どこが安全!?仮想通貨取引所の安全性ランキング!セキュリティ比較

本サイトで登録の多いオススメの仮想通貨取引所

【オススメ】GMOコイン

スマホで手軽にできるビットコインFX

【安定】bitFlyer

Liskの取扱い開始!

【急上昇!】DMM Bitcoin

高機能なスマホアプリでアルトコインFXができる取引所!

仮想通貨の取引所は、国内・国外にたくさんあります。

コインチェックの事件があり、仮想通貨を取引するのが不安になった方が多いかと思います。

そこで本記事では、その国内取引所それぞれの安全性・セキュリティについてランキング付し比較していきます。

本記事で紹介する仮想通貨取引所一覧!一行説明

厳選した以下の取引所から比較していきます。

国内取引所 公式サイト
コインチェック 圏外 公式サイトへ
ビットフライヤー 安心のバランス型取引所 公式サイトへ
DMM Bitcoin 新進気鋭のレバレッジ取引所 公式サイトへ
ビットバンク 隠れた優良取引所 公式サイトへ
zaif 脅威のマイナス手数料 公式サイトへ
GMOコイン 為替FXの最大手の運営するビットコインFX 公式サイトへ
QUOINEX サーバの安定した取引所 公式サイトへ

仮想通貨取引所って何?何ができるところなの?

仮想通貨とは、ブロックチェーンと呼ばれる技術を利用した”新しいお金”です。仮想通貨は、今までの経済やお金の形を大きく変え新しい産業を生むと予測されています。

この未来のお金を購入できる場所が、仮想通貨取引所なのです。仮想通貨取引所では、為替FXと同じように値段が変動し他の通貨と交換する形で仮想通貨を購入することができます。

2017年、仮想通貨はその将来性から投資として注目を集め、大きく値段を上げました。

ビットコインバブルという言葉をみなさんも聞いたことがあるのではないでしょうか?バブルというと何やら怪しいものと思うかもしれませんが、必ずしもそうではありません。

バブルかどうか・投資として儲かるかだけでなく、これからの技術に触れてみること自体に大きな価値があります。

本サイトは、学生から社会人、主婦や投資経験が豊富な方まで、多くの方に向けてわかりやすく仮想通貨の正確な情報を提供することを目的としています。

なんで取引所が必要なの?

ビットコインは未来のお金ですが、まだ一般には広く普及していません。ビットコインを日常生活で普通に利用するようになるのはまだまだ先のことになるでしょう。

そのため、取引所と呼ばれる場所で日本円やドルなどをビットコインに購入する必要があるのです。

自分で出来るセキュリティ管理

後ほど、取引所の安全性を比較させてもらいますが、あくまでどの取引所でもマウントゴックスやコインチェックのような事件が起こりうる可能性はあると考えていましょう。

完全に安全なセキュリティなどありません。事故が起きてしまっても自己責任となります。

そこで、取引所を有効活用しつつも、出来る限り自分で安全性を担保していきましょう。

2段階認証

2段階認証は必ずつけるようにしましょう。

仮想通貨取引所では、通常、メールアドレスとパスワードによるログイン機能が提供されています。

これだけだと悪意のある人にパスワードが知られてしまうと、不正ログインにより取引所のお金が抜き出されてしまう可能性があります。仮想通貨はインターネット上で誰でも簡単に送金できるため海外からの盗難被害というのも多いようです。

もしものために2段階認証を設定してセキュリティを強化しましょう。

詳しく知りたい方は「こちら」の二段階認証の記事で。

ハードウォレット

上記で紹介した、二段階認証はもちろん設定すべきですが、マウントゴックスやコインチェックの事件のように取引所自体がハッキングされてしまっては何の意味も持ちません。

それではどのようにすれば、取引所自体をハッキングされても、自分の試算を守れるのでしょうか。その今できる最大の方法が、「ハードウォレット」になります。

ハードウェアウォレットとは、所持している仮想通貨を取引所に保管しておくよりも安全に仮想通貨を保管するためのデバイスです。ただ、仮想通貨そのものを保管するツールではありません。

自分が所持している仮想通貨にアクセスするために必要な「秘密鍵」を自分で管理するためのツールです。

ちなみに秘密鍵とは、ビットコインで言うと「64桁の英数字で組み合わさった文字列」です。秘密鍵は、仮想通貨が保管された口座へアクセスできるという意味において、キャッシュカードや暗証番号、通帳、印鑑などが一緒になったような概念です。

