【速報】Weiss RatingがBitcoin・仮想通貨の格付けを開始!

▼おすすめの取引所ランキング

2018年1月24日23時、米大手格付けサイトWeiss Ratingがビットコイン及び仮想通貨の格付けを開始した。Bitcoin,、Ethereum、Ripple、Dashを含計74の仮想通貨をランキングするとのこと。

The World’s First Ratings of Bitcoin, Ethereum, Ripple, Dash and 70 Other Cryptocurrencies by a Financial Rating Agency

上記記事では、レーティングの一部の例として、

Bitcoin: C+

Ethereum: B+

Novacoin: D

SaluS: D

Steem: B-

としています。これは、現在時点での仮想通貨の価格が適当であるかどうかを示しています。

Cは妥当な値段であること、BやAは割安、DやEは過剰評価であることを示しています。

Weiss Ratingって?

Weiss Ratingは米大手格付け機関です。1971年に設立され、保険会社、銀行、信用組合、株式、ETF、ミューチュアル・ファンドといった分野の格付けをこれまでも行ってきました。

Weiss Ratingは、格付け対象の企業からの報酬は受けずに、個人投資家や消費者等のエンドユーザーから収益を得ることを目的とすることで、高い独立性と正確性を持ったランキングの作成を行っています。

この高い独立性と正確性によって、Weiss Ratingは、保険会社のレーティングや株式投資などの分野で他の格付け機関(Moody’s、Standard&Poor’s、Duff&Phelps、AM Best、ゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレー、メリルリンチなど)に比べて高い評価を得ており、バロン氏やNew York Timesからも賞賛されています。

Weissが仮想通貨の分析に乗り出した訳は?

現在の仮想通貨は、投機的で基準がなく詐欺的なコインも多くあり、市場は定期的に暴落を繰り返しており、公平で明快な格付けが必要です。

これまでの46年の実績を活かして、仮想通貨の最初の格付け機関として名乗りを上げ、独立性と透明性の高い格付けを実現することを目指し、過剰なマーケティングを行わない有望な暗号通貨の情報を特定し整理します。

Weissはどのように仮想通貨の格付けを行うのか?

Weissは、以下の4点から仮想通貨の格付けを行うと発表しています。

  1. Cryptocurrency Risk Index
    (a) 複数の時間軸での価格変動 (b) 大きな値動きの頻度 (c) 市場のバイアス
  2. Cryptocurrency Reward Index
    (a) 移動平均に比べたリターンの大きさ (b) ベンチマークと比べた際のリターンの大きさ (c) 平均的なリターン
  3. Cryptocurrency Technology Index
    匿名性、ガバナンス、アップグレード能力、電力効率、スケーリングソリューション、他のブロックチェーンとの相互運用性、他の技術的長所短所
  4. Cryptocurrency Fundamental Index
    トランザクションスピードとスケーラビリティ、ネットワーウセキュリティ、非中央集権性、開発社、公衆への認知度、など

ざっくりといえば、(1) 市場におけるテクニカル分析 (2) リスクに対するリターンの大きさ (3) 通貨としてのカタログスペック (4) 実際の性能や開発状況、等から総合的に判断するようです。

Weissの格付けはどのように見るの?

Weiss Ratingを見るためには、Weiss Cryptocurrency Ratingを購読する必要があります。

Ratingを購読すると、電子メールによって最新の格付けを受け取ることができます。

このRatingは週刊で解説と共にアップデートされます。一方で、市場に大きな影響のあるニュースが生じた場合には即座にアラートが送られます。

以下のサイトで購読が可能です。

The World’s First Ratings of Bitcoin, Ethereum, Ripple, Dash and 70 Other Cryptocurrencies by a Financial Rating Agency

週9ドル、月29ドル、一年間で468ドルの購読料となっているようです。

Weissの評価は何を変えるのか?

現在の仮想通貨には評価基準がなく、格付け機関による参入は喜ばしいことだと思われます。

一方で、仮想通貨の値動きは、株式や為替のように価値を算出する方法が一切なく、雰囲気で決まっている側面があります。

Weissの格付けにより、仮想通貨の根本的な価値のあやふやさが解決するわけではないでしょう。

しかしながら、今度トレードの材料としては非常に重要な基準となりうるので、興味のある方は購読してみるのもよいのではないでしょうか。


ニュース