『リップルの買い方・購入方法』最もおすすめの取引所を紹介・解説します!

忙しい人向けにまとめ!リップルが欲しいあなたに最適な取引所!

【1位】 GMOコイン

リップルを低手数料で購入!

今回はリップルの購入・売却方法を実際の操作画面とともにご紹介します。

初心者の方もぜひこの機会に期待の暗号通貨リップルを購入してみましょう!

リップル(XRP)は将来性のある通貨?購入するべき?

時価総額3位の仮想通貨

まずはじめに、リップル(XRP)とはどのような通貨でしょうか?

2018年7月13日現在、時価総額ランキングはビットコイン、イーサリアムに続いてなんと堂々の3位。有名な通貨に次いでかなりの評価が集まっていることがわかります。

ビットコインの時価総額を抜いて1位となる可能性があるのは、イーサリアムと言われていましたが、リップルも同様に時価総額1位となる可能性がある通貨と言われ始めています。

2017年には相場価格が200倍以上に

2017年には相場価格が200倍以上に成長した通貨でもあります。もともとリップルは、google、Apple、Microsoftが出資したり、多くの国際的な大手金融機関との提携など、大きな価格上昇を見せる前からひそかに注目されている通貨でした。それが2017年下半期の仮想通貨界隈への世間の注目により、リップルが日の目を浴びるような形となり、このような価格上昇へ繋がりました。

2018年には実用化が始まり、価格上昇なるか

2018年はリップル関連事業が一気に始まります。

三菱東京UFJ銀行が、バンク・オブ・アメリカ等の米欧豪の大手銀行6行と連携して、リップルを利用した次世代型送金システムを組む予定だと2017年3月に発表しています。三菱東京UFJ銀行は2018年からの個人向けの24時間365日利用が可能となる高速送金サービスの提供も予定しており、実用化はもうすぐといえます。

また、SBIとリップルが共同出資して設立したSBI Ripple Asiaによる24時間リアルタイムでの送金が可能な金融プラットフォームを作り出すプロジェクトもアジアを中心に広がっていきます。

日本だけでリップルのニュースはこれだけあります。海外も合わせるとリップル関連ニュースは数多くあり、2018年はリップル元年となりそうです。

これだけの材料があることから、リップルの将来性に期待できるでしょう

もっとリップルのことが知りたい!という方はこちらの記事も併せてご覧ください。

去年から注目度の高い仮想通貨、リップル(XRP)。 2018年1月23日現在で時価総額はビットコイン、イーサリアムに次いでランキング3位。アルトコインの中

リップル(XRP)を入手する方法って?(簡単にまとめ)

引用:https://www.shutterstock.com/home

リップルがどんな仮想通貨であるかはわかりましたね。

では、その仮想通貨であるリップルはどのように購入すればいいのでしょうか・・?

まず仮想通貨を購入するには、銀行の口座を開設するように、

仮想通貨取引所の口座を開設する必要があります!

この仮想通貨取引所では、

仮想通貨の購入」「仮想通貨の保管」「仮想通貨の出し入れ」「仮想通貨の送金

の4つをすることが可能です。

基本的には「仮想通貨の購入」以外は銀行に近い仕組みですね。(※仮想通貨取引所では多くのハッキング事件が起きています。多額の資金を保有する場合はウォレットと呼ばれるもので個人で管理しましょう。)

基本的に仮想通貨を手に入れるのは取引所毎に取り扱っている仮想通貨を法定通貨、もしくは仮想通貨で購入するような形となります。

ということは、、

リップルを購入するには、リップルを取り扱っている仮想通貨取引所に登録しなければいけません・・!

それではどの仮想通貨取引所はリップルを取り扱っているのでしょうか。

見ていきましょう!

リップル(XRP)を取り扱っている取引所ってどこ?

引用:https://www.shutterstock.com/home

それでは早速、リップルを購入してみましょう!