一般に仮想通貨は仮想通貨取引所で管理されています。しかし取引所で管理することは手軽である反面、自分の口座にアクセスするための「秘密鍵」を取引所に預けていることと同じです。もしマウントゴックス事件やコインチェック事件のように取引所がハッキングされると、自分の仮想通貨が奪われてしまう可能性があります。

詳しく知りたい方は「こちら」のハードウォレットの記事で。

ハッキング事件一覧

仮想通貨の界隈では今まで様々なハッキング事件を引き起こされています。

多くの取引所がハッカーたちに狙われています。

以下では今まで起きてきた代表的なハッキング事件について取り上げていきます。

Coincheck事件

総額580億円

これは2018年1月26日にコインチェック社が管理する総額5億2300万XEM(保有者数約26万人)のアルトコインnemがハッキングにより不正流出した事件になります。

この5億2300万XEMは仮想通貨ハッキング事件過去最大の総額580億円分が流出する事件となりました。

マウント・ゴックス事件

総額115億円

これは2014年3月7日から10日の三日間で、仮想通貨取引所であるマウントゴックスから、75万btc、当時で115億円分のビットコインがハッキングされ不正流出した事件となります。

この事件は日本で数多く報道され、多くの人々が仮想通貨に対して、悪いイメージが付いてしまった事件となります。

Bitfinex事件

総額70億円

これは2016年に仮想通貨取引所であるBitfinexが12万btc、当時で70億円相当のビットコインが不正流出した事件となります。ビットコインの流出事件の中ではマウントゴックスに次ぐ、大きなハッキング事件となりました。

TheDAO事件

総額55億程度

こちらは取引所ではありませんが、上記同様にハッキング事件となります。

2016年6月17日、The DAO のプログラム(スマートコントラクト)のバグ(脆弱性)を突かれ、集まったファンド資金(1.5億ドル以上)の3分の1以上(360万ETC)を盗み取られるという事件が起こりました。

この事件によってイーサリアムはハードフォークがなされ、イーサリアムとイーサリアムクラシックに分裂していったという経緯があります。

取引所の安全性のポイントって?

取引所を使う上でその取引所のセキュリティはしっかりとしているのか、最近起きてしまったコインチェックのハッキング事件で心配になる方は多いはずです。

取引所の安全性を図るには以下のような点がポイントになります。

  1. コールドウォレット管理されているか
  2. マルチシグ対応しているか
  3. sslの評価レベル

以下では、これらポイントについて詳しく説明していきます。

1. コールドウォレット管理されているか

マウントゴックス事件、コインチェック事件然り、事件が起きてしまってのはホットウォレット管理されていたからだと言えます。

まずコールドウォレットとホットウォレットとは何か。簡単に説明すると、

コールドウォレット:オフラインで管理されているウォレット

ホットウォレット:オンラインで管理されているウォレット

このようにオンラインかオフライン化の違いになります。

無論、オフラインで管理されている限りは、ハッカーたちはそこに侵入することは不可能になります。その分オフラインで管理されていると、運営会社(取引所)の資金の運用などの管理コストがかかってしまい、大変になるという側面があります。

このコールドウォレット、ホットウォレットですが、ここで取り上げている国内取引所では全てコールドウォレットで管理されていると明記されています。しかしコインチェックはコールドウォレットで管理されていたのは、ビットコインとイーサリアムのみで他のアルトコインはコールドウォレット管理されていなかったというのが明るみに出てしまいました。

これが業界の常識だとすると、他の取引所もコールドウォレットで管理しているとは信用できません。

そこで一つの指標としてあるのは、取扱通貨の数になります。コインチェックでは仮想通貨を13種類取扱いしていました。種類が多い分、コールドウォレットで管理するのはオペレーションコストがかかったのではないでしょうか。

そう考えると、

取扱銘柄が少ないほど、オペレーションコストは低いため、セキュリティ面に力を入れられる可能性はあります。

  • コインチェック:13種
  • Bitflyer:7種
  • DMM Bitcoin:2
  • Zaif:5種+11トークン
  • Bitbank:6種
  • GMOコイン:5
  • QUOINEX:8種

