 = 約201億円

国によって認定された大麻の流通記録を取るためのプラットフォームを目指したICO。

ICOBoxというロシアのICOプラットフォームでの実施ICO第1号です。

5位 Bancor $153,157,274 = 約168億円

Bancorはトークン発行プラットフォームにおけるトークンの流通量の課題を解決するプロジェクトです。

トークンはマイナーなものになればなるほど、売りたいときに売るのが難しくなります。

時価総額と出来高が低い通貨ほど、売りたいときに売りたい値段で売れないのです。

Bancorは、トークン発行の際に準備金を用意することで、この問題を解決します。

ICOの値上がり率(ROI)

現状、全てのICOの値上がり率を調査する方法が見つからなかったので、上記ランキング10位以内の通貨についてのみ結果を発表したいと思います!

Filecoin0% (未配布)
Tezos0% (未配布)
EOS2300%
Paragon43%
Bancor250%

となっています。Tezosとfilecoinはまだ配布が行われていません。これらについては配布や上場までに時間がかかることはよくあるため一概に言えません。

なんの利用用途もないはずのEOSは23倍です。

大きな絵を描いて大量の資金を集めたからと言って、Tezosのようによくわからないことになってしまったり、

なんの用途もないと言い切っているEOSが大量の資金を集めた上に23倍になっていたり・・・。

ちょっとなんというかよくわからないと言わざるを得ません・・・。

まともなICO:Ethereum

一説では、最もまともなICOはEthereumであったと言われています。

Ethereumは開発資金調達のため、2014年の7月22日 ~ 9月2日にICOによるプレセールを実施しています。

当時の交換レートは1BTC = 2000ETH(1ETH = 0.0005 BTC)でした。

それが現在0.09BTCにまで上昇しているためBTC建てで180倍に伸びています。

BTC自体がこの時期からこの時点から60倍近くに値段を上げていることを見ると、

180 × 60 = 10800倍の利益率になります。

値段の上昇率だけでなく、実際にEthereumは広く使われる分散コンピューティング基盤を目指して今も順調に成長しています。

  • 開発資金調達のための健全なICO
  • 投資効率も抜群
  • Ethereum自体も順調に開発が進む

ICOの失敗例は?

ICOの失敗例はたくさんあります。ICOをしたもののトークンが配布されなかったり、どこの取引所にも上場してもらえず値段がついていないROI 0%のICOは他にも多くあります

まとめ

いかがでしたでしょうか?代表的なプロジェクトの調達額や投資効率、Ethereumの例などを紹介しました。

2017年はICOの年といっても過言ではなく、ICOの調達額は2016年の$96,389,917に対して2017年は$3,700,682,293であり約38倍に伸びています。

今後もICO市場は成長していく可能性があり全体的な傾向にも注意していきましょう!

ICOに参加する前にまずはビットコイン取引所に登録しトレードに慣れておきましょう。

今ならビットフライヤーがおすすめです。

ビットフライヤー公式へ


ICO イーサリアム (ethereum)