COMSA(コムサ)をわかりやすく解説。日本初のICOプラットフォームの展望

▼おすすめの取引所ランキング
<本記事の要約>
  • COMSAとはDaapsだけでなく実企業も対象としたICOプラットフォーム
  • COMSAは実社会とブロックチェーンを繋げていくことを目的としている
  • COMSAトークンはこれからのCOMSA内でのICO参加にメリットがある

本記事では日本発であり、日本初のICOプラットフォームのCOMSAについて分かりやすく書いていきたいと思います。

COMSA(コムサ)とは

COMSAとはDaaps(分散型アプリケーション)だけでなく、企業(実社会における既存ビジネス)を対象としたICOプラットフォームとなります。

COMSA(コムサ)は、「Computer」の「Com」と日本語の「鎖(さ)」を組み合わせた、「ブロックチェーン」に由来した造語だそうです。

世界のブロックチェーン業界では、2017年6月の時点で過去12ヶ月間のICO(Initial Coin Offering – 仮想通貨発行による資金調達手法)による資金調達総額が、ベンチャーキャピタルにより大幅に上回りました。そのような中、7月25日に米SECがThe DAOが金融商品に該当しうると発表し、ICOの法的なポジションも国際的にクリアになることが予想され、ICOを実施する企業にはますます綿密な設計が必要となります。

一方、多くの企業がICOを希望するものの、基本となるブロックチェーン技術の導入には様々な問題がつきまといます。その中の一つとして、暗号通貨の法定通貨に対するボラティリティであり、会計上や監査上の様々な煩雑さを引き起こしています。そして期待とニーズに、既存のソリューションが対応しきれていなかったのが最も大きな障壁となっていました。

COMSA は、これら課題をまとめて解決すべく、企業のICOによる資金調達と、既存アセットのトークン化技術、Zaif取引所、そしてmijinプライベートブロックチェーンによる内部勘定技術をワンストップのソリューションとして提供し、実ビジネスへのブロックチェーン技術導入を一からサポートいたします。

COMSAを分かりやすく説明した動画があるので、是非下の動画を御覧ください!

そもそもICOとは、、

ICO(Initial Coin Offerings):「トークン」と呼ばれる独自の仮想通貨を発行し、それを販売することで、開発費や研究費を調達する方法です。

つまり、株式を発行して資金を調達するのと同じようなものです。

詳しくICOを知りたい方は こちら へ

運営会社

COMSAは仮想通貨の取引所であるZaifを運営しているテックビューロが運営しています。

テックビューロ株式会社は、2014年に日本で朝山貴生によって設立された国際的なCrypto-Fintech ラボである。テックビューロは、2015年初頭に当時現存していたビットコイン取引所では最古の「 Etwings」を買収し、同年4月に「Zaif」としてリローンチした。Zaifは2016年8月から既にトークン の取り扱いを重視した仮想通貨取引所となっている。

なぜCOMSAが生まれたのか

今現在、クラウドファンディングやICO等、今までにはない資金調達の形が出来上がってきています。様々な企業がICOにより資金調達をしようと目指しています。しかしそこには、法的な問題や技術的な問題があり、参入が難しくなっていました。

COMSAは企業自体とそれが今後活用することとなるNEM、Ethereum、Bitcoinのパブリックブロックチェーンネットワークとを、mijinのプライベートブロックチェーンを併せてつなぐための触媒になろうとしています。

”つまり、COMSAは、企業経済とブロックチェーンとを繋げていく役割を担おうと誕生しました。”

COMSAトークンについて

COMSAはCOMSAトークンを用いて参加するプロジェクトとなります。

簡単に言うと、

「イーサリアム」→プロジェクト  「イーサ」→仮想通貨

「COMSA」→プロジェクト  「COMSAトークン」→仮想通貨

のようなイメージとなります。

COMSAトークンはZaifに上場するようです。つまり、ビットコインやイーサ等と同様に取引することができるわけです。

”今後予定されているICOに参加するため(支払いのため)に使用します。”