2. マルチシグ対応しているか

マルチシグを簡単に説明すると、

通常(マルチシグでないもの)、秘密鍵は一つの端末やパスワードに依存しますが、

マルチシグ(マルチシグ対応のアドレス)、秘密鍵が複数存在し、そのアドレスにアクセスするのには一定数以上の鍵を合わせなければ行けない必要があることをいいます。

このように鍵を複数にすることにより、セキュリティを向上させることが出来ます。

  • コインチェック:未対応
  • Bitflyer:対応
  • DMM Bitcoin:未対応
  • Zaif:対応
  • Bitbank:対応
  • GMOコイン:対応
  • QUOINEX:対応

3. SSLの評価レベル

SSL評価は取引所が直接ハッキングされる場合には、関係のないところですが、1つの指標として、見ておくのもいいかもしれません。

SSL:SSLを利用すると、通信される情報を暗号化します。
万が一情報の送受信中に情報を見られても暗号化によって大切な情報が守られます。SSLを導入したページは、URLが「https:}から始まり、鍵マークが表示されます。
※お使いのブラウザによって鍵マークの表示場所は異なります。

「こちら」で出た結果になります。

  • コインチェック:A
  • Bitflyer:A+
  • DMM Bitcoin:A
  • Zaif:A
  • Bitbank:A
  • GMOコイン:A
  • QUOINEX:A+

ビットフライヤーとビットバンクがセキュリティ施策に関する文書をまとめた記事があるので、こちらも是非。

先日のコインチェックのハッキング事件によって、多くの方が仮想通貨の取引所のセキュリティ面を心配していることだと思います そこで、ビットフライヤーとビットバ

国内取引所の安全性ランキング!

以下の記事では、仮想通貨取引所の安全性を順位付けていますが、セキュリティに絶対はありません。

くれぐれもリスクがあることは理解した上で各自の判断でご利用をご検討ください

1位 bitflyer

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

  • 運営の信頼度、安心感
  • 取引量の多さ
  • 信用・FXトレードの充実
  • 不正出金補填サービス
  • 一通りなんでもできるバランス型取引所

ビットフライヤー公式へ

運営の信頼度、安心感

ビットフライヤーは、大手のメガバン系列から出資を受けており、国内の取引所では最も安定したバックグラウンドを持ちます。

株主には他に、SMBCベンチャーキャピタル、三菱UFJキャピタル、三井住友海上キャピタル、リクルート、電通等の大企業がずらりと並んでいます。

経営陣がゴールドマン・サックス出身の超エリートです。Web系のベンチャー企業というバックグラウンドを持つ企業が多い中、これは異色の経歴と言っていいでしょう。

また、ビットフライヤーは、(1) SSL通信、(2) マルチ・シグネチャ、(3) コールドウォレット、といったセキュリティ対策を行っており、ハッキングによるビットコインの盗難・流出を防ぐようにしています

取引量の多さ

バランス型の大手取引所だけあって取引量も多く安定したトレードが可能です。

ビットコインを売りたい値段で売り、買いたい値段で買うことができます。

もともとの手数料の安さも相まって使いやすい取引所です。

信用・FXトレードの充実

ビットフライヤーの最大の特徴は、ビットコインFXです。

これは、為替FXなどと同様のシステムで、ビットコインFX(証拠金取引)を行うことができます。

最大のレバレッジは15倍までで、取引高も多く快適にビットコインの信用取引を行うことができます。

実はビットコインの信用取引では、ビットフライヤーは世界で圧倒的No.1の取引量を誇ります。

一時は、ビットフライヤーのビットコインFXが世界のビットコインの価格を決めていると言われているほどでした。

不正出金補償サービス

bitflyerは、大手取引所で唯一、補償制度を実施しています。三井住友海上火災保険株式会社と提携して、不正ログインをされて通貨の盗難被害にあった場合の損失を一定額補填するサービスを開始しています。

これにより不正に日本円で出金された場合には、三井住友海上火災と提携して最大5000万円までの不正出金が補償されます。

これにより、安心して取引することができます

一通りなんでもできるバランス型取引所

ビットフライヤーはアルトコインの取引にも対応しており、イーサリアムやライトコインなどの主要なアルトコインの売買が可能です。

前述したようにビットコインのトレードやビットコインFXなども可能で、仮想通貨トレードの一通りの機能をバランス良く提供している取引所です。

迷ったらとりあえずビットフライヤーに登録しておけば間違いないです。

ビットフライヤー公式へ

詳しくはこちらの記事でも解説しておりますのでご覧ください。

仮想通貨取引を始めようとしているあなた! 「仮想通貨取引所には手数料があるらしいけど、 何がどういう仕組みで、いくらかかるか分からない!」 そんなこと

2位 bitbank

  • 手数料0で全ての通貨ペアのトレードが可能
  • ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、モナコイン、ビットコインキャッシュの厳選されたアルトコイン銘柄
  • メディアでの情報発信などに積極的で透明生の高い運営

