フィスココインとは?特徴・チャート・使い道・購入方法をまとめ!

▼おすすめの取引所ランキング

フィスココインとは、株式会社FISCOの発行したトークンです。

フィスコ社は、市場分析を通して企業・個人向けに投資に関するアドバイスを行う上場企業です。

フィスコ社はブロックチェーン技術を用いてフィスココインを発行し、2016年10月の株主優待として1株=1FSCCを配布しました。

ここからフィスココインが使われるようになりました。

現在ではトークンとして取引所で購入することが出来ます。

トークンとは、ブロックチェーン技術を用いて発行された独自のコインのことをいい、「だれがどの位持っているか」「誰が誰に送金したか」などのデータを管理・記録することが出来ます。

フィスココインとは

フィスココイン
通貨名FSCC
総発行枚数50,000,000 FSCC
現在供給枚数 約1500万枚
リリース2016年10月
公式サイトhttps://fcce.jp/
会社サイトhttp://www.fisco.co.jp/

特徴

フィスココインの特徴は主に2つあります。

  • カウンターパーティーで作られたトークン
  • フィスコ社のサービスとの連携

カウンターパーティーで作られたトークン

カウンターパーティーとは、ブロックチェーン上に構築された金融プラットフォームのことです。

このカウンターパーティーを利用すれば、独自の通貨を発行することができます。

さらに、ビットコインのように「決済システム」としての役割だけを担うのではなく、様々な機能を併せ持つことが出来ます。

FCSSも、カウンターパーティーを利用して作られた独自トークンです。

フィスコ社のサービスと提携

フィスココインの主な使い道は、フィスコの会員サイト「クラブフィスコ」内のサービスを利用するために払うことだそうです。

フィスコは市場を分析し、投資のアドバイスを行う上場企業であることは先ほど述べました。

そこから、フィスコが発行したフィスココインで購入できる商品の一つに、フィスコ社が分析した特別レポートがあります。

アナリストが最先端のテクノロジーや仮想通貨に関する情報を一つのレポートにまとめたものなので、気になる人は実際に買ってみてください。

また、フィスコ社の関連会社である「ネクストファーム」では、フィスココインを用いて野菜を買うことが出来ます。

さらに、ビットコイン決済をいち早く開始した「株式会社ウェブトラベル」ではハワイ旅行の代金をフィスココインで払うことが出来ます。

チャート推移

フィスココインのチャートはこのようになります。

2017年7月に一時70円近くまで上昇しました。

2017年7月13日にフィスココインの追加発行ロックを発表したことが影響を与えたと考えられます。

将来性

現在、フィスココインの使い道はフィスコ社がまとめた特別レポートを買うこと、ネクストファームから野菜を買うこと、ウェブトラベルでハワイ旅行に行くこと、という使い道があります。

今後、その利用状況を見て、順次、用途を拡充することを予定します。

とフィスコ社も述べているように今後、さらにフィスココインで様々な商品・サービスを購入できるようになるかもしれません。

フィスコ社が成長すると、フィスコ社の独自トークンであるフィスココインの価値が高まる可能性は高いので、今後のフィスコ社の同行には要チェックですね。

フィスココインが購入できる取引所は?

フィスココインは、現在ZaifとFISCO仮想通貨取引所で購入することが出来ます。

やはりZaifの方が扱っているコインの種類が豊富で、取引も活発に行われているので、取引所はZaifがおすすめです。

日本の大手取引所でフィスココインが買えるのはZaifだけです。

ここでは、Zaifでの購入手順を紹介します。

  1. Zaifにログインする
  2. 「取引所」をクリック
  3. 「BTC/JPY」をクリック
  4. 「トークン」をクリック
  5. 「FSCC/JPY」または「FSCC/BTC」をクリック
  6. 「FSCCを買う」をクリックし、価格・数量を入力する
  7. 「買い注文」をクリック

Zaifはこちらです

まとめ

  • フィスコ社の独自トークン
  • カウンターパーティー
  • 今後使い道が増えるかも!


zaif アルトコイン コイン一覧 仮想通貨 仮想通貨取引所