仮想通貨は取引所で売買され、取引所は基本的に利用する場合登録が必要となりますので、登録方法をひとつひとつ見ていきます。

リップルを取り扱う国内取引所は以下の通りです。

<リップル(XRP)を取り扱う国内取引所のおすすめ>

リップルは取り扱っている取引所が多くて迷ってしまいますが、この4つの取引所のうちのどれかをおすすめします。

本記事ではリップル(XRP)を購入するのにおすすめの取引所である、
GMOコイン」「bitbank(ビットバンク)bittrade(ビットトレード)
の3つの取引所を比較し、それぞれでの購入方法を紹介・解説していきます。 
まず3つの取引所を比較した表を御覧ください。
これを見て、自分に合った取引所を開設しましょう。

GMOコイン

bitbank

(ビットバンク)

bittrade

(ビットトレード)

特徴『金融大手運営の安心感』『隠れた名取引所』『バランス型の取引所』
手数料
セキュリティ

使いやすさ

トレードだけでなく、FX(レバレッジ)取引もできます!

GMOコイン おすすめ

こちらをクリックするとGMOコインでの購入方法の章に飛びます

手数料がbitbank内では完全無料!手数料を抑えつつ取引をやりたい方は

ビットバンク おすすめ

こちらをクリックするとビットバンクでの購入方法の章に飛びます

バランスの取れた取引所。2、3個目の取引所におすすめ!

ビットトレード

こちらをクリックするとビットトレードでの購入方法の章に飛びます

をおすすめします!

それでは3つの取引所それぞれでのリップル(XRP)の購入方法を見ていきましょう!

GMOコインでリップル(XRP)を手に入れる!

引用:https://www.shutterstock.com/home

GMOコインに登録

GMOコインにアカウント作成する手順は以下の通りになります。

 1.   GMOコイン にアクセス

2.      メールアドレスを入力して「アカウント作成」

3.      届いたメールに記載されているキーワードの入力

4.      基本情報の入力

5.      ご本人確認資料(運転免許証など)の提出

6.      手紙が届くのを待つ

国内の仮想通貨取引所は、法律の関係上どこも本人確認書類と住所確認のはがき受け取りは必須です。しっかり済ませましょう。

GMOコイン公式へ

GMOコインに入金する

入金・出金は左側メニューの入出金タブ内の「日本円」に進んでいきます。

即時入金の画面に切り替わります。

即時入金を希望の場合はそのまま金融機関を選択し、

振込入金を希望の場合は、「即時入金」の右側にある「振込入金」へ進みます。

この手順でリップルを購入するための準備は整います!

GMOコインでリップルを購入する

入金が出来たら、トレードに進んでいきましょう!GMOコインもビットフライヤーと同じく、販売所形式なので簡単に購入することが可能です。(その分手数料は高いですが)

左メニューの仮想通貨現物売買へ進み、購入したいコイン(リップル)を選択します。

すると右側に選択したコイン(リップル)の取引画面が表示されます。

ここから注文を進めることで、トレードは完了します。

非常に簡単に進めることが可能です!

GMOコイン公式へ

ビットバンクでリップル(XRP)を手に入れる!

引用:https://www.shutterstock.com/home

ビットバンクに登録

bitbank(ビットバンク)にアカウント作成する手順は以下の通りになります。

1.   ビットバンク にアクセス

2.      メールアドレスを入力して「アカウント作成」

3.      届いたメールに記載されているキーワードの入力

4.      基本情報の入力

5.      ご本人確認資料(運転免許証など)の提出

6.      手紙が届くのを待つ

国内の仮想通貨取引所は、法律の関係上どこも本人確認書類と住所確認のはがき受け取りは必須です。しっかり済ませましょう。

ビットバンク公式へ

ビットバンクに入金する

本人確認が完了したら日本円の入金・コインの売買ができますので早速試してみましょう!

ちなみに登録完了のハガキが届く前は出金などの機能が使えませんのでご注意ください。

また、入金を行う際は銀行口座の登録を行う必要がありますよ!