ビットバンク公式へ

手数料0で全ての通貨ペアのトレードが可能

他の大手の取引所でも、全ての通貨ペアでの手数料が無料の取引所はほとんどありません。例えば、コインチェックではビットコインの取引手数料は無料ですが、アルトコインには手数料が設定されています。

各社主力のサービスは手数料無料で運営していてもそれ以外のサービスは手数料を取っているのです。しかしながら、ビットバンクは全ての通貨ペアにおいて手数料が無料となっています。

期間限定のキャンペーンとのことではありますが、このような良心的な取引所は他にありません。隠れた優良取引所であると言っていいでしょう

ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、モナコイン、ビットコンキャッシュの厳選されたアルトコイン銘柄

ビットバンクでは、通貨としての性能的にも、投資として将来的にも非常に有望な厳選されたアルトコイン銘柄を取り扱っています

昨年12月の時点での、ビットバンク銘柄の平均上昇率は196倍でした。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

ここ数日、ビットコインに続いてアルトコインの高騰が続いています。 アルトコインを購入してみたい!という方を対象にアルトコイ

メディアでの情報発信などに積極的で透明性の高い運営

ビットバンクは、BTCNという仮想通貨のメディアを運用しています。

ビットコインやブロックチェーンの将来などについて公平な視点からとても質の高い情報発信を行っています。

また、ビットバンクは仮想通貨・ブロックチェーンの技術開発にもとても積極的で、日本の仮想通貨取引所に先立ってsegwitを導入したり、マイクロペイメントを実現するlightning networkの研究開発を積極的に行っており、仮想通貨のリーディングカンパニーの一つであると言ってよいでしょう。

ビットバンク公式へ

詳しくはこちらの記事でも解説してますのでご覧ください。

今回は仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)の 登録方法、使い方、手数料、評判を徹底的にまとめます! ビットバンクは他の国内取引所と比

3位 GMOコイン

  • もれなく20,000Satoshiキャッシュバックキャンペーン!
  • スマホでできるビットコインFX
  • 仮想通貨の入出金手数料無料

GMOコイン公式へ

もれなく20,000Satoshiキャッシュバックキャンペーン!

現在、GMOコインに登録するともれなく20,000Satoshiキャッシュバックキャンペーンを行っております!

Satoshiというのはビットコインの最小単位のことです。ビットコインはより細かい単位に分割することができるのです。具体的には、0.00000001BTC=1Satoshiです。

1BTC = 1200,000円とした場合1Satoshi = 0.012円程度と思っているといいでしょう!

スマホでできるビットコインFX

GMOコインはスマホで快適にビットコインFXができる取引所です。

スマホアプリをリリースしている国内取引所は多くありますが、GMOコインはその中でも使い勝手が非常にいいです。

量を押して値段をポチッと押すだけで注文が完了する、スピード注文など非常に便利ですので、スマホでレバレッジトレードを行いたい場合使ってみることをオススメします。

仮想通貨の入出金手数料無料!

GMOコインでは、日本円・仮想通貨問わず入出金手数料は無料です!

日本円(JPY) 仮想通貨
入金 ・即時入金:無料

・振込入金:振込手数料は個人負担になる

無料

※マイナー(採掘する人)に支払う手数料は個人負担になる

出金 無料 無料

オトクな入出金手数料で、仮想通貨をトレードしましょう!

GMOコイン公式へ

詳しくはこちらの記事でも解説してますのでご覧ください。

引用: 本記事は仮想通貨取引所である「」の概要から登録方法・使い方・手数料・評判をまとめていきます。 『』は、GMOインターネットグ

4位 DMM Bitcoin

  • 安心の大手企業の運営
  • アルトコインのレバレッジ取引ができる!
  • 高機能なスマホアプリ

DMM Bitcoin公式へ

安心の大手企業の運営

DMMグループは、デジタルコンテンツ配信からオンラインゲーム、インターネット、為替FX取引所、太陽光発電までありとあらゆる幅広い事業を手がけるメガベンチャーです。

そのDMMがこれまでの知見を活かし、仮想通貨事業に本格参入しています。

これまでも為替FXの大手だったこともあり、トレードシステムの安定感やUI/UXのクオリティに関してはクオリティが高いです。

アルトコインのレバレッジ取引ができる!