COMSAトークンを持つメリット

①今後のCOMSAでのICO案件に対して5%以上のプレミアムボーナスを付与

トークンセールにて販売されるCOMSAトークンは、2号案件以降のICOでの払込みに使用することによって、5%以上の追加プレミアムボーナスが約束されます。

②今後COMSAで上場されるICO案件のプレセールへの招待

CMSトークンの保有者に対しては、今後のICO案件において特別なクローズドのプレセールへ招待される特権が付与される予定である。

つまりCOMSAトークンを持つことで今後のICOにお得に参加できるということでした。

これからのCOMSA上でのICO案件については様々な仮想通貨でトークンセールに参加することは可能ですが、COMSAトークンの需要はこれからますます上がってくることでしょう。

COMSAプラットフォーム上で提供されるもの

COMSAプラットフォーム上では、ICOトークンの発行とそのトークンセールとを実施していくそうです。

具体的なサービス内容

以下のものが具体的なサービス内容として考えられているそうです。

初期に提供が開始されるサービスは以下の通りである
● ブロックチェーン技術、特にトークンを用いたビジネスプランとサービスデザイン。
● 既存ビジネスにおけるアセットのサイバースペース上でのトークン化。
● ICOとトークン化におけるリーガルサポート。
● 他言語のホワイトペーパー作成。
● クラウドセールプラットフォームを用いたトークンの作成と販売。
● Zaif取引所でのマーケット提供。
● オンプレミスもしくはクラウドBaaS環境での、内部勘定システムのためのプライベートブロックチェーンmijinの提供。
● NEMパブリックブロックチェーン上で、法定通貨建てと主な暗号通貨建てでの商取引を可
能とする、ネットワークフィー委任サービスとペッグされたトークンの提供。
● NEMブロックチェーン上でのスマート・サイニング・コントラクトの開発。
● Ethereumブロックチェーン上でのスマート・コントラクトの開発。

そしてCOMSAプラットフォームが完成してからは既存のと新規のICO案件に向けて、上記のサービスに加え、以下のものを提供する予定だそうです。

● COMSA COREのインテグレーション。
● パブリックブロックチェーンとmijinのプライベートブロックチェーンとを接続しペッグするためのCOMSA HUBのインテグレーション。

これらCOMSAソリューションで提供されるものをを簡単にまとめると、、、

  • NEMとイーサリアムのブロックチェーンを利用したトークンの発行
  • 上記のトークンを利用したICOの実施
  • NEMとイーサリアム上の、暗号通貨とペッグしたトークン(BTC, ETH, and XEM
  • NEMとイーサリアム上の、法定通貨とペッグしたトークン(PYZTetherなど)
  • プライベートブロックチェーンmijin
  • ペッグされたトークンの裏付けとなるZaif取引所と、そこでのトークンの取引取り扱い

ペッグとは:ペッグとは為替レートを一定に保つことです。 例えば、米ドルにペッグしている仮想通貨は、いつ交換しても為替レートが一定になります。 仮想通貨を使ったペッグの場合は為替相場の変動を完全に固定するのではなく、極小幅に限定するのが一般的です。

Mijinとは

mijinは、テックビューロによって開発販売されているプライベートブロックチェーン技術のプラットフォームとなります。

同製品は、NEMブロックチェーンプロジェクトと同じコア開発者によって開発 されている。NEMプロトコルを実装し、P2Pネットワーク技術を用いて企業のネットワーク内に超 高速のブロックチェーンを構築することを可能としています

COMSAでのICO案件

COMSA

今の現在(2018年1月)COMSAでのICO案件は、COMSAただひとつとなっています。

このICOは1ヶ月にわたり、COMSA(コムサ)のICOが終了しました。

結果、約109億円を調達する超大型ICOとなりました。過去に行われたICOによる資金調達額では6位となります。

COMSAはこのトークンセールによって得られた資金を以下のような形で運用していくそうです。

トークンセールによって得られた資金の使途は以下の通りとなる
● COMSAのICOトークンセール基盤プラットフォームの開発。
● COMSA COREの開発。
● COMSA HUBの開発。
● 暗号通貨ペッグのトークン開発。
● 法定通貨ペッグのトークン開発。
● Zaif取引所の完全な他言語化とサポート体制の整備(英語、中国語など)。
● Zaif取引所におけるERC-20トークンとNEM MOSAICトークンの円滑な上場プロセスの整備。
● 全ての通貨に対する/XEM と/ETHペアの追加。
● COMSAソリューションとそれに関連するサービスのPRとマーケティング。

