Zen(JPYZ)とは?特徴・チャート・将来性・購入方法まとめました!

▼おすすめの取引所ランキング

「Zen」はBCCC(Blockchain Collaborative Consortrium)ブロックチェーン推進協会が発行する仮想通貨です。

Zenは仮想通貨の中でも性格が特異な実験的デジタルトークンであるので、他仮想通貨の価格の変動により利益を狙うようなものではありません。

仮想通貨Zen(JPYZ)ゼンの時価総額、購入方法、扱っている取引所、最新情報をお届けいたします。

Zen(JPYZ)とは?

 

Zenは、対日本円為替レートが安定的に推移する仮想通貨を作り出すことができるかどうかにつき社会実験する日本初の実験用デジタルトークンです。

例えを言うのならばTetherと非常に似ている存在となります。Tetherとの違いは後ほど解説しますがTetherを知っている方は先に理解をしておいてください!

つまり、売買による利益目的のために作られたものではありません。

ちなみに、「Yen」(円)の一歩先をいく通貨という意味合いを込めて「Zen」(ゼン)と名づけられたそうです。

Zenがつくられた背景

これまでに多くの仮想通貨が生み出されてきましたが、代表的なビットコイン(BTC)でさえ、法定通貨であるUSドルや日本円に対する為替変動が激しく、実際のビジネスで使用するリスクが大きいという理由で企業活動からは敬遠されてきました。

企業活動で使われるためには法定通貨に交換できること法定通貨に対する為替が安定していることなどの条件が必要になってきます。

そこでBCCCが日本円との交換レートが安定的に推移するように設計したZenをつくり、為替変動に対応できるかどうかの実験に使われているのです。

BCCCとは?

BCCCとは「Blockchain Collaborative Consotrium」の略称で、一般的にはブロックチェーン推進協会と呼ばれている団体です。

BCCCではBlockchain技術の未来を確信したメンバー(企業・団体)が有志で集い、相互に情報交換しながらBlockchainの普及啓発が行われています。

今回のZenの取り組みも、そんな普及啓発の一環なのです。

BCCC公式ページ

Zen(JPYZ)の特徴は?

①1JPYZ=1円

ZenはBCCCが発行主体となって、1円相当の仮想通貨に対して1Zenを発行します。

Zenの発行はBCCCが行っており、発行枚数の上限こそありませんが、BCCCが再取得したZenは消滅させられることになっています。

また、BCCCは1ゼン(Zen = JPYZ)を1円 (Yen = JPY)と交換することを確約しています

整理すると、BCCCには常に市場で流通するZenと同じだけの日本円が用意されており、それを 1Zen=1円 で確実に取引してくれるということです。

この性質を有効活用する一つの手段として、他仮想通貨の大きな変動リスクに対して、一時的に安全な避難場所として使うことがあります。ビットコインやリップルなどの仮想通貨は変動が激しいです。しかし、前述したように、1Zen=1円での取引が確約されているZenを買っておけば安心です。

似たようなコインで1USドル=1USDTで取引することが確約されている、米国のTether(USDT)と呼ばれるものがあります。Zenよりも一足先に生まれ、海外取引所では成功しており、一定の信頼を勝ち取っています。

②複数のブロックチェーン・分散型台帳上で稼働可能

上記の説明で、「じゃあ別に円でもいいのではないか」と思った方もいらっしゃると思います。

では、円と比べて何が優れているのか。

大きな違いとして、ブロックチェーン上での稼働が挙げられます。

他の仮想通貨と同様に分散型台帳による記録で送金管理が行われるため、政府や日本銀行を管理主体として持つ円とは性質が異なり、非中央集権型の個人間送受信ができます。

すなわち、円のように日本銀行によって通貨供給量(マネーストック)をコントロールされることはありません。

また、イーサリアム等のスマートコントラクトを導入しており、そのブロックチェーンによってセキュリティ面での信頼を確保しています。

③リスクは運営主体次第

こちらはデメリットとしての特徴になります。

それは運営主体であるBCCCが潰れたり、消えたりする可能性もあるということです。それ以外にも、円を扱っている取引所なので銀行絡みのリスクも伴います。

例えば、BCCCに融資している銀行が潰れる可能性やBCCCと提携してる銀行が資金を差し押さえる可能性があるなど、運営主体であるBCCCやその裏にある銀行の力量次第では通貨を失ってしまうリスクも十分にあり得るということです。

ZENとTetherの違いは??

ZENとTetherは非常に似ています。しかしわずかながら違いがあるのです。

ZENは1円=1ZENという価格を強制的に安定させるために価格調整が実行されます。そのため投機目的で資金を投入してしまうと利益は当然出ません。

しかしTetherは強制的に価格を安定させる仕組みがありません。そのため発行される際に1ドルという事が決定されているだけです。そのため価格の変動がZENよりも大きくなってしまいます。

ZENは仮想通貨を社会に普及するという事を目的に作成されているので様々な仮想通貨に将来性を見出した企業が賛同しています。

Zen(JPYZ)のチャート推移・時価総額は?

