仮想通貨QASHとは?購入方法と特徴、過去チャート、将来性をまとめてみた。

▼おすすめの取引所ランキング

本記事では、日本の仮想通貨取引所QUOINEが発行したコイン「QASH」について書きます。

QASH(キャッシュ)とは?

QASH
通貨名QASH
総発行枚数100,000,000,000 QASH
現在供給枚数350,000,000 QASH
時価総額$333,463,550(2018年2月16日現在) 第67位
リリース2017年
公式サイトhttps://ja.quoinex.com
公式twitterhttps://twitter.com/QUOINE_Japan
ホワイトペーパーhttps://liquid.plus/quoine-liquid
Etherscanhttps://etherscan.io/token/0x618e75ac90b12c6049ba3b27f5d5f8651b0037f6
bitcointalkhttps://bitcointalk.org/index.php?topic=2256844.0

昨年の11月にQUOINE社からQASHという仮想通貨の取引が開始されました!

QASHはLIQUIDのICOで発行されたトークンです。

今回のICOによりQUOINEは3日間で約120億円の資金調達に成功しました。

LIQUIDとは仮想通貨市場に流動性を集約した単一の取引プラットフォームであります。

上図のLIQUIDのプラットフォームですが、ワールドブックというものがあります。

QUOINEはこのLIQUIDというプラットフォームを使い、世界中の取引所が提供する全ての流動性を一つの取引プラットフォーム(World Book)に集約することを目的としています。

これはユーザーが自国通貨からドルなどに替える手数料がいらなくなり、市場の流動性が増すことで、多国間の取引所の価格差がなくなるという形にいずれなるよということです。

現在QASHトークンはQUOINEが提供するプラットフォームで決済に利用できることと、公開市場での取引が可能ということでこの通貨自体に特別な機能があるというわけではございません。

しかし、ジブラルタル証券という欧州の取引所と戦略的事業提携を結んでいますので、いずれ世界的に利用される通貨・取引所の1つである可能性があります。

QASHトークンに関してERC20トークンであり、サービスの支払いに使用されます。

 QASHのトリセツ

購入方法

現在(2018年2月16日時点)、QASHの取り扱いをしている取引所は日本ではQUOINEXのみとなっています。

そのため、「QASH」の購入をするためにはQUOINEへの登録が必要となります。

昨年の11月末にQASHの取り扱いがスタートし、急激にQUOINEへの登録者数が増えていましたので、捌き切れていない状態かと思われます。

以前よりは少し下火になったかと思いますが、先日のNEMの盗難事件もあり取引所の移籍がどこでも起きているのではと思うと、今登録したとしても口座開設の承認がされるまで本来よりかなり長い日数がかかってしまうのではないでしょうか。

また、QASHがQUOINEXでしか取り扱っていないことから現在登録している人はQASHを買いたい潜在顧客の可能性があります。

QASHがQUOINEXでしか買えないという希少性はかなり大きいですね。

安全性

2018年1月17日未明に起きた仮想通貨大暴落の件に関して、多くの人は仮想通貨バブルの崩壊と囁いています。

そのなかでもQASHはさほど他の通貨に比べて下げ幅が大きくなかったように思います。

その後の値動き安定した動きを見せているので安定している通貨の一つではないかと思います。

また先日のNEMの盗難事件もあり仮想通貨に対する信用が揺らいでいるかと思いますが、今がかなりの辛抱でもあると思いますので、しっかり通貨を見極めて選ぶ必要もあるかと思います。

また、QUOINEXでこれまで盗難の被害にあっていないことからも安全であると推測されます。

過去チャート

QASHが昨年の11月にデビューしてから現在までのチャートです。

(URL:https://coinmarketcap.com/currencies/qash/)

激しい値動きがありましたが、様々な騒動もあり現在は100円前後で落ち着いています。

将来性

やはり一番気になるのは今後QASHはどうなるのかということでしょう。

取引開始時の価格はおよそ1QASH=50円台半ばでした。
過去最高で1QASH=290円弱、そして現在(2018年2月16日時点)は1QASH=100円前後で動いています。

現在(2018年2月16日時点)、QASH通貨の時価総額は全体で67番目($333,463,550)の位置につけています。

上場したのが11月末なのでおよそ2ヵ月弱で1QASH=200円前後まで行きましたが、現在では100円前後を推移しています。

傾向としてはやはりBTCにつられて値が動いている印象がこの1ヵ月では大きいと感じます。

いずれ時価総額5位以内には食い込んでくる通貨となるのではないでしょうか。

これまでもアジア圏の国の動きによってチャートが大きく変動してきましたので注目しておきましょう!

また、QASHの値動き将来性は取引所であるQUOINEXのサービスの改善と切っても切り離せないので、注目しましょう!

QUOINEX公式へ

まとめ

  • QASHは今後注目の通貨
  • QUINEXのユーザ数次第で伸び率が変わってくるため、チャートの見やすさなどサービスが改善されればより多くのユーザーを取り込める

QUOINEX公式へ


ICO QUOINEX アルトコイン コイン一覧 仮想通貨 仮想通貨取引所