これからのCOMSAの運営や開発に使われていくようですね。

これからのICO案件

COMSAのICOのように、これからのICO案件のトークンにも必ず何かしらの機能(メリット)を付与していくそうで、ただの資金調達案件は却下しているそうです。

それらのトークン保持者はそれぞれの企業、Daapsでお得なサービスを受けられると考えられます。

つまり、株主優待のようなものと考えていいと思います。

今後のICOの予定としては、20以上のICO予定があるそうで、発表されているものとして以下のものがあります。

  • Looop
  • CMJ
  • CYBERLAB 9「VERSES」
  • メタップス 「タイムバンク」

Looop

株式会社Looopは再生可能エネルギーを中心とした事業を進めている会社で、マイニング事業と発電事業を拡大させるためにICOを行うそうです。

また、マイニング事業をLooop社同様にCOMSAにてICOを行うCMJ社、COMSA運営のテックビューロの3社で協力して行っていくとのことです。

CMJ

株式会社CMJ(crypto mining japan)は名前の通り、マイニング事業を行っている会社となります。

コンテナ型マイニングというものをやっており、

独自設計のコンテナによるマイニング施設構築→マイニング施設をゼロから設計、移動可能なマイニングセンターを開発をやっているそうです。

これからはマイニングプールの提供、クラウドマイニングの提供などマイニングに関する様々なサービスを提供していくそうです。

上記した通り、Looop社、テックビューロとともに3社でマイニング事業を進めていきます。

おそらくマイニングに関わる電力供給をLooop社、マイニング自体をCMJが行っていくような形なのだと思われます。

CYBERLAB9 「VERSES」

CYBERLAB 9社は最先端テクノロジーとエンターテイメントが融合するコンテンツの開発提供を得意とするデジタルメディア企業となります。近年はVR/AR、人工知能、ブロックチェーン技術の導入コンサルティングやインキュベートも手がけています。前オバマ大統領の選挙キャンペーンを成功させた事で知られ、20年を超える社歴の中、自動車、航空機、ITなどハイテク産業から、グローバル消費材メーカーや外食チェーン、金融、映画・ゲームなどエンターテイメント業界から政府系まで数多くのクライアントと、様々な受賞歴を持つそうです。

「VERSES(バーセス)」はCYBERLAB9のインキュベーションプロジェクトとして立ち上がりました。仮想世界の開発フレームワークを提供し、作成されたゲームやVR/ARアプリケーションを配布し、ユーザーがプレイできるプラットフォームを提供します。

ICOによる資金調達によって、「VERSES」のゲームエンジンやVR/ARプラットフォームの追加機能として「vCommerce」を実装する計画です。

「vCommerce」が実装されると、ゲーム・VR/ARの仮想世界と実世界を行き来するユーザー、アバター、物等のアカウント間で、ブロックチェーン上でセキュアにトークンや仮想通貨による決済が可能になります。

メタップス 「タイムバンク」

https://timebank.jp/

株式会社メタップスが運営する、タイムバンクもコムサ上でICOを行うことが発表されました。

タイムバンクは10秒単位で時間を取引できる取引所であり、経済と時間の再発明を目指しているそうです。

遅くとも2018年の夏までのICOを検討しているそうです。

トークンを購入するインセンティブとしては下記のものが考えられているそうです。

タイムバンクで取り扱う全時間の平均価格と連動したトークンや、利用実績に応じて各種の手数料の割引が受けられるトークンなど、サービスの成長と連動して利用者の利便性を向上できるような機能を想定しています。

まとめ

本記事ではCOMSAについて書いてきました。

簡単にまとめると

  • COMSAとはDaapsだけでなく実企業も対象としたICOプラットフォーム
  • COMSAは実社会とブロックチェーンを繋げていくことを目的としている
  • COMSAトークンはこれからのCOMSA内でのICO参加にメリットがある
  • COMSAでICOしたトークンは様々なインセンティブがついてくる。

日本発で日本初であるCOMSA。2018年からは様々な企業やサービスがCOMSAプラットフォーム上でICOしていきます。その為、COMSAはこれからもっと話題になっていくと思われます。

今では仮想通貨は法定通貨とのトレードのみの印象ですが、このようにICOトークンを購入するなど、様々な形での仮想通貨の投資が今後増えてくると思われます。

ぜひこの機会にこれから行われる、COMSA上でのトークンセール(新規ICO)の参加を考えてみてはいかがでしょうか。


ICO zaif アルトコイン 仮想通貨 仮想通貨取引所