Zaifで公開されているチャートを見てみます。

上のグラフを見てわかる通り、Zaif取引所で上場してから、価格はおおよそ1~1.1円代で安定稼働しています。

つまり、上場から現在まで、実験である程度の成果は出せているということになります。

なぜ、Zaifのチャートでは1円前後をわずかに変化しているのでしょうか。常に1Zen=1円なのではないのでしょうか。

それは、為替を安定させるための仕組みにあります。

Zen の円に対する為替を安定させる仕組みは単純です。仮想通貨の為替は
需給のみによって決まりますから、十分な量の Zen の買いオペレーションを 1 Zen / 1 円
で入れておく方法で実現します。

この「十分な量」とは、発行済みの Zen の総量を指します。世の中には、発行した
以上の Zen は存在しないので、発行済み総量の買いを 1.0 Zen あたり 1.0 円で入れてお
ことで、多少の為替変動が起こっても 1.0 Zen ≒ 1.0 円に収束するという仕組みです。

Zen(JPYZ)の開発状況・将来性は?

実験のスケジュールは第1フェーズと第2フェーズに分かれています。

第1フェーズ

第1フェーズは2017年4月から9月の半年間と設定し、この期間はZenを取り扱うことのできる企業はBCCC会員企業のみ(2017年4月10日現在138社)に限定します。すなわち、第1フェーズにおいては、Zenの発行を受け、これを使うことができる企業は、BCCCの会員企業のみであり、BCCCの会員企業が提供する製品やサービス以外にZenを利用することはできません。また、クローズドな環境におけるZenの流通を促進するために、参加企業間の決済はできるだけZenを用います。

(引用:http://bccc.global/ja/articles/20170410_jpyz.html)

第1フェーズの結果と課題

では、Zenの第1フェーズの成果と課題を5つの項目から見ていきましょう。

①発行方式の確定

ERC20(Ethereumベースのトークンのインターフェース標準)を採用した。問題なく実装することができ、ウォレットによる送金も行うことができた。現状問題はないため、同じ方式で今後も継続していく。

②ブロックチェーンの選択

スマートコントラクトの特性を使うために、コアチェーンにEthereumを採用し、他のブロックチェーンへ価値移転できる仕組みを開発した。

今後はmijin(プライベートP2Pネットワークとして利用できるように開発されたブロックチェーン)以外のブロックチェーンへの価値移転を可能にしていく。

③Zenネットワークの開発

プライベートEthereum 上に必要なスマートコントラクトを実装し運用を確認できた。

今後パブリックな運用をしていく際はパブリック Ethereumネットワークを利用する。

④各種ブロックチェーンでの利用

Ethereum と mijin において実装と運用が確認できた。

今後はHyperledger Fabric 等の他のブロックチェーンとの相互運用確認を行っていく。

⑤Zenの発行

8億5015万9021Zenを発行した。

今後は複数の取引所での為替安定化のために十分な発行額を維持していく。

第2フェーズ

以上のことを踏まえて、BCCCは第2フェーズに入っています。詳細は以下の通りです。

第2フェーズでは、第1フェーズでの実験結果を踏まえて必要な改善を行い、より幅広い用途・領域、対象企業もBCCC会員以外にも広げた社会実験を展開する構想です。

Zenの仕組みは、法的環境が整えば、原理的には日本円のみならず他国通貨であっても、仮想通貨の取引市場が存在すれば可能な仕組みとして設計されており、本社会実験は、デジタルトークン発行証明の方式、およびトークン発行アダプターの仕様を、国際的なデファクトスタンダードとする可能性を探ることも目的の一つとしております。

(引用:http://bccc.global/ja/articles/20170410_jpyz.html)

米国のZenであるTetherも海外取引所において成功をおさめていることから、Zenが今後安定して、1Zen=1円を維持していく可能性は十分にあります。

将来的に安定して円と同じ価値を持つコインとして、実店舗などでの利用も増えてくるのではないでしょうか。

Zen(JPYZ)が取引・購入できる取引所は?

現在Zen(JPYZ)を取り扱っている取引所はZaif(ザイフ)だけです。

Zaifはユニークな取引所として有名です。

実際に利用してみると分かるとは思いますが、次々と新たなサービスを展開したり、ICO関連のCOMSAなどでも注目を集めています。Zen以外にも、ZaifトークンやPEPECASHなどのデジタルトークンを取り扱っています。

また、Zaif取引所は他の取引所と比較して手数料が安いというメリットがあります。ビットコインに至っては取引する手数料はマイナスになっているくらいです。

決済以外にも様々な機能を持つトークンに関心がある方は是非Zaifに登録してみてください。

Zaif (ザイフ)公式

まとめ

Zenは「対日本円の為替と連動すること」を目的につくられた社会実験的トークンで、売却益を得ることを目的としていません。

最近の結果としては、おおよそ1Zen=1円を維持することができています。

したがって、投資する意味合いというよりも、仮想通貨の大きな為替変動リスクから一時的に非難するものとして利用すると良いと思います。

しかしながら、運営主体であるBCCCが常に安定しているとも限りませんので、そこには注意して取引してください。

将来的に仮想通貨の安定に繋がる成果を出せたらいいですね!


zaif アルトコイン コイン一覧 仮想通貨