仮想通貨DOGECOIN(ドージコイン)とは?特徴と過去チャート、将来性をまとめ

▼おすすめの取引所ランキング

DOGEコインとは日本人にとって非常にお馴染みの柴犬があしらわれたアルトコインです。

元IBMエンジニアでプログラマーのビリー・マーカス氏がビットコインのパロディー版として開発した仮想通貨です。

<本記事の要約>

忙しい人に向け!DOGEコインとは?

  • DOGEコインは寄付に使われている。
  • 「DOGE MARKET」が注目を浴びることになればDOGEコインに対する価値が高まる可能性大。
  • ただし、発行枚数に上限がないのとマイニングが非常に速いので価格上昇への見込みは立てづらい。

DOGEcoin(ドージ)とは?

概要

DOGE
通貨名DOGE
総発行枚数無限
現在供給枚数109,466,297,666 DOGE
時価総額$827,153,955(約900億円=108円/$)
リリース2013年12月
公式サイトhttp://dogecoin.com/
公式ツイッターhttps://twitter.com/dogecoin
ホワイトペーパー
Etherscan
bitcointalkhttps://bitcointalk.org/index.php?topic=361813.0

DOGEコインとは日本人にとって非常にお馴染みの柴犬があしらわれたアルトコインです。

元IBMエンジニアでプログラマーのビリー・マーカス氏がビットコインのパロディー版として開発した仮想通貨です。

海外では多くの呼び方があり、「ドージ」、「ドーズ」、「ドッグ」、「ドーグ」、「ドギー」など様々な呼び方をしています。

2013年12月にリリースされているということで、仮想通貨の中でも歴史の長いコインと言えます。

またDOGEコインは「DOGE MARKET」という専用のコミュニティサイトで使用されています。「DOGE MARKET」とはDOGEコインでビットコインや商品を売買することができるサイト。

以下が「DOGE MARKET」のサイトです。

https://www.reddit.com/r/dogemarket/ より

特徴

発行当時、DOGEコインは「おふざけ通貨」として存在していましたが、その後一時的に時価総額1600億円まで登りつめ話題になりました。おふざけで始まったものの、全盛期のDOGEコインコミュニティには多くの開発者が集まり、その賑わいはものすごいものであったと聞きます。

現在の使い道は主に送金、「DOGE MARKET」でのビットコインや商品の売買です。

DOGEコインの特徴は下記のようなものが挙げられます。

  • 送金が早く、簡単
  • 寄付によく使われる
  • 発行数量が無限 → 価格変動しづらい、非常に安い。

送金が早く、簡単

ドージコインはライトコインをベースに作られており取引の承認時間が短いことが特徴です。

ブロックの生成時間(これが取引速度の指標)は約60秒となっています。ビットコインは約10分、ビットコインより早く送金するために開発されたライトコインですら約2分となっているので圧倒的に送金速度が早くなっています。

そのため送金、決済に対する使いやすさは他の仮想通貨の追随を許さないものとなっております。

寄付によく使われる

ドージコイン開発当初は殆ど知名度のない仮想通貨となりましたが、一躍ドージコインの知名度を高めた出来事があります。

それはオリンピック出場のための寄付手段として使用されたことです。ドージコンはジャマイカのボブスレーチームのソチ五輪出場のためにしようされました。

このことからドージコインは寄付に使用されやすいコインとしてのイメージが仮想通貨市場に根付き寄付に使用されるようになりました。

発行数量が無限 → 価格変動しづらい、非常に安い。

ドージコインの3つ目の特徴は発行料が無限であるため価格の高騰が発生しにくいと考えられているところです。

基本的に物の価値は市場に出回っている数と需要のバランスによってなりたっています。しかしながらドージコインは発行枚数が無限であるため値段の上下がほとんどありません。

また、単価が安いため手数料が極めて安いのが特徴に挙げられます。その安さは、ほぼ無いと言っても過言ではないほど…!同じ仮想通貨であるビットコインやイーサリアムを送金するよりも可能ならばDOGEコインを送金したほうが明らかに安いと言えます。

非常に安いコインであるため、ビットコインのように価格が上昇し続けるコインと違い、扱いやすいコインと言えます。ビットコインやイーサリアムが値の変動が起こりやすいのに対して、非常に安い値段で取引されているため、例え価格が下がっても大きな痛手を負うことは比較的ありません。

チャートと時価総額

2018年1月29日時点のチャート

上記のチャートの通り半年ほど前から急激に価格変動が起こり上昇していることがわかります。

2018年1月29日時点の時価総額ランキングは現在41位

価格は非常に安いですが時価総額はおよそ900億円という決して小さいとは言えない市場規模ではないでしょうか。

将来性

将来性という観点からすると非常に難しい分野のアルトコインであると思います。

発行数量が無限なので価格の上昇を見込むことは極めて難しいです。

ただひとつ言えるのは発行数量が無限ということは価格は上がりづらい部分はありますが、価格の安定したコインであるということが言えます。

投資という観点より投機という観点から見ればつぎ込んでみるのもかなりおもしろいコインであることは確かだと思います。

仮に「DOGE MARKET」が多くのユーザーを抱えるような有名になったり、世の中の決済手段として仮想通貨が広まってきた際に、寄付に特化したコインとしてDOGEコインが主流になれば、価格の上昇も見込めるのではないかと思います。

DOGEの買える取引所

では、DOGEはどこで購入可能でしょうか?

現在、国内の取引所には購入可能な取引所は存在しません。

下記の海外の取引所で取り扱いがあります。

  • Poloniex
  • Bittrex
  • Coin exchange
  • Cryptopia

海外の取引所で購入するにしても、まずは国内の取引所でビットコインを購入した後に、送金する必要があるため、国内の取引所の登録は必須です!

まだ、国内取引所の登録が済んでいない方は、以下より簡単に開設が可能です。

「はじめてのビットコイン」では、「GMOコイン」をおすすめしています。

GMOコイン公式へ

まとめ

  • DOGEコインは寄付に使われている。
  • 「DOGE MARKET」が注目を浴びることになればDOGEコインに対する価値が高まる可能性大。
  • ただし、発行枚数に上限がないのとマイニングが非常に速いので価格上昇への見込みは立てづらい。

アルトコイン コイン一覧 仮想通貨