DMM Bitcoinは、世界でも珍しいアルトコインのレバレッジ取引のできる取引所です。具体的には下記の銘柄で現物取引だけでなくレバレッジ取引が可能です。

14もの通貨ペアでレバレッジ取引が可能な取引所は日本だけでなく世界でもほとんどありません。今注目の取引所といっていいでしょう。

高機能なスマホアプリ

DMM Bitcoinの運営元であるDMMグループは、これまでも為替FXの運営経験があり、サービスの安定感、作り込みなどには定評があります。

実際にスマホアプリなどでも複数銘柄の値動きの状態を一度に見ることができる画面が用意されていたりと、他の取引所では用意していない機能が沢山あります。

DMM Bitcoin公式へ

詳しくはこちらの記事でも解説しておりますのでご覧ください。

仮想通貨取引所であるDMM Bitcoin徹底解説します! この記事内において、DMM Bitcoinのメリットから登録方法・使い方・手数料・評判

5位 QUOINEX

  • 各種取引手数料が0
  • 業界最狭レベルのスプレッド
  • グローバルな取引所で業界最多の通貨ペアに対応

QUOINEX公式へ

グローバルな取引所で業界最多の通貨ペアに対応

QUOINEXは2016年にシンガポールから日本へと移ってきた取引所です。

日本への進出は後発であるため、国内の知名度はそれほど高くないです。しかしながら、出来高においてはビットコインの現物トレードで国内第三位となっており、実はアジアでもかなり大きい部類の取引所です。

その影響か、サービス内で日本円以外の通貨を利用可能なシステムとなっています。

業際最狭レベルのスプレッド

QUOINEXは、国内/海外マーケットメイカーが多数参加しており、10社以上の海外取引所に接続する等の方法により、

業界最狭レベルのスプレッドを実現しています。

各種取引手数料が0!

QUOINEXでは各種取引手数料が無料です。

 手数料  対象取引  ベース通貨
 取引手数料 現物・レバレッジ  無料
 ポジション料  レバレッジ  0.05%/日

取扱通貨は、BTC・BCH・ETH・QASHの4種類ですが、それぞれの通貨で取引手数料は無料となっているようです。

国内では後発の取引所であるため、まだ利用者数はそれほど多くないですが、取引手数料が無料ということもあり、今後伸びてくる取引所かも知れませんね!

QUOINEX公式へ

詳しくはこちらの記事でも解説してますのでご覧ください。

QUOINEは2016年に本社機能をシンガポールから日本へと移したアジア最大級の取引所です。 金融庁登録仮想通貨交換事業者第1号の

6位 zaif

  • 取引手数料脅威のマイナス
  • XCP、pepecash、zaifトークンなど個性的なアルトコインの取扱
  • イーサリアム、NEM、MONAなど有力なアルトコインの取扱
  • 積立でローリスクな投資ができる

zaif公式へ

取引手数料脅威のマイナス

zaifはビットコインの取引手数料が脅威のマイナス0.05%です。他の大手取引所でも、ビットコインの取引手数料が0の所はありますが、マイナスの所は他に存在しません。