公式サイト、画面右上のメニューから入出金を選択します。

引用:https://bitbank.cc/app/trade

日本円(または仮想通貨)を選択して入金作業を完了してください。

ビットバンクでリップル(XRP)を購入する

ビットバンクはビットフライヤーとは違い、板形式(取引所形式)でリップルのトレードを行います。

この板形式(取引所形式)での取引は、ビットフライヤーのような販売所形式の取引よりも少し複雑ですが、安くリップルを手に入れることが出来ます。

メニュー右上のトレードを選択してトレード画面に移動します。

トレード画面右上のUIから注文が可能です。ビットバンクでは売りと買いに関して指値成り行きの計4パターンの注文方法が考えられます。

「はじめての取引…」という方でも大丈夫!

それぞれどのような注文方法なのかご紹介します。

指値注文

指値注文とは、決めた値段で注文するまで待つ方法です。

例えば、1BTC160万で買うという指値注文を出した場合、ビットコインの値段が160万以下になるまで注文は完了しません。

引用:https://bitbank.cc/app/trade

この種類の注文は、

  1. 指値を選択
  2. 売り or 買いを選択
  3. 価格と数量を選択
  4. 注文ボタンを押す

で可能です。

これを使うと場合によってはいくらか待つ必要がありますが、決まった値段で決まった量の売り買いをすることができます。

成行

成り行き注文とはいま売り買い出来る値段で売買を行う方式です。

例えば、今すぐ購入できる値段で1BTC集めたい、今すぐ売れる値段で1BTC売却したい、といった場合に利用します。

引用:https://bitbank.cc/app/trade

このタイプの注文は、

  1. 成行を選択
  2. 売り or 買いを選択
  3. 数量を入力
  4. 注文ボタンを押す

で可能です。これを使うと、売買がすぐ完了しますが、必ずしも希望の値段で約定するとは限りません

このようにbitbankでは板形式での取引をすることが出来ます。

少し難しそうに見えますが、簡単に取引することは可能ですので使いこなしていきましょう!

ビットバンク公式へ

bittrade(ビットトレード)でリップルを手に入れる!

引用:https://www.shutterstock.com/home

ビットトレードに登録

それでは早速ビットトレードの登録方法を見ていきます。

簡単な登録手順はこちら

  1. ビットトレード にアクセス
  2. メールアドレス登録
  3. 届いたメールからパスワード・個人情報登録
  4. 本人確認書類のアップロード
  5. 登録完了!

ビットトレード公式へ

ビットトレードで入金・出金する

引用:https://bittrade.co.jp/

入出金は右上の人物のアイコンからメニューを開くと「入出金」のタブが表れ、ここから行うことができます。

次のページで入出金する日本円や仮想通貨の種類を選択しましょう。

ビットトレードでリップルを購入する

引用:https://bittrade.co.jp/

入金が完了したら次はさっそくトレードです。

トレードは画面左上(①)で通貨ペアを切り替えて、右側の板(②)で取引します。

指値・成行など希望に合わせた方法を選択して注文を出します。

ビットトレード公式へ

まとめ

本記事ではリップル(XRP)の購入方法について書いてきました。

おすすめの取引所である

GMOコイン 」「 ビットバンク 」「 ビットトレード

いずれかに登録して、リップルを購入しましょう!

改めて、今回おすすめした取引所をまとめてみたいと思います。

・リップル現物取引だけでなく、ビットコインFXもやりたい方は

GMOコインおすすめ

GMOコイン公式へ

・手数料を抑えたい方は

ビットバンクおすすめ

ビットバンク公式へ

・2~3個めの取引所を検討している方は

ビットトレード

ビットトレード公式へ

となりました。

2018年になり更なる相場の上昇や実用化が期待されるリップル(XRP)。

この機会にぜひ売買にチャレンジしてみてくださいね。


bitbank DMM Bitcoin アルトコイン コインチェック リップル (ripple) 仮想通貨 仮想通貨取引所 通貨別取引所の選び方