少額ではありますが、取引すればするほど手数料としてお金をもらうことができるため、取引頻度の多い人はzaifを積極的に利用することをオススメします。

トレードスタイル別に、アルトコインの長期保有はコインチェック、ビットコインの短期トレードはzaif、などと資産を分散して運用してみるのもオススメです。

XCP、pepecash、zaifトークンなど個性的なアルトコインの取扱

zaifは、他の国内・国外取引所ではまず扱っていない珍しいコインが取り扱われています。

代表的なものはXCP、pepecash、zaifトークンなどでしょうか。

他で買えないコインの売買を楽しめるというのは大きなメリットです。

イーサリアム、NEM、MONAなど有力なアルトコインの取扱

zaifでは、イーサリアムやNEM、MONAなど有力なアルトコインの取扱があります。

これらの銘柄は日本国内では非常に人気で2017年の上昇率も非常に大きかったのですが、これら全てを購入可能な取引所は日本国内だとzaifのみです。

zaifは低手数料ながら、痒いところに手の届く取引所であると言えます。ぜひ登録してみることをオススメします。

積立でローリスクな投資ができる

仮想通貨は値動きが激しいため、短期投資はあまりオススメできません。

常に相場の状況を見ることのできる人であればいいですが、そうでない場合、値動きに振り回されてしまいかねません。

そのため、積立投資で定期的に一定額を買い付けるタイプの投資方法が有効です。

この投資方法は、「ドル・コスト平均法」と呼ばれるもので、相場が上がっても下がっても一定の金額で仮想通貨を購入するため、

相場が上がった時は少ない量を、相場が下がった時は多い量を購入することができ、非常にローリスクで安定した資産運用が可能です。

日本国内で自動の積立投資プランを用意しているのはzaifのみですので、この機会に投資実践してみてはいかがでしょうか。

zaif公式へ

詳しくはこちらの記事でも解説してますのでご覧ください。

『』は、テックビューロ株式会社が運営する仮想通貨取引所です。 テックビューロ社は、実ビジネスのブロックチェーン導入を支援するためのICOプラットフ

(圏外) コインチェック

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

  • 取引量No.1の安定したビットコイントレード
  • 使いやすいUI/UX
  • 主要なアルトコインの値動きをまとめてチェックできるスマホアプリ

コインチェック公式へ

取引量No.1の安定したビットコイントレード

コインチェックの最大の強みは、取引量No.1の安定したビットコイントレードです。

取引量が非常に多いため、ストレスなくビットコインを好きなときに好きな値段で売り買いすることができます。

ビットコインの現物取引を中心にしている人には間違いなくオススメすることができます!

使いやすいUI/UX

コインチェックは、もともとWeb系のバックグラウンドを持ったベンチャー企業が運営しています。

そのため、他の取引所に比べて、UI/UXがわかりやすく迷うことなく利用することができます。

売りたい通貨を選択して量を記入してボタンを押すだけ!非常にわかりやすくて見やすいです!

主要なアルトコインの値動きをまとめてチェックできるスマホアプリ

コインチェックはスマホアプリにも力を入れており、主要なアルトコインの値動きを一度に参照することができます。

一目で仮想通貨市場全体の値動きを把握することができるため、非常にオススメのアプリとなっています。

毎朝起きてすぐにコインチェックのアプリを起動して市場の様子をチェックするのが習慣になっている人も多いです。

仮想通貨に取り組むのであれば登録必須です!

コインチェック公式へ

詳しくはこちらの記事でも解説してますのでご覧ください。

coincheckは国内大手取引所の一つです。 ビットコイン取引高とアプリ利用者数が国内No.1です。 また、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通

仮想通貨取引所に登録する際に必須のセキュリティ対策

ここまで取引所の安全性をランキング付してきました。しかし、あくまで仮想通貨の取引は自己責任の面が大きいです。自分でセキュリティ管理出来るのならば、出来る限り積極的にやっていきましょう。

改めて下記にセキュリティ対策をまとめていきたいと思います。

不正ログイン対策

高額の入金をする場合、メールアドレスは専用のものを用意しよう

仮想通貨取引所に高額の入金をする場合は、専用のメールアドレスと複雑なパスワードを新規に作成してから取引所に登録しましょう。

普段のメールアドレスを使いまわすのは、メールアドレスを知られる可能性があるためリスクを高めます。

取引所のパスワードも必ず専用の複雑なものを用意しよう

メールアドレスのみでなく、パスワードも必ず専用の複雑なものを用意しましょう。

これらの対策によって、メールアドレスやパスワードが漏れて不正ログインをされるリスクは大幅に軽減できます。

二段階認証の設定は必須

更に、取引所にログインする際の二段階認証の設定は必須です。

メールアドレスとパスワードによるログインの後にランダムに生成されるワンタイムパスを設定します。

これら2つの対策をすることで、不正ログインを未然に防ぐことができます。

取引所に大きな金額は置かない

取引所に大きな金額は預けないようにしましょう。できる限り複数の取引所に分散させて管理トレードすることをオススメします。

また、しばらくの間動かす予定がないのであれば、ハードウェアウォレットに保存することをオススメします。

マウントゴックス事件など、かつて仮想通貨の安全性に疑問を投げかけるハッキング事件が世間を賑わせました。このような事件から身を守るためのツールとして、仮想通貨をよ

海外取引所には不用意に個人情報は登録しない

海外取引所には不用意に個人情報を登録しないようにしましょう。

これまでも海外の仮想通貨取引所がハッキングされ、顧客のパスポートなどの個人情報が盗まれた事件等が発生しています。

パスポートは非常に重要な個人情報ですので、信頼できる取引所に以外登録するのは控えましょう。


仮想通貨取引所 取引所一覧